菊池の譲渡金は? フリーエージェント市場動向 《先発投手編2》




MLBの2018年から2019年にかけてのフリーエージェント(FA)市場動向を紹介。今回は 《先発投手編》の第2弾。


今オフもフリーエージェント(FA)市場は選手たちにとっては厳しい状況。FA契約は、オフの最初の50日間で5.2%しかメジャー契約が決まっていなかった。


昨オフもFA市場は冷え込んだ。ジェイク・アリエッタ、J.D.マルティネス、エリック・ホズマー、ダルビッシュ有ら有力選手もなかなか決まらず、スプリングトレーニング直前に決まった選手も多かった。


しかし、それでも最初の50日間でFA契約は5.5%で今オフよりはマシだったということになる。





菊池雄星のポスティング制度による移籍先がマリナーズに決まった。想定内のチームだったが、契約内容が複雑だ。


約束されているのは3年4300万ドル。これがベースになる。4年目は菊池とマリナーズの両者に選択権があるミューチュアル・オプション(Mutual Option )のような契約で、菊池はオプトアウトしてFAになることもできるし4年目の2022年の契約(1300万ドル)を選択することもできる。これにより菊池には少なくとも4年5600万ドルが保障されている。


マリナーズが引き続き菊池との契約延長を望む場合には2022年から4年6600万ドル。契約延長するということは、菊池がローテーションの中核として機能していることを意味しているので、4年6600万ドル、年平均1650万ドルなら割安感のある契約だ。


マリナーズが4年以降を破棄する場合は、菊池がFAか4年目1300万ドルで1年だけチームにとどまることができる契約で、長期契約によるリスクを回避したいマリナーズ側と、逆に好成績を残した場合にオプトアウトして好条件の契約を手にできる選手側の思惑が見て取れる契約内容だ。


この金額に応じて別途、NPBの西武にはポスティングの譲渡金が支払われる事になるが、確定している3年4300万ドルに対しては815万ドル(約9億円)になる計算になる。


ただ、マリナーズがオプションを選択した場合は最長で7年総額1億900万ドルになり、その場合は譲渡金も増額されることになるが、契約内容が複雑なためメディアでも混乱しているようだ。






下記の表は、契約金額の高い順に移籍先の決まった先発投手たちだが、先発投手たちは、まだ決まっているほうで、ここまで15人(菊池、サバシア、柳を入れて18人)が決まった。


《移籍先が決まったFA先発投手》
()内は前所属チーム
パトリック・コービン(ダイヤモンドバックス)→ナショナルズ
ネイサン・イオバルディ(レッドソックス)→再契約
J.A.ハップ(ヤンキース)→再契約
ランス・リン(ヤンキース)→レンジャーズ
チャーリー・モートン(アストロズ)→レイズ
アニバル・サンチェス(ブレーブス)→ナショナルズ
ギャレット・リチャーズ(エンゼルス)→パドレス
マイク・ファイアーズ(アスレチックス)→再契約
マット・ハービー(レッズ)→エンゼルス
トレバー・ケーヒル(アスレチックス)→エンゼルス
タイソン・ロス(カージナルス)→タイガース
マット・シューメーカー(エンゼルス)→ブルージェイズ
マット・ムーア(レンジャーズ)→タイガース
ジョーダン・ライルズ(ブルワーズ)→パイレーツ
ケンドール・グレイブマン(アスレチックス)→カブス

※CCサバシア(ヤンキース)再契約
※柳賢振(ドジャース)QO受託

※菊池雄星(西武)→マリナーズ


《残っている主なFA先発投手》
ダラス・カイケル(アストロズ)
デレク・ホランド(ジャイアンツ)
クレイ・バックホルツ(ダイヤモンドバックス)
ジオ・ゴンザレス(ブリュワーズ)
ジェレミー・ヘリクソン(ナショナルズ)
ウェイド・マイリー(ブリュワーズ)
ブレット・アンダーソン(アスレチックス)
エドウィン・ジャクソン(アスレチックス)
マルコ・エストラーダ(ブルージェイズ)
バートロ・コロン(レンジャーズ)
ハイメ・ガルシア(カブス)
アダム・ウェインライト(カージナルス)
ドリュー・ポメランツ(レッドソックス)
ミゲル・ゴンザレス(ホワイトソックス)
フランシスコ・リリアーノ(タイガース)
クリス・ティルマン(レンジャーズ)
ヨバニ・ガヤード(レンジャーズ)



ルーマー




◇記事参考
Baseball’s Hot Stove Has Gone From Cold To Basically Turned Off



▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ

関連記事

プロフィール

ウエダスポーツ

Author:ウエダスポーツ
脳梗塞と闘いながら執筆中。
若き日に「江夏の21球」を大阪球場のライトスタンドで観て、鳥肌が立ったのを覚えています。
スポーツ系専門誌の記者をしていましたので、好きなMLBやプロ野球を中心に筋書きのないドラマ《ベースボール》の魅力を発信しています。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

右クリック禁止














↓応援クリックお願い致します↓



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村





TAG LIST タグリスト

新型コロナウイルスマリナーズ平野佳寿マ―セル・オズーナブレーブスFAロナルド・アクーニャJr.移籍情報契約情報メジャーリーグヤシエル・プイーグMLBカージナルスドジャーズアロルディス・チャップマンヤンキースクローザーケンリー・ジャンセンエンゼルスアストロズ菊池雄星オリオールズ前田健太ツインズ大谷翔平ジョー・マドン監督トレードロッキーズナショナルズ戦力分析ナ・リーグ大谷翔平エンゼルス開幕投手ジャスティン・バーランダーフィリーズMLBPAリリーバーボストンマラソンレッドソックス佐々木主浩上原浩治MLBドラフトタイガースパドレスアンソニー・リゾカブスクリス・ブライアントフリーエージェントレイズ筒香嘉智田中将大山口俊マイク・トラウトアルバート・プホルスロイヤルズア・リーグホワイトソックスインディアンスアンドリュー・ベニンテンディレンジャーズ雑草魂ダルビッシュ有秋山翔吾イチロー伝説イチローIchiro30003000本安打阪神タイガースNPB高校野球甲子園レッズアンソニー・レンドンゲリット・コール薬物問題ブルージェイズ東日本大震災日本映画映画情報トミー・ジョン手術負傷者リスト黒田博樹松井秀喜岩隈久志野茂英雄野球殿堂ドジャースクリス・セールノア・シンダーガードメッツクレイトン・カーショージャンカルロ・スタントン嘉義農林年俸調停プロ野球読売ジャイアンツ長嶋茂雄デレク・ジーター岩村明憲ジャイアンツルール改正二刀流開幕戦アーロン・ジャッジブルワーズクリスチャン・イエリッチ侍ジャパンドミニカ共和国東京オリンピック2020キューバWBC田澤純一ダイヤモンドバックスポスティング・システムパイレーツパ・リーグ野村克也訃報ジェイコブ・デグロムマックス・シャーザーストラスバーグムーキー・ベッツホセ・アルトゥーベ球団人事ジョシュ・ドナルドソンダラス・カイケルアレックス・ロドリゲスマリアーノ・リベラ捕手コディ・ベリンジャー埼玉西武ライオンズ阪神マーリンズマディソン・バムガーナーコーリー・クルーバーサイ・ヤング賞アスレチックスプロスペクトポストシーズンジャッキー・ロビンソンノーラン・アレナドリズ・ホスキンスワールドシリーズ本塁打ピート・アロンゾ新人王ブライス・ハーパー広島東洋カープ防御率北海道日本ハムオールスターゲームエドウィン・エンカーナシオンマイルズ・マイコラス福岡ソフトバンク奪三振マイルストーンNFL開幕投手マニー・マチャドエリック・ホズマーダルビッシュエイドリアン・ベルトレ日米野球ヤディアー・モリーナオリックスリグレーフィールド広島カープ中後悠平奪三振記録デビット・オルティーズノーヒットノーラン川﨑宗則青木宣親バスター・ポージーカルロス・コレア牧田和久東北楽天タイトル争い近鉄バファローズ松坂大輔広島連勝記録王貞治ルーキーウェーバー公示KBOヤクルトフェンウェイパークWBC2017プエルトリコ球辞苑和田毅大学野球ホセ・フェルナンデスBCリーグ優勝マジック川崎宗則藤川球児福島ホープス江夏の21球山際淳司

ブログランキング



カレンダー/月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


QRコード

QR

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリークラウド