カージナルスのモリーナが2000本安打到達、捕手でメジャー12人目


 ベースボールタウン・セントルイスの中心選手として2度のワールドシリーズ制覇に貢献してきたヤディアー・モリーナが捕手としてメジャーリーグ史上12人目の「2000本」安打に到達している。

 シーズン前に38歳の誕生日を迎え、「2000本」には、あと37本に迫っていたが、9月24日(日本時間25日)のブルワーズ戦で2安打を記録してマイルストーンに到達した。



 メジャー16年目の昨季は113試合に出場し、打率.270、113安打、10本塁打、57打点をマーク。前年に20本塁打をマークしていたことに比べると打撃力における衰えはあるものの、捕手としてのDRS(守備防御点:各ポジションの平均と比較し、どれだけ失点を防いだかを示す指標)は+2。失策はわずか1で、盗塁阻止は8回記録した。

 MLB公式サイトによるとモリーナは、シーズン前に会見を開き、今季終了後にチームから契約延長の要望があればプレーを続け、それがない場合は「それで終わり」だと現役を引退する考えであることを明かした。そして、現時点では「膝の具合も良く、体調も良い」と話し、シーズン開幕へ向けてコンディションの不安はないことを強調していた。

 モリーナが、04年から20年までカージナルス一筋のフランチャイズプレイヤーとして残してきた功績はあまりにも大きい。

  • 9度のゴールドグラブ賞(08年~15年、18年)
  • 4度のプラチナグラブ賞(11年~12年、14年~15年)
  • 1度のシルバースラッガー賞(13年)

 オールスターゲームには9度選出(09年~15年、17年~18年)。地味だが今季の開幕戦で捕手の球団記録となる16年連続先発出場。通算2000試合出場は球団歴代3位。そして、チームにとっても06年と011年の2度にわたってワールドシリーズ制覇に貢献している。

 モリーナといえば“ロケットランチャー”のような二塁への強肩が有名だが、その人柄を表すうえで忘れられないシーンがある。現地時間2016年7月15日、3000本安打に迫っていたイチロー(当時マイアミ・マーリンズ)が代打で打席に立った時、モリーナはわざと立ち上がり、プレートの前の土を払うようなしぐさを見せ、スタンドからのスタンディングオベーションが続くように、ホームプレートを外して、十分な喝采を送るだけの時間をつくった。前年には同じセントルイスでイチローが日米通算4193安打を記録して、メジャー歴代2位のタイ・カッブ(通算4191安打)を抜いていた。

こんな粋な計らいをできる選手なのだ。付け加えると18年には「ロベルト・クレメンテ賞」も受賞している。ご存じの方も多いが、この賞は球場外で社会貢献活動に尽力した選手に贈られる賞だ。






▶MLB情報は人気ブログランキングへ

▶MLB・メジャーリーグランキング




関連記事

プロフィール

ウエダスポーツ

Author:ウエダスポーツ
Welcome to the Major League Story!

A major league blog by Japanese major league freaks.

脳梗塞と闘いながら執筆中。
若き日に「江夏の21球」を大阪球場のライトスタンドで観て、鳥肌が立ったのを覚えています。
スポーツ系専門誌の記者をしていましたので、好きなMLBやプロ野球を中心に筋書きのないドラマ《ベースボール》の魅力を発信しています。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

右クリック禁止














↓応援クリックお願い致します↓



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村





TAG LIST タグリスト

メジャーリーグワールドシリーズドジャースMLBレイズリリーバーブルワーズアスレチックスルーキーエンゼルスブルペンFA山田哲人移籍情報ポスティング・システムフリーエージェント契約情報トレードインディアンスクレイトン・カーショーポストシーズンノーヒットノーランマリナーズ楽天プロ野球岩隈久志レッドソックス田澤純一筒香嘉智ア・リーグナ・リーグマーリンズゼネラルマネージャー球団人事デレク・ジーターフィリーズドミニカ共和国プロスペクトイチロー伝説Ichiro30003000本安打イチローホワイトソックスドラフトパイレーツ戦力分析ピート・アロンゾクリスチャン・イエリッチ防御率前田健太WAR大谷翔平佐々木主浩クローザー上原浩治アストロズブレーブス田中将大パドレスヤンキースマ―セル・オズーナトレバー・バウアーダルビッシュ有高校野球甲子園台湾KANOカブスサイ・ヤング賞ヤディアー・モリーナカージナルスマイルストーンツインズムーキー・ベッツジェイコブ・デグロム二刀流本塁打アルバート・プホルス奪三振メッツ菊池雄星NPBオリオールズオリックスレッズ秋山翔吾ナショナルズマックス・シャーザー奪三振記録ダイヤモンドバックスルール変更マイク・トラウトフェンウェイパーク負傷者リストロイヤルズブルージェイズ山口俊ストラスバーグ平野佳寿新型コロナウイルスアーロン・ジャッジロッキーズチャーリー・ブラックモンシェーン・ビーバー日本映画嘉義農林映画情報アレックス・ロドリゲスブレイク・スネルアンソニー・レンドンパ・リーグジャンカルロ・スタントンジョシュ・ドナルドソントミー・ジョン手術タイガースマイルズ・マイコラスジャスティン・バーランダージャイアンツゲリット・コールロナルド・アクーニャJr.ヤシエル・プイーグドジャーズアロルディス・チャップマンケンリー・ジャンセンジョー・マドン監督MLBPAボストンマラソンMLBドラフトアンソニー・リゾクリス・ブライアントアンドリュー・ベニンテンディレンジャーズ雑草魂阪神タイガース薬物問題東日本大震災野茂英雄黒田博樹松井秀喜野球殿堂クリス・セールノア・シンダーガード年俸調停長嶋茂雄読売ジャイアンツ岩村明憲ルール改正開幕戦キューバ東京オリンピック2020侍ジャパンWBC訃報野村克也ホセ・アルトゥーベダラス・カイケルマリアーノ・リベラ捕手コディ・ベリンジャー埼玉西武ライオンズ阪神マディソン・バムガーナーコーリー・クルーバージャッキー・ロビンソンノーラン・アレナドリズ・ホスキンス新人王ブライス・ハーパー広島東洋カープ北海道日本ハムオールスターゲームエドウィン・エンカーナシオン福岡ソフトバンクNFL開幕投手マニー・マチャドエリック・ホズマーダルビッシュエイドリアン・ベルトレ日米野球リグレーフィールド広島カープ中後悠平デビット・オルティーズ川﨑宗則青木宣親バスター・ポージーカルロス・コレア牧田和久東北楽天タイトル争い近鉄バファローズ松坂大輔広島連勝記録王貞治ウェーバー公示KBOヤクルトWBC2017プエルトリコ球辞苑和田毅大学野球ホセ・フェルナンデスBCリーグ優勝マジック川崎宗則藤川球児福島ホープス山際淳司江夏の21球

ブログランキング



カレンダー/月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2020年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


QRコード

QR

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリークラウド