MLB 各球団のフロントを格付け② エンゼルス編



 「格付け」という言葉からくるイメージは、ムーディーズ(Moody's Corporation)やスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)などのレーティング・ファーム(rating firm、rating agency)を想像してしまうが、メジャーリーグのフロントオフィス(球団社長、ゼネラルマネージャーなど)を格付けしているメディアがあったので紹介したい。

 この手の格付けは、それが100%正当な評価であるのかは、多少疑わしいものがあるが、カナダのトロントに本拠を置くスポーツ専門サイト「the Score」のマイケル・ブラッドバーンが、2017年11月1日以降に各球団が行った補強(トレード、FA契約など)を査定してア・リーグ西部地区に所属する球団のフロントオフィスを格付けしている。

 アメリカンリーグの西部地区は、昔から日本人選手の在籍も多く、なじみのある地区だ。

 今回紹介する各球団のポイントになる「移籍/契約情報」は下記にリンクを貼っているので興味のある方は参照していただきたい。


ロサンゼルス・エンゼルス


▶ビリー・エプラーGM:グレードC+

 エプラーGMの最大の「功労」は、大谷翔平の獲得。ここでもそれを最初に評価している。
 
 1998年に導入されたポスティング制度開始以来、最多となる球団が参加した大谷翔平の争奪戦だったが、最終に残った7球団でエンゼルスは大穴だったと立教大学講師として教鞭をとる古内義明氏が紹介していた。

 ロサンゼルスのセンチュリーシティーにあるCAAスポーツ(Creative Artists Agency)の代理人ネズ・バレロ氏から入団を伝える電話を受け取った瞬間、エプラーGMは椅子から転げ落ちたという。

 話は多少脱線するが、エプラーGMがメジャーリーグの世界に足を踏み入れたのは2000年のコロラド・ロッキーズのスカウト部門。その後、05年にヤンキースのスカウトに転職。そこでは故・伊良部秀輝の獲得に尽力したジーン・アフターマンGM補佐からも影響を受けたという。

 14年にヤンキースがポスティング制度で田中将大を獲得した際、来日を重ねていたエプラー氏はヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMの右腕としての存在感を発揮していた。その年の10月にエンゼルスのGM職に就任している。

 人気球団で大都市をフランチャイズにすることから補強資金は潤沢にあるように思われがちだが、前任者がアルバート・プホルスと10年2億4000万ドルの長期契約を結んでおり、そうした負担も補強の足かせになっている。プホルスとの契約は21年終了まで残っている。 


トラウトの契約延長もプラス評価


 現役メジャー最高選手の評価もあるマイク・トラウトと12年4億3000万ドルの契約延長に成功したことも大きな成果と評価されているが、それは今後10年間を経たないと答えは出ない。
 
 トラウトの前後を埋める選手として29歳のアンソニー・レンドン三塁手と7年2億4500万ドルの契約は、今後の活躍を見ないとわからないだろう。

 マイナス評価は、ここでも何度か指摘したマット・ハービー(1年1100万ドル)、トレバー・ケイヒル(1年900万ドル)の両先発投手との契約。中古車センターのガレージを見ているような先発陣だった。ブルペンでもコディ・アレン(1年850万ドル)も酷かったが、1年契約ということで被害は最小限に抑えている。

 そのほかの契約では、トミー・ラステラ内野手のトレードは成功だったが、ザック・コザート内野手の3年3800万ドルの契約は不良債権になった。

 20年2月にドジャースとのトレードでジョグ・ピーダーソン外野手とロス・ストリップリング投手の交渉がご破算になったのは残念だった。

 記事にないが、ジョー・マドン氏を新監督に招聘させたことも大きいような気がする。正確な時系列は確認していないが、マドン監督がカブスを辞めた次の日には、前任の監督を1年で解雇して、マドン氏獲得へ動いていたというイメージがある。



🔽記事参考

https://www.thescore.com/mlb/news/1973362/grading-mlbs-front-offices-al-west

https://news.line.me/articles/oa-newspostseven/cc30797d5b29



▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ

関連記事

プロフィール

ウエダスポーツ

Author:ウエダスポーツ
脳梗塞と闘いながら執筆中。
若き日に「江夏の21球」を大阪球場のライトスタンドで観て、鳥肌が立ったのを覚えています。
スポーツ系専門誌の記者をしていましたので、好きなMLBやプロ野球を中心に筋書きのないドラマ《ベースボール》の魅力を発信しています。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

右クリック禁止














↓応援クリックお願い致します↓



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村





TAG LIST タグリスト

クローザー新型コロナウイルスドジャーズヤンキースアロルディス・チャップマンケンリー・ジャンセン菊池雄星平野佳寿アストロズメジャーリーグエンゼルスマリナーズMLBオリオールズヤシエル・プイーグ前田健太ツインズ大谷翔平ジョー・マドン監督トレードFA契約情報移籍情報ロッキーズナ・リーグ戦力分析ナショナルズ大谷翔平エンゼルス開幕投手ジャスティン・バーランダーフィリーズMLBPAリリーバーボストンマラソン佐々木主浩レッドソックス上原浩治MLBドラフトタイガースパドレスカブスクリス・ブライアントアンソニー・リゾフリーエージェントカージナルスレイズ山口俊田中将大筒香嘉智マイク・トラウトアルバート・プホルスア・リーグホワイトソックスロイヤルズインディアンスアンドリュー・ベニンテンディ雑草魂レンジャーズ秋山翔吾ダルビッシュ有Ichiro30003000本安打イチローイチロー伝説阪神タイガースNPB高校野球甲子園レッズアンソニー・レンドンゲリット・コール薬物問題ブルージェイズマ―セル・オズーナブレーブスロナルド・アクーニャJr.東日本大震災映画情報日本映画負傷者リストトミー・ジョン手術松井秀喜黒田博樹岩隈久志野茂英雄野球殿堂ドジャースクリス・セールノア・シンダーガードメッツクレイトン・カーショージャンカルロ・スタントン嘉義農林年俸調停プロ野球読売ジャイアンツ長嶋茂雄デレク・ジーター岩村明憲ジャイアンツ二刀流ルール改正開幕戦アーロン・ジャッジブルワーズクリスチャン・イエリッチ侍ジャパンドミニカ共和国東京オリンピック2020キューバWBC田澤純一ダイヤモンドバックスポスティング・システムパイレーツパ・リーグ野村克也訃報ジェイコブ・デグロムマックス・シャーザーストラスバーグムーキー・ベッツホセ・アルトゥーベ球団人事ジョシュ・ドナルドソンダラス・カイケルアレックス・ロドリゲスマリアーノ・リベラ捕手コディ・ベリンジャー埼玉西武ライオンズ阪神マーリンズマディソン・バムガーナーコーリー・クルーバーサイ・ヤング賞アスレチックスプロスペクトポストシーズンジャッキー・ロビンソンノーラン・アレナドリズ・ホスキンスワールドシリーズ本塁打ピート・アロンゾ新人王ブライス・ハーパー広島東洋カープ防御率北海道日本ハムオールスターゲームエドウィン・エンカーナシオンマイルズ・マイコラス福岡ソフトバンク奪三振マイルストーンNFL開幕投手マニー・マチャドエリック・ホズマーダルビッシュエイドリアン・ベルトレ日米野球ヤディアー・モリーナオリックスリグレーフィールド広島カープ中後悠平奪三振記録デビット・オルティーズノーヒットノーラン川﨑宗則青木宣親バスター・ポージーカルロス・コレア牧田和久東北楽天タイトル争い近鉄バファローズ松坂大輔広島連勝記録王貞治ルーキーウェーバー公示KBOヤクルトフェンウェイパークWBC2017プエルトリコ球辞苑和田毅大学野球ホセ・フェルナンデスBCリーグ優勝マジック川崎宗則藤川球児福島ホープス江夏の21球山際淳司

ブログランキング



カレンダー/月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


QRコード

QR

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリークラウド