19年-20年オフ FA市場で過小評価されている8人のプレイヤー



 ゲリット・コールとアンソニー・レンドン、スティーブン・ストラスバーグは今オフのFA市場の注目選手だった、同様にジョシュ・ドナルドソンとザック・ウィーラーも注目度が高かった。


以前にも紹介したが、彼ら以外にも実力があるのに見落とされがちな選手たちがいることをMLB.comのコラムニスト、リチャード・ジャスティスが「8 free agents everyone is underrating」というコラムで紹介している。それをもとに個人の見解を付け加えて紹介する。






1. ハウィー・ケンドリック 再契約
ユーティリティー/ナショナルズFA

 この人を最初に挙げたのはポストシーズンでの活躍を評価したからだろう。NLCSではMVPを獲得。ワールドシリーズでも第7戦で逆転本塁打を放ち、球団史上初のワールドチャンピオンに貢献した。

 レギュラーシーズンでは、二塁手やアンソニー・レンドンの離脱に伴い三塁手として起用されていたが、5月以降は主に一塁を守った。121試合で打率.344、17本塁打、62打点。出塁率.395、長打率.572、OPS.966。wOBA (Weighted On-Base Average) .400はセイバーに詳しい方ならどれだけ素晴らしい数値かお分かりだろう。

 1年625万ドルで再契約。21年はミューチュアルオプション。


2. マーセル・オズーナ
外野手/カージナルスFA

 MLB.comでは、ワールドシリーズ終了後に「ファングラフス」が示したfWARをもとに現時点でのFAパワーランキングトップ20を発表。その11位にランキングされたのがオズーナ外野手。2019年のfWAR2.6。130試合で、打率.241、29本塁打、89打点、80得点、12盗塁、出塁率.328、長打率.472、OPS.800。同年代のヤシエル・プイーグ(18位)を抑えて外野手では最高評価だった。守備を含めた総合評価ではやニコラス・カステヤノス(12位、fWAR2.8)より高かった。


オズーナ、イチロー、イエリッチ


3. リッチ・ヒル
左投手/ドジャースFA

 39歳左腕。16年から18年まで3年間で2ケタ勝利を挙げたリッチ・ヒル。19年は13試合にとどまったが4勝1敗、防御率は2.45、奪三振率11.05。ドジャースの分厚いローテーションの中で埋もれた存在になったが、39歳がヘルシーならベテラン左腕を欲しがるチームにはフィットするかもしれない。


4. ライアン・ジマーマン
一塁手/外野手 ナショナルズFA

 ナショナルズ一筋15年の35歳。過去2シーズンで137試合にしか出場していないが、スタットキャストのデータでハード・ヒット率(95マイル以上の打球の割合)49.9%は、クリスチャン・イエリッチやヨーダン・アルバレスよりも高く13位にランクされている。


5. ハンター・ペンス
外野手/レンジャーズFA

 83試合で、打率.297、18本塁打、OPS.910 およびwOBA.377。 今夏には4回目のオールスターにも選出された。来季は37歳になるが、ヘルシーなら第4の外野手としては適任かもしれない。


6. エリック・テムーズ
一塁手/外野手 ブルワーズ

 33歳エリック・テームズは、韓国リーグから戻ってきて以来、3シーズンで72本塁打、OPS.848、OPS+118 をマークしている。700万ドルのクラブオプションを破棄されてFAになった。このスタッツで600万ドルから700万ドルは手頃な価格。強打の外野手を探しているインディアンスや一塁手としてマリナーズ、レイズ、ブルージェイズあたりがフィットしそうだ。


7. アレックス・アビラ ツインズと契約
捕手/ダイヤモンドバックス

 タイガースのGMを務めていた父親アル・アビラに同球団を解雇された後、3チームを渡り歩いて18年1月にダイヤモンドバックスと2年総額825万ドルで契約を結んだ。彼のフレーミング技術はしっかりしており、右投手に対するOPS.796は特筆すべきものがある。12月10日、ツインズと1年425万ドルで契約した。


8. タイラー・クリッパード
右投手/インディアンス

 今季は、2月23日にインディアンスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加。4月25日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロスター入りした。53試合、防御率2.90、WHIP0.86。13年のキャリアで63セーブ、215ホールドと実績も十分。彼のxwOBA.264は、100人以上の打者と対戦した523人のメジャーリーグの投手のうち37番目に低かった。



▽参考資料
https://baseballsavant.mlb.com/expected_statistics?type=pitcher&year=2019&position=&team=&min=100


▽記事参考
https://www.mlb.com/news/under-the-radar-mlb-free-agents-2019-2020





▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ




関連記事

プロフィール

ウエダスポーツ

Author:ウエダスポーツ
学生時代に野球とアメリカンフットボールをしていました。
若き日に「江夏の21球」を大阪球場のライトスタンドで観て、鳥肌が立ったのを覚えています。
スポーツ系専門誌の記者をしていましたので、好きなMLBやプロ野球を中心に筋書きのないドラマ《ベースボール》の魅力を発信しています。

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

右クリック禁止














↓応援クリックお願い致します↓

  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





TAG LIST タグリスト

レンジャーズFA契約情報トレード移籍情報ダラス・カイケルMLBフリーエージェントマリナーズダイヤモンドバックス平野佳寿ロナルド・アクーニャJr.ブレーブスメジャーリーグデレク・ジーターマリアーノ・リベラ野球殿堂ヤンキースカージナルス捕手アストロズツインズア・リーグ球団人事レッドソックス年俸調停ドジャースコディ・ベリンジャーレイズリリーバーナショナルズ秋山翔吾レッズエンゼルス埼玉西武ライオンズブルージェイズプロ野球読売ジャイアンツ山口俊ナ・リーグメッツ阪神タイガースNPB阪神パドレスホワイトソックスマーリンズブルワーズポスティング・システムマディソン・バムガーナーサイ・ヤング賞インディアンスコーリー・クルーバータイガース筒香嘉智ゲリット・コールフィリーズストラスバーグカムバック賞ジョシュ・ドナルドソンカルロス・カラスコアスレチックスパイレーツマ―セル・オズーナカブスプロスペクトルール5ドラフトオリオールズノア・シンダーガードムーキー・ベッツダルビッシュ有アンソニー・リゾアンドリュー・ベニンテンディジャスティン・バーランダージェイコブ・デグロムポストシーズンロッキーズノーラン・アレナドアンソニー・レンドンジャイアンツアロルディス・チャップマンロイヤルズマックス・シャーザーワールドシリーズクレイトン・カーショー3000本安打イチローIchiro3000ネルソン・クルーズ本塁打クローザー加藤豪将大谷翔平故障者リストクリスチャン・イエリッチ前田健太マイク・トラウトピート・アロンゾ田中将大菊池雄星アーロン・ジャッジ新人王ドミニカ共和国高校野球嘉義農林ブライス・ハーパー防御率広島東洋カープ北海道日本ハムオールスターゲームジャンカルロ・スタントンエドウィン・エンカーナシオンマイルズ・マイコラス福岡ソフトバンクMLBドラフト上原浩治雑草魂奪三振クリス・セールアルバート・プホルスマイルストーンNFL長嶋茂雄松井秀喜田澤純一野茂英雄開幕投手マニー・マチャドエリック・ホズマーリズ・ホスキンスダルビッシュジーン・セグラ岩隈久志エイドリアン・ベルトレ黒田博樹侍ジャパン日米野球ヤディアー・モリーナオリックスリグレーフィールド広島カープ中後悠平奪三振記録デビット・オルティーズコーリー・シーガーノーヒットノーランイチロー伝説川﨑宗則ホセ・アルトゥーベ青木宣親バスター・ポージークリス・ブライアントカルロス・コレア映画情報牧田和久東北楽天星野仙一甲子園タイトル争い近鉄バファローズケンリー・ジャンセン広島連勝記録王貞治野球W杯ルーキーウェーバー公示KBOヤクルトキューバフェンウェイパークWBCWBC2017プエルトリコアメリカ球辞苑訃報松坂大輔和田毅チャップマン大学野球薬物問題ホセ・フェルナンデスBCリーグ優勝マジック東京オリンピック2020ボストンマラソン川崎宗則クリス・デービス藤川球児福島ホープスクリスチャン・イェリッチ山際淳司江夏の21球ノンフィクションアレックス・ロドリゲスジャッキー・ロビンソン

ブログランキング



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

カレンダー/月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


QRコード

QR

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリークラウド