メジャーリーグで本塁打数が急増した理由 年間20本以上が111人




 今季のメジャーリーグ(MLB)で、年間20本以上の本塁打を記録した打者は111人。昨年は64人。年間20本塁打が100人以上出たのは1999年103人、2000年の102人以来。

1990年代後半から2000年代前半のステロイド時代を彷彿させるような本塁打数の増加だ。

  • 2016年 111人
  • 2015年 64人
  • 2014年 57人
  • 2013年 70人
  • 2012年 79人
  • 2011年 68人
  • 2010年 76人
  • 2009年 87人
  • 2008年 92人
  • 2007年 86人
  • 2006年 91人
  • 2005年 78人
  • 2004年 93人
  • 2003年 86人 


とは言え、以前に何度かあった「クスリ」(禁止薬物)の使用による増加でもなさそうだ。


MLBで本格的なドーピング検査と薬物使用の罰則が課せられるようになったのは2004年のシーズン以降。

2003年には「バルコ・スキャンダル」があった。米国の栄養補助食品会社のバルコが多くのスポーツ選手に禁止薬物を提供していた事実が発覚。

同社の顧客リストにサンフランシスコ・ジャイアンツで通算762本塁打の世界記録をマークしたバリー・ボンズ氏ら複数の大物メジャーリーガーの名前が含まれていたことで米国では社会問題にまで発展した。



img_bd030c7c4e0108a01be52dbfb031276022616.jpg
マーク・マクガイヤー

 
2度目の激震が走ったのは、2007年の「ミッチェル・リポート」。その報告書ではボンズ氏やロジャー・クレメンス氏(元ヤンキースなど)、アンディ・ペティット氏(ヤンキース)ら89人のプレーヤーが実名で挙げられた。

薬物の検査方法も厳格化され、2013年からはレギュラーシーズン中でも尿検査だけでなく、HGHを摘発するために抜き打ちの血液検査が実施されるようになった。

というのも、このブログでも何度か紹介したが、Aロッドことアレックス・ロドリゲス(ヤンキース)やライアン・ブラウン(ブルワーズ)、メルキー・カブレラ(ブルージェイズ)ら複数のスター選手がフロリダ州マイアミのアンチエイジング専門クリニック「バイオジェネシス」から禁止薬物(HGH)の提供を受けていた疑惑が2013年2月に浮上、いわゆる「マイアミスキャンダル」だ。

blog_import_54ca761bb8a09.jpg


こうした経緯で、禁止薬物に対する監視や制裁は厳しく、今季の本塁打数の増加はこれとは関係ないと見たい。


では、なぜ激増したのか?


今季の本塁打数増加は、「飛ぶボールが」が影響しているのではないか、という噂が広がっている。2015年後半戦から総本塁打数が増えた。

メジャーリーグ機構は否定しているが反発係数がわずかながら増し、縫い目の高さが低くなり、より完全な球形になっているという報告もある。

これも統一球なら全選手が条件は同じで、数字がものを言うプロスポーツの世界では、否定論は出にくい。(投手は嫌がるかもしれないが)



打撃スタイルの変化もある。Fangraphsの複数のライターが「フライボール・レボリューション」という新しい理論を紹介している。

 その他の原因としてスポーツ雑誌には、カットボールの流行や速球派のパワーピッチャーに打者が対応してきているなどの理由を挙げていた。

確かに精度の悪いカットボールは、打者にとっては絶好球。100マイル時代のMLBで打者にとっては、95マイル(約153キロ)程度なら、多少早い4シームで、当たればよく飛ぶ球種かもしれない。

 パークファクターも影響しているかもしれない。来季、アストロズが本拠地球場「ミニッツメードパーク」のセンターフィールド付近の改装工事を発表した。あの国旗を掲げてるポールと「タルの丘」は削られて132.9メートルから125メートル程度にスッキリする。

イチロー所属のMIAマーリンズの本拠地も昨年オフに改装して左中間を前に出した。たしか、SEAマリナーズのセーフィコフィールドも数年前に左中間が大幅に狭くなった。

これらのボールパークは、「投手天国」といわれ打者にとっては不利とされていた。こうしたファクターが複合的に作用して本塁打数が増えたのかもしれない。




にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ  








この記事は10月12日の記事に加筆した再ポストです。
関連記事

プロフィール

ウエダスポーツ

Author:ウエダスポーツ
脳梗塞と闘いながら執筆中。
若き日に「江夏の21球」を大阪球場のライトスタンドで観て、鳥肌が立ったのを覚えています。
スポーツ系専門誌の記者をしていましたので、好きなMLBやプロ野球を中心に筋書きのないドラマ《ベースボール》の魅力を発信しています。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

右クリック禁止














↓応援クリックお願い致します↓



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村





TAG LIST タグリスト

クローザー新型コロナウイルスドジャーズヤンキースアロルディス・チャップマンケンリー・ジャンセン菊池雄星平野佳寿アストロズメジャーリーグエンゼルスマリナーズMLBオリオールズヤシエル・プイーグ前田健太ツインズ大谷翔平ジョー・マドン監督トレードFA契約情報移籍情報ロッキーズナ・リーグ戦力分析ナショナルズ大谷翔平エンゼルス開幕投手ジャスティン・バーランダーフィリーズMLBPAリリーバーボストンマラソン佐々木主浩レッドソックス上原浩治MLBドラフトタイガースパドレスカブスクリス・ブライアントアンソニー・リゾフリーエージェントカージナルスレイズ山口俊田中将大筒香嘉智マイク・トラウトアルバート・プホルスア・リーグホワイトソックスロイヤルズインディアンスアンドリュー・ベニンテンディ雑草魂レンジャーズ秋山翔吾ダルビッシュ有Ichiro30003000本安打イチローイチロー伝説阪神タイガースNPB高校野球甲子園レッズアンソニー・レンドンゲリット・コール薬物問題ブルージェイズマ―セル・オズーナブレーブスロナルド・アクーニャJr.東日本大震災映画情報日本映画負傷者リストトミー・ジョン手術松井秀喜黒田博樹岩隈久志野茂英雄野球殿堂ドジャースクリス・セールノア・シンダーガードメッツクレイトン・カーショージャンカルロ・スタントン嘉義農林年俸調停プロ野球読売ジャイアンツ長嶋茂雄デレク・ジーター岩村明憲ジャイアンツ二刀流ルール改正開幕戦アーロン・ジャッジブルワーズクリスチャン・イエリッチ侍ジャパンドミニカ共和国東京オリンピック2020キューバWBC田澤純一ダイヤモンドバックスポスティング・システムパイレーツパ・リーグ野村克也訃報ジェイコブ・デグロムマックス・シャーザーストラスバーグムーキー・ベッツホセ・アルトゥーベ球団人事ジョシュ・ドナルドソンダラス・カイケルアレックス・ロドリゲスマリアーノ・リベラ捕手コディ・ベリンジャー埼玉西武ライオンズ阪神マーリンズマディソン・バムガーナーコーリー・クルーバーサイ・ヤング賞アスレチックスプロスペクトポストシーズンジャッキー・ロビンソンノーラン・アレナドリズ・ホスキンスワールドシリーズ本塁打ピート・アロンゾ新人王ブライス・ハーパー広島東洋カープ防御率北海道日本ハムオールスターゲームエドウィン・エンカーナシオンマイルズ・マイコラス福岡ソフトバンク奪三振マイルストーンNFL開幕投手マニー・マチャドエリック・ホズマーダルビッシュエイドリアン・ベルトレ日米野球ヤディアー・モリーナオリックスリグレーフィールド広島カープ中後悠平奪三振記録デビット・オルティーズノーヒットノーラン川﨑宗則青木宣親バスター・ポージーカルロス・コレア牧田和久東北楽天タイトル争い近鉄バファローズ松坂大輔広島連勝記録王貞治ルーキーウェーバー公示KBOヤクルトフェンウェイパークWBC2017プエルトリコ球辞苑和田毅大学野球ホセ・フェルナンデスBCリーグ優勝マジック川崎宗則藤川球児福島ホープス江夏の21球山際淳司

ブログランキング



カレンダー/月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


QRコード

QR

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリークラウド