全米が驚愕!2WAY大谷翔平が全て空振り12奪三振で7回完封



大谷の登板を早朝から見守った野球ファンも多かったに違いない。祈るような思いで23歳右腕の2戦目を観ていたが、アスレチックスの7回の攻撃までパーフェクトの内容で、44,742人の観客を熱狂させた。

7回を投げて1安打1四球12奪三振、無失点。6回終了時点では完全試合をしていた。

観客が湧いたのは91球中、25も奪った空振りで、12奪三振も全てスイングアウトによるものだったことだ。これだけ分かりやすいパフォーマンスを見せつけられたら、たとえルールを知らなくても、初めて観た人でも誰が優位にゲームをしていることが分かるというものだ。


野球ファンならご存知だと思うが、MLBでは2014年から導入されたStatcastというトラッキングシステムを活用してデータを習得し、数値化・可視化している。(ミサイル追尾用に開発された軍事システムの転用)

それによれば、大谷の第1戦でのフォーシームは、スピンレート(回転数/分)2219。これは平均的な数値で、マックス・シャーザーやダルビッシュ有のように2500回転を超える程ではない。

軌道も右に20.4センチ、縦は39センチで平均的だったという。


大谷翔平


では、どうして、あの圧巻の「奪三振ショー」を演出できたのか。それは、スプリットとフォーシームの軌道が同一で見きわめにくいからだという。

打者からすればコミットポイントまで同じで、そこから変化するのでバットが回ってしまう。スプリングトレーニングでは、球速160キロは出ても動かないから捉えられると言われた大谷のフォーシームは、同一軌道のスプリットとセットになって威力を増す。

野茂英雄の時もそうだった。1年目はシーズン236三振を奪った。ただ、野茂よりもフォーシームに球速がある分だけ、打者からすれば、スプリットを待っていれば「差し込まれる」という恐怖がある。これは厄介なことだろう。

注文を付けるとすれば、4回の先頭打者に投じた68.5マイルのカーブをもっと使って欲しい気がするが、これは今後の楽しみにしたい。

さらに、投球内容を見てみると91球(ストライク59球)のうち、23人の打者に対して(初球に手を出して凡打した2人を含めて)15人から初球ストライクを奪っている。

この初球ストライクは、マイナー時代からレクチャーされる基本的なメジャーのセオリー。

もちろん、ど真ん中に投げて痛打されれば意味はない事は言うまでもないが、「打たれないで初球ストライク」を奪う技術は、球数制限の厳しいメジャーでは、大事なポイント。仮に23人の全員にボールから入れば23球の球数(約1イニング分)を無駄に費やすことになる。

メジャーでは、6回3失点ならクオリティスタートで先発ローテーション投手だが、5回3失点ならマイナー行きという世界だからだ。

大谷も試合後のインタビューで「ストライクの先行」を好投のポイントにあげていた。この初球のかけ引きをメジャーリーグを観戦する上で注目している。これによって勝負にスピード感が出てくるように感じる。

大谷翔平の開幕からのスタッツは、下の公式Twitterを参考にしていただきたい。






 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

プロフィール

ウエダスポーツ

Author:ウエダスポーツ
学生時代に野球とアメリカンフットボールをしていました。
若き日に「江夏の21球」を大阪球場のライトスタンドで観て、鳥肌が立ったのを覚えています。
スポーツ系専門誌の記者をしていましたので、好きなMLBやプロ野球を中心に筋書きのないドラマ《ベースボール》の魅力を発信しています。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

右クリック禁止














↓応援クリックお願い致します↓



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村





TAG LIST タグリスト

大谷翔平MLBメジャーリーグジョー・マドン監督エンゼルス新型コロナウイルスFA契約情報移籍情報トレードロッキーズナ・リーグナショナルズ戦力分析大谷翔平エンゼルス開幕投手アストロズジャスティン・バーランダーフィリーズMLBPAリリーバークローザーレッドソックスマリナーズボストンマラソン上原浩治佐々木主浩MLBドラフトタイガースパドレスクリス・ブライアントカブスアンソニー・リゾフリーエージェントヤンキースカージナルス田中将大山口俊筒香嘉智レイズアルバート・プホルスマイク・トラウトア・リーグロイヤルズツインズインディアンスホワイトソックスアンドリュー・ベニンテンディオリオールズレンジャーズ雑草魂ダルビッシュ有秋山翔吾前田健太イチロー伝説イチローIchiro30003000本安打NPB阪神タイガース甲子園高校野球レッズゲリット・コールアンソニー・レンドン薬物問題ブルージェイズブレーブスマ―セル・オズーナロナルド・アクーニャJr.東日本大震災映画情報日本映画負傷者リストトミー・ジョン手術野茂英雄松井秀喜黒田博樹岩隈久志野球殿堂ドジャースクリス・セールノア・シンダーガードアロルディス・チャップマンケンリー・ジャンセンメッツクレイトン・カーショージャンカルロ・スタントン嘉義農林年俸調停プロ野球長嶋茂雄読売ジャイアンツデレク・ジーター岩村明憲ジャイアンツルール改正二刀流開幕戦菊池雄星平野佳寿アーロン・ジャッジブルワーズクリスチャン・イエリッチ東京オリンピック2020侍ジャパンドミニカ共和国キューバWBC田澤純一ダイヤモンドバックスポスティング・システムパイレーツ訃報野村克也パ・リーグジェイコブ・デグロムストラスバーグマックス・シャーザームーキー・ベッツヤシエル・プイーグホセ・アルトゥーベ球団人事ジョシュ・ドナルドソンダラス・カイケルアレックス・ロドリゲスマリアーノ・リベラ捕手コディ・ベリンジャー埼玉西武ライオンズ阪神マーリンズマディソン・バムガーナーコーリー・クルーバーサイ・ヤング賞アスレチックスプロスペクトポストシーズンジャッキー・ロビンソンノーラン・アレナドリズ・ホスキンスワールドシリーズ本塁打ピート・アロンゾ新人王ブライス・ハーパー広島東洋カープ防御率北海道日本ハムオールスターゲームエドウィン・エンカーナシオンマイルズ・マイコラス福岡ソフトバンク奪三振マイルストーンNFL開幕投手マニー・マチャドエリック・ホズマーダルビッシュエイドリアン・ベルトレ日米野球ヤディアー・モリーナオリックスリグレーフィールド広島カープ中後悠平奪三振記録デビット・オルティーズノーヒットノーラン川﨑宗則青木宣親バスター・ポージーカルロス・コレア牧田和久東北楽天タイトル争い近鉄バファローズ松坂大輔広島連勝記録王貞治ルーキーウェーバー公示KBOヤクルトフェンウェイパークWBC2017プエルトリコ球辞苑和田毅大学野球ホセ・フェルナンデスBCリーグ優勝マジック川崎宗則藤川球児福島ホープス江夏の21球山際淳司

ブログランキング



カレンダー/月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


QRコード

QR

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリークラウド