難航しているMLB労使協定の焦点は?FAやトレードなどチーム編成に影響



 MLB機構と選手会は、4年ごとに更新する新しい労使協定(CBA)の締結に向けて協議を重ねているが、15年に就任したロブ・マンフレッド・コミッショナーのもとで、協議は難航しているようだ。

現行の協定が失効するのが12月1日で、新協定がまとまらない場合には、オーナー側がロックアウトも辞さない構えだという。


今回のCBAの焦点は、

①ぜいたく税の基準(上限)

2016年のぜいたく税の基準は1億8900万ドルで、これを超過したチームはぜいたく税を支払うことになる。年俸総額がすでに大きいチームは、この基準ラインをにらみながら、年俸総額を調整しながら補強を行うことになる。

長期契約の大物選手を抱える球団や年俸調停の選手が多い球団など、その固定額や増加分を計算に入れながらやりくりしなければならない。

もちろん球団によってマーケットの大きさが違い予算額も違うが、ぜいたく税の上限が決まらないとFAでの選手獲得、それに伴うトレードに影響が出る。インパクトのある大型契約が決まらないのもその影響によるものが多い。

②クオリファイング・オファーによるドラフト指名権の譲渡(喪失)規定。

この規定は、Qオファーを拒否したFA選手と契約したチームは上位ドラフト指名権を失うという、これまで選手にとって足かせにしかならなかった条件の撤廃。ちなみに、シーズン途中に移籍した選手はこれにあたらない。

その代わりとして、インターナショナル・ドラフトの導入を要求している。選手会側は、これに反発しているという。

③分かりやすいところだとロースターサイズを25人から26人に増やす提案。アクティブを26人にするかどうか?


そのほか、シーズン日程の期間調整や細かい改正などがあり、CBAが合意に至らず、オーナー側がロックアウトを実施すれば、1990年2月以来26年ぶりの出来事らしい。

G20151001011240470_view.jpg


 MLBを90億ドルのスポーツ産業に成長させた前コミッショナー、バド・セリグ氏の後を継いで、2015年に第10代MLBコミッショナーに就任したロブ・マンフレッド(写真上)。セリグ氏のもとで1998年に副会長に就任し、任期中は労使関係や選手問題に携わった。

 選手会とは3度の労使交渉で合意に成功し、シーズン中にストライキが決行される事態をすべて回避した。彼が導入した現行のMLB薬物検査は、スポーツ界で最も厳格な政策の一つとされているが、今回のCBAは新コミッショナーの手腕が問われる。

 ロックアウトになれば、あらゆる活動が停止するため、FA契約やトレード移籍、ウィンターミーティングの開催にも影響が出ることになる。


にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

プロフィール

ウエダスポーツ

Author:ウエダスポーツ
学生時代に野球とアメリカンフットボールをしていました。
若き日に「江夏の21球」を大阪球場のライトスタンドで観て、鳥肌が立ったのを覚えています。
スポーツ系専門誌の記者をしていましたので、好きなMLBやプロ野球を中心に筋書きのないドラマ《ベースボール》の魅力を発信しています。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

右クリック禁止














↓応援クリックお願い致します↓



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村





TAG LIST タグリスト

移籍情報FAナショナルズナ・リーグ契約情報トレード戦力分析大谷翔平エンゼルス開幕投手メジャーリーグMLB新型コロナウイルスフィリーズMLBPAクローザーリリーバーマリナーズボストンマラソン上原浩治レッドソックス佐々木主浩MLBドラフトタイガースパドレスクリス・ブライアントカブスアンソニー・リゾフリーエージェントヤンキースカージナルスアストロズ田中将大山口俊筒香嘉智レイズアルバート・プホルスマイク・トラウトジョー・マドン監督大谷翔平エンゼルスインディアンスツインズロイヤルズホワイトソックスア・リーグアンドリュー・ベニンテンディ雑草魂オリオールズレンジャーズ秋山翔吾前田健太ダルビッシュ有イチロー伝説イチローIchiro30003000本安打NPB阪神タイガース高校野球甲子園レッズゲリット・コールアンソニー・レンドン薬物問題ブルージェイズマ―セル・オズーナブレーブスロナルド・アクーニャJr.映画情報東日本大震災日本映画負傷者リストトミー・ジョン手術ジャスティン・バーランダー野茂英雄黒田博樹松井秀喜岩隈久志野球殿堂ドジャースクリス・セールノア・シンダーガードアロルディス・チャップマンケンリー・ジャンセンメッツクレイトン・カーショージャンカルロ・スタントン嘉義農林年俸調停プロ野球読売ジャイアンツ長嶋茂雄岩村明憲デレク・ジータージャイアンツ二刀流ルール改正開幕戦平野佳寿菊池雄星アーロン・ジャッジクリスチャン・イエリッチブルワーズ東京オリンピック2020キューバ侍ジャパンドミニカ共和国WBC田澤純一ダイヤモンドバックスポスティング・システムパイレーツ訃報野村克也パ・リーグマックス・シャーザーストラスバーグジェイコブ・デグロムムーキー・ベッツヤシエル・プイーグホセ・アルトゥーベ球団人事ロッキーズジョシュ・ドナルドソンダラス・カイケルアレックス・ロドリゲスマリアーノ・リベラ捕手コディ・ベリンジャー埼玉西武ライオンズ阪神マーリンズマディソン・バムガーナーコーリー・クルーバーサイ・ヤング賞アスレチックスプロスペクトポストシーズンジャッキー・ロビンソンノーラン・アレナドリズ・ホスキンスワールドシリーズ本塁打ピート・アロンゾ新人王ブライス・ハーパー広島東洋カープ防御率北海道日本ハムオールスターゲームエドウィン・エンカーナシオンマイルズ・マイコラス福岡ソフトバンク奪三振マイルストーンNFL開幕投手マニー・マチャドエリック・ホズマーダルビッシュエイドリアン・ベルトレ日米野球ヤディアー・モリーナオリックスリグレーフィールド広島カープ中後悠平奪三振記録デビット・オルティーズノーヒットノーラン川﨑宗則青木宣親バスター・ポージーカルロス・コレア牧田和久東北楽天タイトル争い近鉄バファローズ松坂大輔広島連勝記録王貞治ルーキーウェーバー公示KBOヤクルトフェンウェイパークWBC2017プエルトリコ球辞苑和田毅大学野球ホセ・フェルナンデスBCリーグ優勝マジック川崎宗則藤川球児福島ホープス江夏の21球山際淳司

ブログランキング



カレンダー/月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


QRコード

QR

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリークラウド