侍ジャパン、アメリカ精鋭“中継ぎ職人”たちの前に沈む

 

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表「侍ジャパン」は現地時間21日、準決勝のアメリカ戦に1対2と敗れた。

勝負を分けたのは日本の小さなミスだった。しかし、ここ一番の決戦ではそれが命取りになることはよくあるパターン。

アメリカの名将リーランド監督も「(大事な場面で)私たちはバットにボールを当てることができた。(サードの松田が)ボールを弾くというミスを犯し、それに付け込むことができた」と試合後の会見で語り、特に8回の松田のプレイをポイントとして挙げていた。

それは、直接的には誰が見てもそうに違いない。


WBC2017


しかし、アメリカ勝利のファクターは、ブルペンにパワーポイントを置いたアメリカ代表チームの投手編成にある。先発は、選ばれてない投手の方が年俸20億円を超える凄い投手達がたくさんいるのも事実だが、ブルペン陣は精鋭が名を連ねた。

先発のタナー・ロアーク以降にでてきた投手は、ネイト・ジョーンズ、アンドリュー・ミラー、サム・ダイソン、マーク・マランソン、パット・ニシェク、ルーク・グレガーソンまで、それぞれメジャーで実績を積んできた中継ぎのスペシャリストばかり。各チームの守護神やそれにつなぐセットアッパーたちが惜しげもなく顔をそろえた。

対戦した侍ジャパンの主軸・中田翔は、「(メジャーの力を)一番感じたのは動くボール。正直あそこまで動くボールを投げるピッチャーは日本にいないですから、そこに手こずった」とコメントしている。

同じストレート系でも、打者の手元でボールを動かして芯を外すツーシームに手も足も出なかったという印象がある。

同じリリースポイントから、フォーシーム、ツーシーム、カットボールを投げ分けてくるのがメジャーの一流と言われる投手たちだ。

配球率を見るとよくわかるが、フォーシーム(ストレート)より、ツーシームが多いというのがトレンド。スピードガンの球速よりもスピン量(回転数)を重視した変化球大国になっている。

日本の8回の攻撃。2死一、二塁での筒香のあの打席。変則投手パット・ニシェクが投げた2ストライク1ボールからの4球目のチェンジアップを、侍の4番が捉えたように見えた、いい角度で打球はライトへ飛んで行ったが、まさかの失速。

ボールの下をこすった打球だった。というより微妙に芯を外されていたのだろう、日本中の期待を裏切る形で右翼手マカッチェンのグラブに収まった。

4安打に抑えられた侍打線。しかし、侍投手陣は踏ん張った。見ていて気持ちよかった。韓国、台湾が凋落している中で、日本の4強入りは胸を張っていい結果といえる。





関連記事

プロフィール

ウエダスポーツ

Author:ウエダスポーツ
学生時代に野球とアメリカンフットボールをしていました。
若き日に「江夏の21球」を大阪球場のライトスタンドで観て、鳥肌が立ったのを覚えています。
スポーツ系専門誌の記者をしていましたので、好きなMLBやプロ野球を中心に筋書きのないドラマ《ベースボール》の魅力を発信しています。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

右クリック禁止














↓応援クリックお願い致します↓



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村





TAG LIST タグリスト

マリナーズ移籍情報契約情報トレードFAフリーエージェントMLBメジャーリーグMLBPA大谷翔平アルバート・プホルスマイク・トラウトエンゼルスジョー・マドン監督レイズ新型コロナウイルスインディアンスア・リーグタイガースロイヤルズホワイトソックスツインズアンドリュー・ベニンテンディレンジャーズ雑草魂オリオールズレッドソックス上原浩治ダルビッシュ有筒香嘉智前田健太田中将大秋山翔吾Ichiro3000イチロー伝説イチロー3000本安打阪神タイガースNPB甲子園高校野球MLBドラフトナ・リーグアストロズフィリーズアンソニー・リゾクリス・ブライアントカブス戦力分析ナショナルズレッズアンソニー・レンドンゲリット・コール薬物問題山口俊ブルージェイズブレーブスロナルド・アクーニャJr.マ―セル・オズーナ映画情報東日本大震災日本映画クローザー負傷者リストトミー・ジョン手術ジャスティン・バーランダー野茂英雄岩隈久志黒田博樹松井秀喜野球殿堂カージナルスヤンキースドジャースクリス・セールノア・シンダーガードケンリー・ジャンセンアロルディス・チャップマンリリーバーメッツクレイトン・カーショージャンカルロ・スタントン嘉義農林年俸調停プロ野球読売ジャイアンツ長嶋茂雄岩村明憲デレク・ジータージャイアンツルール改正二刀流開幕戦平野佳寿菊池雄星アーロン・ジャッジブルワーズクリスチャン・イエリッチ侍ジャパン東京オリンピック2020キューバドミニカ共和国WBC田澤純一ダイヤモンドバックスポスティング・システムパイレーツパ・リーグ訃報野村克也ストラスバーグジェイコブ・デグロムマックス・シャーザームーキー・ベッツヤシエル・プイーグホセ・アルトゥーベ球団人事ロッキーズジョシュ・ドナルドソンダラス・カイケルアレックス・ロドリゲスマリアーノ・リベラ捕手コディ・ベリンジャー埼玉西武ライオンズパドレス阪神マーリンズマディソン・バムガーナーサイ・ヤング賞コーリー・クルーバーアスレチックスプロスペクトポストシーズンジャッキー・ロビンソンノーラン・アレナドリズ・ホスキンスワールドシリーズ本塁打ピート・アロンゾ新人王ブライス・ハーパー防御率広島東洋カープ北海道日本ハムオールスターゲームエドウィン・エンカーナシオンマイルズ・マイコラス福岡ソフトバンク奪三振マイルストーンNFL開幕投手エリック・ホズマーマニー・マチャドダルビッシュエイドリアン・ベルトレ日米野球ヤディアー・モリーナオリックスリグレーフィールド広島カープ中後悠平奪三振記録デビット・オルティーズノーヒットノーラン川﨑宗則青木宣親バスター・ポージーカルロス・コレア牧田和久東北楽天タイトル争い近鉄バファローズ松坂大輔広島連勝記録王貞治ルーキーウェーバー公示KBOヤクルトフェンウェイパークWBC2017プエルトリコ球辞苑和田毅大学野球ホセ・フェルナンデスBCリーグ優勝マジックボストンマラソン川崎宗則藤川球児福島ホープス山際淳司江夏の21球

ブログランキング



カレンダー/月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2020年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


QRコード

QR

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリークラウド