FA市場動向 《救援投手編3》Dバックスがグレッグ・ホランドを獲得




 これまでメジャーリーグ2018年オフのフリーエージェント(FA)市場を紹介してきたが、2月になって球音が近づいてきた。今回は、「オープナー」や「ブルペンデー」など、トレンドともいえる起用法が注目され、その分、需要が増えてきた救援投手編を紹介したい。第3弾になる。


全体的な概況は、今オフもフリーエージェント(FA)の選手たちにとっては厳しい状況。FA契約は、オフの最初の50日間で5.2%しかメジャー契約が決まっていなかった。


昨オフもFA市場は冷え込んだ。ジェイク・アリエッタ、J.D.マルティネス、エリック・ホズマー、ダルビッシュ有ら有力選手もなかなか決まらず、スプリングトレーニング直前に決まった選手も多かった。


しかし、それでも最初の50日間でFA契約は5.5%で今オフよりはマシだったということになる。


約80名ほどいるFAの救援投手。マイナーも含めて移籍先が決まったのは約40名。メジャー契約だけを見ると20名ほどになる。


ルーマー


 ロイヤルズやロッキーズでクローザーを務めたグレッグ・ホランド。15年9月にトミー・ジョン手術を受け、復活を果たした17年にはロッキーズの守護神としてリーグ最多タイの41セーブでセーブ王に輝いた。


このポジションは、特に好きなので注目して選手を見ていたが、17年のロッキーズの開幕ダッシュはホランドがいたことが大きかった。カムバック賞にも輝いた。


その後、カージナルスと1年1400万ドルで契約。しかし、調子が出ず8月にはナショナルズへトレードされた。ナショナルズでは24試合で防御率0.82、奪三振率10.55とバウンスバックしている。


 MLBネットワークのジョン・ヘイマンによると今回の契約は、大幅にダウンして年俸350万ドルとインセンティブが最大350万ドルの計700万ドルになっているようだ。


この350万ドルという額は、今オフのFA救援投手では13番目の契約額だ。ちなみに最高額はヤンキースと再契約のザック・ブリットンで3年3900万ドル。


ホランドは、ダイヤモンドバックスで平野佳寿と共にブルペンのキープレイヤーとしてクローザーを任されることになりそうだ。


《移籍先が決まった主なFA救援投手》
()内は前所属チーム

ザック・ブリットン(ヤンキース)→ヤンキース
ジェウリス・ファミリア(アスレチックス)→メッツ
アダム・オッタビーノ(ロッキーズ)→ヤンキース
アンドリュー・ミラー(インディアンス)→カージナルス
ジョー・ケリー(レッドソックス)→ ドジャース
デービッド・ロバートソン(ヤンキース)→フィリーズ
ケルビン・ヘレーラ(ナショナルズ)→Wソックス
ホアキム・ソリア(ブルワーズ)→アスレチックス
ジャスティン・ウィルソン(カブス)
コディー・アレン(インディアンス)→エンゼルス
ジェシー・チャベス(カブス)→レンジャーズ
ブラッド・ブラック(ブレーブス)→カブス
グレック・ホランド(ナショナルズ)→Dバックス
オリバー・ペレス(インディアンス)→インディアンス

田澤純一(エンゼルス)→カブス※マイナー契約





《残っている主なFA救援投手》
クレイグ・キンブレル(レッドソックス)
セルジオ・ロモ(レイズ)
バド・ノリス(カージナルス)
タイラー・クリッパード(ブルージェイズ)
ジェイク・ディークマン(ダイヤモンドバックス)
トニー・シップ(アストロズ)
ザック・デューク(マリナーズ)
トニー・バーネット(レンジャーズ)
ジェリー・ブレビンス(メッツ)
AJラモス(メッツ)
アーロン・ループ(フィリーズ)
ジム・ジョンソン(エンゼルス)
ジョニー・ベンタース(ブレーブス)
アダム・ウォーレン(マリナーズ)




残っているリリーバーで、パワーランキングを付けるとすれば、レッドソックスの守護神クレイグ・キンブレルが最も高い評価だろう。


今季31歳になるキンブレルは、最多セーブ投手に4回輝いており、11年から8年連続でシーズン30セーブ以上を記録。5月5日には、史上最年少(29歳11か月)で通算300セーブを達成した。


ただ、一時の球速は無くなったし、制球力も与四球率(BB/9)4.48と悪化。防御率は2.74だがFIP3.13でキャリアワーストだった。8年連続で57試合以上に登板。そろそろ疲労が出てきてもおかしくない時期だ。


A.チャップマンが5年8600万ドル、K.ジャンセンが5年8000万ドルで、30歳前後で年平均1600万~1700万ドルの年俸を手にしており、キンブレルも同程度の年俸を希望しているとみられる。
◇関連記事
D.ロバートソンがフィリーズと2年契約 FA市場動向 《救援投手編2》


▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ



関連記事

プロフィール

ウエダスポーツ

Author:ウエダスポーツ
学生時代に野球とアメリカンフットボールをしていました。
若き日に「江夏の21球」を大阪球場のライトスタンドで観て、鳥肌が立ったのを覚えています。
スポーツ系専門誌の記者をしていましたので、好きなMLBやプロ野球を中心に筋書きのないドラマ《ベースボール》の魅力を発信しています。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

右クリック禁止














↓応援クリックお願い致します↓



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村





TAG LIST タグリスト

マリナーズ移籍情報契約情報トレードFAフリーエージェントMLBメジャーリーグMLBPA大谷翔平アルバート・プホルスマイク・トラウトエンゼルスジョー・マドン監督レイズ新型コロナウイルスインディアンスア・リーグタイガースロイヤルズホワイトソックスツインズアンドリュー・ベニンテンディレンジャーズ雑草魂オリオールズレッドソックス上原浩治ダルビッシュ有筒香嘉智前田健太田中将大秋山翔吾Ichiro3000イチロー伝説イチロー3000本安打阪神タイガースNPB甲子園高校野球MLBドラフトナ・リーグアストロズフィリーズアンソニー・リゾクリス・ブライアントカブス戦力分析ナショナルズレッズアンソニー・レンドンゲリット・コール薬物問題山口俊ブルージェイズブレーブスロナルド・アクーニャJr.マ―セル・オズーナ映画情報東日本大震災日本映画クローザー負傷者リストトミー・ジョン手術ジャスティン・バーランダー野茂英雄岩隈久志黒田博樹松井秀喜野球殿堂カージナルスヤンキースドジャースクリス・セールノア・シンダーガードケンリー・ジャンセンアロルディス・チャップマンリリーバーメッツクレイトン・カーショージャンカルロ・スタントン嘉義農林年俸調停プロ野球読売ジャイアンツ長嶋茂雄岩村明憲デレク・ジータージャイアンツルール改正二刀流開幕戦平野佳寿菊池雄星アーロン・ジャッジブルワーズクリスチャン・イエリッチ侍ジャパン東京オリンピック2020キューバドミニカ共和国WBC田澤純一ダイヤモンドバックスポスティング・システムパイレーツパ・リーグ訃報野村克也ストラスバーグジェイコブ・デグロムマックス・シャーザームーキー・ベッツヤシエル・プイーグホセ・アルトゥーベ球団人事ロッキーズジョシュ・ドナルドソンダラス・カイケルアレックス・ロドリゲスマリアーノ・リベラ捕手コディ・ベリンジャー埼玉西武ライオンズパドレス阪神マーリンズマディソン・バムガーナーサイ・ヤング賞コーリー・クルーバーアスレチックスプロスペクトポストシーズンジャッキー・ロビンソンノーラン・アレナドリズ・ホスキンスワールドシリーズ本塁打ピート・アロンゾ新人王ブライス・ハーパー防御率広島東洋カープ北海道日本ハムオールスターゲームエドウィン・エンカーナシオンマイルズ・マイコラス福岡ソフトバンク奪三振マイルストーンNFL開幕投手エリック・ホズマーマニー・マチャドダルビッシュエイドリアン・ベルトレ日米野球ヤディアー・モリーナオリックスリグレーフィールド広島カープ中後悠平奪三振記録デビット・オルティーズノーヒットノーラン川﨑宗則青木宣親バスター・ポージーカルロス・コレア牧田和久東北楽天タイトル争い近鉄バファローズ松坂大輔広島連勝記録王貞治ルーキーウェーバー公示KBOヤクルトフェンウェイパークWBC2017プエルトリコ球辞苑和田毅大学野球ホセ・フェルナンデスBCリーグ優勝マジックボストンマラソン川崎宗則藤川球児福島ホープス山際淳司江夏の21球

ブログランキング



カレンダー/月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2020年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


QRコード

QR

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリークラウド