MLB2020 ブレーブス戦力分析② 積極補強で3連覇なるか


ナ・リーグ東部地区で再建途上にありながらもプロスペクトの台頭とベテランの融合で地区2連覇中のブレーブス。17年にアトランタ郊外に新球場が完成したこともあり、今、最もノリのいいチームだ。

Baseball Prospectus(BP)の「PECOTA」システムによる順位予想では、昨年はナショナルズから4位予想のブレーブスまで4ゲーム差という混戦予想だった。結果はブレーブスが優勝、2位ナッツ、3位メッツ、4位フィリーズだった。

今季は3チームによる覇権争いを予想しているが、着実な補強が目立ったブレーブスとジラルディ新監督のフィリーズも優勝争いに絡んできそう。個人的予想では、ブルペン陣に厚みのあるブレーブスが3連覇を果たすと予想している。

下記がBPの「PECOTA」による20年の順位予想。

【東部地区】
1位 メッツ(88勝74敗)
2位 ナショナルズ(87勝75敗)
3位 ブレーブス(83勝79敗)
4位 フィリーズ(77勝85敗)
5位 マーリンズ(71勝91敗)


19年は、同地区ライバルのナショナルズに4ゲーム差を付けて地区を制したが、2位ナショナルズがワイルドカードから駆け上がってワールドシリーズを制覇。

ブレーブスは95年以来、25年間、ワールドシリーズから遠ざかているだけにライバルに追い越されて今季にかける意気込みが伝わるような補強をしている。

ブレーブスのアレックス・アンソポロスGMは、ブルージェイズのGM時代から数々の大型トレードを仕掛けてきた人物。ブレーブスのGM就任後もマット・ケンプを放出し、エイドリアン・ゴンザレス、ブランドン・マッカーシー、スコット・カズミアーらを獲得した大型トレードを成立させている。


ブレーブスのここまでの補強


【先発】
コール・ハメルズ投手 1年1800万ドル

【ブルペン】
クリス・マーティン 2年1400万ドル
ダレン・オデイ 再契約 1年225万ドル
ウィル・スミス 3年4000万ドル

【捕手】
タイラー・フラワーズ捕手 再契約 1年600万ドル
トラビス・ダーノー捕手 再契約 2年1600万ドル

【野手】
ニック・マーケイキス 再契約 1年600万ドル
マーセル・オズーナ 1年1800万ドル


今オフのブレーブスはブライアン・マッキャン捕手が引退し、フランシスコ・セルベーリとタイラー・フラワーズの両方がフリーエージェントになった捕手が補強ニーズだったが、このうちフラワーズとは契約オプションを破棄したうえで、400万ドルの1年契約(バイアウト200万ドルを加えると600万ドル)で再契約を結んだ。

チーム内には14年ドラフト全体6位指名のアレックス・ジャクソン(23歳)、チーム内プロスペクトランキング5位のシェー・ラングリアーズ捕手(22歳)と同8位のウィリアム・コントレラス捕手(21歳)がいるが、彼らが成長するまでにはベテランの力が必要で、トラビス・ダーノウと2年1600万ドルで獲得した。

ブレーブスはニック・マーケイキス外野手ともフラワーズと同様に契約オプションを破棄(バイアウト200万ドル)したうえで、400万ドルの1年契約を結んでいる。


ブレーブス


打線は?


【スタメン予想】
1(右) ロナルド・アクーニャJr.
2(二) オジー・アルビーズ
3(一) フレディ・フリーマン
4(左) マーセル・オズーナ
5(捕) トラビス・ダーノウ
6(中) エンダー・インシアーテ
7(遊) ダンズビー・スワンソン
8(三) ヨハン・カマルゴ/オースティン・ライリー


打線の補強ポイントは、37本塁打のジョシュ・ドナルドソンとの再契約だったが、それには失敗。彼にはクオリファイング・オファー(QO)を提示。彼もQOを破棄したうえで新たにブレーブスとの契約を更新したいという報道も流れていたが、条件面で折り合わなかった。

そこで、ブレーブスは、マーセル・オズーナ外野手と1年1800万ドルで契約した。単年契約では今オフの外野手の最高年俸の契約になったが、オズーナがドナルドソンに代わって4番に入る可能性が高い。

この補強で実績から考えると外野手の編成は、レフトがオズーナ、センターがロナルド・アクーニャJr.、ベテラン36歳のマーケイキス(打率.285/9本塁打/OPS.776)がライトに入ることが考えられるが、MLB公式サイトのデプスチャートではエンダー・インシアーテ(打率.246/5本塁打/OPS.740)がセンター、アクーニャJr.がライトに入る編成になっている。

ただ、相手投手が左投手の場合は、左腕に強いアダム・デュバルがライトに入り、アクーニャJr.がセンター、インシアーテとマーケイキスがベンチに下がることが考えられる。


▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ


関連記事

プロフィール

ウエダスポーツ

Author:ウエダスポーツ
学生時代に野球とアメリカンフットボールをしていました。
若き日に「江夏の21球」を大阪球場のライトスタンドで観て、鳥肌が立ったのを覚えています。
スポーツ系専門誌の記者をしていましたので、好きなMLBやプロ野球を中心に筋書きのないドラマ《ベースボール》の魅力を発信しています。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

右クリック禁止














↓応援クリックお願い致します↓



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村





TAG LIST タグリスト

移籍情報FAナショナルズナ・リーグ契約情報トレード戦力分析大谷翔平エンゼルス開幕投手メジャーリーグMLB新型コロナウイルスフィリーズMLBPAクローザーリリーバーマリナーズボストンマラソン上原浩治レッドソックス佐々木主浩MLBドラフトタイガースパドレスクリス・ブライアントカブスアンソニー・リゾフリーエージェントヤンキースカージナルスアストロズ田中将大山口俊筒香嘉智レイズアルバート・プホルスマイク・トラウトジョー・マドン監督大谷翔平エンゼルスインディアンスツインズロイヤルズホワイトソックスア・リーグアンドリュー・ベニンテンディ雑草魂オリオールズレンジャーズ秋山翔吾前田健太ダルビッシュ有イチロー伝説イチローIchiro30003000本安打NPB阪神タイガース高校野球甲子園レッズゲリット・コールアンソニー・レンドン薬物問題ブルージェイズマ―セル・オズーナブレーブスロナルド・アクーニャJr.映画情報東日本大震災日本映画負傷者リストトミー・ジョン手術ジャスティン・バーランダー野茂英雄黒田博樹松井秀喜岩隈久志野球殿堂ドジャースクリス・セールノア・シンダーガードアロルディス・チャップマンケンリー・ジャンセンメッツクレイトン・カーショージャンカルロ・スタントン嘉義農林年俸調停プロ野球読売ジャイアンツ長嶋茂雄岩村明憲デレク・ジータージャイアンツ二刀流ルール改正開幕戦平野佳寿菊池雄星アーロン・ジャッジクリスチャン・イエリッチブルワーズ東京オリンピック2020キューバ侍ジャパンドミニカ共和国WBC田澤純一ダイヤモンドバックスポスティング・システムパイレーツ訃報野村克也パ・リーグマックス・シャーザーストラスバーグジェイコブ・デグロムムーキー・ベッツヤシエル・プイーグホセ・アルトゥーベ球団人事ロッキーズジョシュ・ドナルドソンダラス・カイケルアレックス・ロドリゲスマリアーノ・リベラ捕手コディ・ベリンジャー埼玉西武ライオンズ阪神マーリンズマディソン・バムガーナーコーリー・クルーバーサイ・ヤング賞アスレチックスプロスペクトポストシーズンジャッキー・ロビンソンノーラン・アレナドリズ・ホスキンスワールドシリーズ本塁打ピート・アロンゾ新人王ブライス・ハーパー広島東洋カープ防御率北海道日本ハムオールスターゲームエドウィン・エンカーナシオンマイルズ・マイコラス福岡ソフトバンク奪三振マイルストーンNFL開幕投手マニー・マチャドエリック・ホズマーダルビッシュエイドリアン・ベルトレ日米野球ヤディアー・モリーナオリックスリグレーフィールド広島カープ中後悠平奪三振記録デビット・オルティーズノーヒットノーラン川﨑宗則青木宣親バスター・ポージーカルロス・コレア牧田和久東北楽天タイトル争い近鉄バファローズ松坂大輔広島連勝記録王貞治ルーキーウェーバー公示KBOヤクルトフェンウェイパークWBC2017プエルトリコ球辞苑和田毅大学野球ホセ・フェルナンデスBCリーグ優勝マジック川崎宗則藤川球児福島ホープス江夏の21球山際淳司

ブログランキング



カレンダー/月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


QRコード

QR

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリークラウド