【MLB移籍情報】ムーキー・ベッツ放出の背景にあるものとは?




 衝撃を受けたレッドソックスのムーキー・ベッツ外野手の移籍報道。20年シーズン終了後にフリーエージェント(FA)になるベッツをレッドソックスが放出するかもしれないのだ。




 レッドソックスはトレード交渉に応じる構えだというが、そうなれば間違いなくこのオフの注目選手になる。それは、複数の選手が絡む大型トレードに発展することが予想され、そう簡単には成立せずに、場合によっては20年夏のトレードデッドラインまでもつれ込むことも考えられる。


その背景にあるものは?



昨年のア・リーグMVPでありフランチャイズの顔のような存在のベッツをなぜ放出するのか?

 MLB Networkのジョン・ポール・モロシによるとベッツが契約延長交渉を以前に拒否したことを理由として挙げている。ベッツは17年シーズン終了後にレッドソックスが提示した8年2億ドルという長期の契約延長オファーを拒否している。

 それは18年から19年にかけてのトラウト、ハーパー、マチャドといった巨額の契約で決定的になったのかもしれない。ベッツの成績やプライドから考えても2億ドル程度なら首を縦に振らなかったのは正解だった。ベッツの代理人を含む周辺が騒がしくなるのはわかる気がする。

 ベッツは今季も打率.285、21本塁打、65打点、12盗塁、出塁率.390、長打率.504、OPS.895。rWARで5.0という高い数値を残している。そのため自身の評価を知るためにFA市場で価値を知りたくなるのは当然のことかもしれない。

 考えられる要因として、レッドソックスのファーム層が考えられる。野球専門の米シンクタンク「ベースボール・プロスペクタス(BP)」やMLB公式サイトのランキング、さらに野球専門のデータサイト「ファングラフス(FG)」のランキングでも100位以内にマイケル・チャビス内野手がランクインしているだけだ。

レッドソックスはファーム層が薄い。これでは次の内部育成ができない。

とくに先発投手を中心に若手の投手が育っていない。また、ブルペンは防御率でMLB14位。クローザーが不在で上原や田澤が在籍していた頃のような安定感がない。このため、ベッツを放出する対価として複数のプロスペクトを要求することは十分に考えられる。

 次に考えられるのは、ペイロールが緊迫している事だろう。

 レッドソックスの年俸総額は約2億4050万ドルで「ぜいたく税」(Competitive Balance Tax)の上限額1億9700万ドルをはるかに上回る額だ。レッドソックスとナショナルズが今季は「ぜいたく税」を支払った。

 ドジャース、ヤンキース、ジャイアンツ、タイガースが回避することに成功したようにレッドソックスもリセットしたいだろう。この追徴税のようなシステムは連続で超えると税率が年々アップしていくからだ。ちなみにヤンキースは15年連続で超過してトータルで3億4100万ドル(約350億円)を払ってきたが昨年リセットに成功した。

 ベッツとは今季2000万ドルの契約だが、20年は年俸調停の最終年でロッキーズのノーラン・アレナド(2600万ドル)を超える2600万から3000万ドルぐらいの額が予想される。


20年に確定しているペイロールは、一部を紹介すると

  • デビット・プライス 3200万ドル
  • クリス・セール 3000万ドル
  • JDマルティネス 2375万ドル
  • ザンダー・ボガーツ 2000万ドル
  • ネイサン・イバルディ 1700万ドル
  • ダスティン・ペドロイア 1312万5,000ドル


 リック・ポーセロや数人がFAになり約3000万ドルが軽くなるが、その分、戦力バランスを考えると右腕のいない先発陣に不安も残る。

 レッドソックスには「ぜいたく税」の対象外とはいえ7年総額7250万ドルで契約したキューバ出身のルスネイ・カスティーヨ外野手の約1400万ドルやパブロ・サンドバル内野手の500万ドルなどの不良債権が2020年も残っている。

ダスティン・ペドロイア内野手の20年1312万5,000ドル、21年1212万5,000ドルも36歳で60日間の故障者リストに入っている現状から考えても不良債権化する可能性もある。

 こうした不毛のファーム層の開拓や「ぜいたく税」対策などが絡んで、ムーキー・ベッツのトレード案が持ち上がったと考えるのが大方の見方だ。

いずれにせよベッツの去就が、このオフの話題に一つになりそうだ。




◇記事参考
https://www.nbcsports.com/boston/red-sox/report-red-sox-may-listen-trade-offers-mookie-betts-offseason


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

プロフィール

ウエダスポーツ

Author:ウエダスポーツ
学生時代に野球とアメリカンフットボールをしていました。


若き日に「江夏の21球」を大阪球場のライトスタンドで観て、鳥肌が立ったのを覚えています。

スポーツ系専門誌の記者をしていましたので、好きなMLBやプロ野球を中心に筋書きのないドラマ《ベースボール》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

移籍情報ゲリット・コールアストロズFAヤンキーストレード契約情報エンゼルスアスレチックスレンジャーズマリナーズMLBレッドソックスブルージェイズメジャーリーグオリオールズ球団人事フィリーズムーキー・ベッツパドレスカブスメッツクレイトン・カーショーナ・リーグア・リーグダルビッシュ有マディソン・バムガーナーコーリー・クルーバーフリーエージェントイチロー3000本安打Ichiro3000ツインズ本塁打ネルソン・クルーズマリアーノ・リベラクローザーロナルド・アクーニャJr.ブレーブスプロスペクト加藤豪将クリスチャン・イエリッチ故障者リスト大谷翔平ドジャース前田健太マイク・トラウトノーラン・アレナドピート・アロンゾコディ・ベリンジャーロイヤルズジャイアンツ田中将大菊池雄星アーロン・ジャッジインディアンスジェイコブ・デグロムノア・シンダーガード平野佳寿新人王カージナルスレッズドミニカ共和国嘉義農林高校野球ブライス・ハーパーナショナルズダイヤモンドバックスリリーバー防御率広島東洋カープジャスティン・バーランダータイガースプロ野球北海道日本ハムレイズブルワーズロッキーズオールスターゲームマックス・シャーザーエドウィン・エンカーナシオンジャンカルロ・スタントンマイルズ・マイコラスNPB福岡ソフトバンクMLBドラフト雑草魂上原浩治クリス・セール奪三振マイルストーンアルバート・プホルスNFL松井秀喜田澤純一野茂英雄サイ・ヤング賞開幕投手マニー・マチャドエリック・ホズマーリズ・ホスキンス野球殿堂マーリンズパイレーツダルビッシュホワイトソックスポスティング・システムジーン・セグラ岩隈久志エイドリアン・ベルトレ黒田博樹侍ジャパン日米野球ポストシーズンヤディアー・モリーナオリックスリグレーフィールドダラス・カイケル阪神タイガース広島カープ中後悠平奪三振記録アンドリュー・ベニンテンディデビット・オルティーズコーリー・シーガーノーヒットノーランイチロー伝説川﨑宗則ホセ・アルトゥーベデレク・ジーターストラスバーグ青木宣親バスター・ポージークリス・ブライアントカルロス・コレア映画情報牧田和久星野仙一東北楽天甲子園タイトル争い近鉄バファローズワールドシリーズケンリー・ジャンセンアンソニー・リゾ広島連勝記録王貞治野球W杯ルーキーウェーバー公示KBOヤクルトキューバフェンウェイパークWBCWBC2017プエルトリコアメリカ球辞苑訃報和田毅松坂大輔チャップマン大学野球薬物問題ホセ・フェルナンデスBCリーグ優勝マジック阪神東京オリンピック2020ボストンマラソン川崎宗則藤川球児福島ホープス山際淳司江夏の21球ノンフィクションアレックス・ロドリゲスジャッキー・ロビンソン

ブログランキング



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

カレンダー/月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ご訪問ありがとうございます。

右クリック禁止














↓応援クリックお願い致します↓

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





QRコード

QR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム