• MLB2020 レイズ戦力分析① 課題は破壊力と新クローザー
    レイズ戦力分析① 以前にも紹介したタンパベイ・レイズ。今季、筒香嘉智の加入でどんな編成になるのか?日本のメジャーファンからすれば注目のチームだろう。 スモール・バジェットのチーム故に補強に大金をつぎ込むことはないが、それでも昨年は96勝66敗の東部地区2位で13年以来のポストシーズン進出を果たした。15年から監督を務めるケビン・キャッシュのもと「オープナー」などの新戦術でヤンキース、レッドソックスの2強に挑... 続きを読む
  • MLB2020 ブルージェイズ戦力分析  柳、山口ら先発ローテを積極補強
    柳賢振、山口俊ら先発補強が目立ったブルージェイズ日本人選手の所属チームを中心に個人的に気になるチームの2020年の編成状況を紹介していきたい。チームによっては今後、若干の追加補強や故障離脱による補強などが行われる。ブルージェイズはBP「PECOTA」システムによる地区の順位予想が77勝85敗の地区4位で、67勝だった昨年よりは10勝プラスの予想が出ている。ブルージェイズのおもな補強 【投手】リュ・ヒョンジン(柳賢振 FA... 続きを読む
  • MLB2020 エンゼルス戦力分析 大谷が開幕投手の可能性
      開幕は大幅に遅れそうだが、ここでは日本人選手の所属チームを中心に個人的に気になるチームの2020年の編成状況を紹介していきたい。 エンゼルスのここまでの補強 【先発】 フリオ・テーラン FA/1年900万ドル ディラン・バンディ トレード/1年500万ドル 【ブルペン】 マット・アンドリース トレード/1年139万5000ドル 【捕手】 ジェイソン・カストロ FA/1年685万ドル 【野手】 アンソニー・レンドン FA/7年2億4500万... 続きを読む
  • MLB2020 ブレーブス戦力分析② 積極補強で狙うのはWS
    ナ・リーグ東部地区で再建途上にありながらもプロスペクトの台頭とベテランの融合で地区2連覇中のブレーブス。17年にアトランタ郊外に新球場が完成したこともあり、今、最もノリのいいチームだ。昨日の投手力に続いて打撃力の戦力分析をしたい。Baseball Prospectus(BP)の「PECOTA」システムによる順位予想では、昨年はナショナルズから4位予想のブレーブスまで4ゲーム差という混戦予想だった。結果はブレーブスが優勝、2位ナッ... 続きを読む
  • MLB2020 ブレーブス戦力分析① 実績あるブルペンが強み
    ナ・リーグ東部地区で再建途上にありながらもプロスペクトの台頭とベテランの融合で地区2連覇中のブレーブス。17年にアトランタ郊外に新球場が完成したこともあり、今、最もノリのいいチームだ。Baseball Prospectus(BP)の「PECOTA」システムによる順位予想では、昨年はナショナルズから4位予想のブレーブスまで4ゲーム差という混戦予想だった。結果はブレーブスが優勝、2位ナッツ、3位メッツ、4位フィリーズだった。今季は3チー... 続きを読む
  • 「サイン盗み疑惑」 Rソックスには担当者1名職務停止とドラフト指名権剥奪
     メジャーリーグ機構(MLB)は現地22日(日本時間26日)、ワールドシリーズを制覇した2018年にサイン盗み疑惑が浮上していたレッドソックスの調査結果を発表している。ニューヨーク共同が伝えたところによるとMLBはレッドソックスがレギュラーシーズンで映像機器を使った不正行為があったと断定した。 これに伴いMLBは処分を発表。今季のドラフト会議の2巡目指名権の剥奪、主導的な役割を果たしたとしてビデオリプレイシステムの... 続きを読む
  • 作業員たちの決死の物語!映画『Fukushima 50』ネット配信スタート
      事故と戦い、東電本社、官邸(民主党政権)と戦った 作業員たちの決死の物語    「俺が死んだらお前が来い」という覚悟を決めた名もなき日本人たちの死ぬ順番を描いた壮絶な実話を映画化!     これは天災か? それとも最悪の政権の下で起きた人災か!?   『Fukushima 50』は4月17日より配信開始!         フクシマ50(英語: Fukushima 50)とは、2011年(平成23年)... 続きを読む
  • 現時点で最強のクローザーは誰だ!?クローザーランキング2020
    クローザーランキング2020新型コロナウイルスの感染拡大でシーズン開幕も読めないメジャーリーグだが、昨年の数字をもとにしたクローザーのランキングを紹介したい。下記のランキングはMLB公式サイトが格付けしたクローザーのランキングだが、それと「RosterResource.com」に掲載されたリリーバーランキング「CLOSER DEPTH CHART 2020」(赤字で表示)を比べてみると面白い。1位のブルワーズのヘイダーと2位のパドレスのイエーツは... 続きを読む
  • MLB公式サイトが選んだ20年オフのFA選手トップ20
    新型コロナウイルスの感染拡大を受けて大幅に開幕が遅れそうなメジャーリーグ。現地3月26日(日本時間27日)、メジャーリーグ機構(MLB)とメジャーリーグ選手会(MLBPA)はサービスタイム(MLS)の扱いなど、様々な項目について合意。短縮シーズンとなることは確実だが、仮に80試合に短縮されたとしてもアクティブ・ロースターまたは故障者リストに登録された選手は、通常の1年分に相当するサービスタイムを得られることになった... 続きを読む
  • 開幕延期で逆に開幕に間に合いそうな選手たち PART2
    レッドソックスのマクヒューも間に合いそう37歳のベテラン投手ジャスティン・バーランダー(アストロズ)が右股関節の手術から復帰して投球練習を再開した。タイガースの2016年ア・リーグ新人王マイケル・フルマー投手もトミー・ジョン手術から復帰して開幕が間に合いそうな状況だ。「開幕延期で逆に開幕に間に合いそうな選手たち」というタイトルで、この2人のことは紹介したが、レッドソックスのコリン・マクヒューとアレックス... 続きを読む
  • MLB2020 開幕延期で逆に開幕に間に合いそうな選手たち
    当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。 Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.バーランダー(アストロズ)が投球練習再開 昨季、8年ぶり2度目の「サイ・ヤング賞」を受賞した37歳の剛腕ジャスティン・バーランダーが右股関節手術を受けた。 2月26日(日本... 続きを読む
  • MLB『ジャッキー ロビンソン デー』人種差別の根絶を啓蒙する日
    4月15日と背番号「42」 歴史の浅いアメリカでは、だからこそ記念日を大切にする傾向がある。 アメリカのスポーツシーンを語る上で、この日を忘れることは出来ないが、単なるメジャーリーガーの功績を讃えるような記念日ではない。 背番号『42』は永久欠番 ジャッキー・ロビンソン(1919年~1972年)。背番号42番を付けていた選手だ。映画にもなったのでメジャーリーグファン以外でも知る人が多い。 アフリカ系アメリカ人とし... 続きを読む
  • MLB2020 シンシナティ・レッズ戦力分析② ブルペンの脆弱性が問題
    日本人選手の所属チームを中心に個人的に気になるチームの編成状況を紹介しているが、今回はシンシナティ・レッズの第2弾。投手力を中心に紹介したい。メジャーリーグ30球団中、これまで唯一日本人選手が所属したことがなかった球団だが、昨年8月に田澤純一がマイナー契約を結んだ。ただ、田澤のメジャー40人枠への昇格はなかった。 レッズのおもな補強選手 【投手】ウェイド・マイリー(FA)ペドロ・ストロップ(FA)ホセ・デレオ... 続きを読む
  • MLB2020 シンシナティ・レッズ戦力分析① 秋山、ボットーの1,2番コンビに注目
    日本人選手の所属チームを中心に個人的に気になるチームの編成状況を紹介しているが、今回はメジャーリーグ30球団中、これまで唯一日本人選手が所属したことがなかったシンシナティ・レッズにスポットを当てたい。秋山の契約は3年総額2100万ドルで、これに「新人賞」のタイトル獲得で25万ドル、「ゴールドグラブ賞」で10万ドルなどがインセンティブとして付く内容になっている。 レッズのおもな補強選手 【投手】ウェイド・マイリ... 続きを読む
  • ヤンキースの資産は約5400億円 フォーブスがMLB資産ランキング発表
    米経済誌フォーブスが日本時間4月10日、今季のメジャーリーグ球団別資産ランキング(forbes mlb franchise value 2020)を発表。それによるとニューヨーク・ヤンキースがトップを維持している。30球団中28チームの資産価値が上昇しており、ヤンキースは9%アップの総額50億ドル(約5435億円)。2位はロサンゼルス・ドジャースで資産価値34億ドル(約3695億円)。3位はボストン・レッドソックスで33億ドル(約3587億円)。メジャー... 続きを読む
  • MLB2020 トロント・ブルージェイズ戦力分析
    柳、山口ら先発補強が目立ったブルージェイズ 日本人選手の所属チームを中心に個人的に気になるチームの2020年の編成状況を紹介していきたい。チームによっては今後、若干の追加補強や故障離脱による補強などが行われる。 ブルージェイズのおもな補強 【投手】リュ・ヒョンジン(柳賢振 FA)タナー・ロアーク(FA)チェイス・アンダーソン(トレード)山口俊(ポスティング)【野手】トラビス・ショー内野手(FA)ジョー・パニッ... 続きを読む
  • メジャーリーグで今季ブレイクしそうな選手たち
    MLB公式サイトが「1ST prediction for each club. Some are BOLD」というタイトルで各チームのキーマンを予測。その中でエンゼルスからは大谷翔平を選出している。他では、フェルナンド・タティスJr.(パドレス)、ブラディミール・ゲレーロJr.らの2世選手や昨年ブレイクしたケストン・ヒウラなどがピックアップされた。ヒウラは、日系3世で、父親は日系、母親は中国系。ミドルネームは「ナツオ」。8月生まれから由来しているが南... 続きを読む
  • MLB2020 今季は諦めてトミー・ジョン手術を受ける選手たち
     ここでも何度か《IRレポート》と題して紹介したが、新型コロナウイルスの感染拡大により、メジャーリーグはレギュラーシーズンの開始が大幅に遅れている。そのため、有名な選手たちが復帰まで長期間を要するトミー・ジョン手術を受け、この期間を治療に専念しているようだ。 ボストン・レッドソックスの左腕クリス・セールがロサンゼルスのニール・エラトラッシュ博士の執刀でトミー・ジョン手術を受けた。エラトラッシュ医師は... 続きを読む
  • 《リリーフ投手ランキング》 依存度が高まるリリーバーの重要性
    ゲームの行方を左右するリリーバーたちの存在ここでは近年、その依存度が確実に高まっているリリーバーたちのランキングをWARを基準にして出してみた。 ポジション別TOP10 《リリーフ投手編》 データサイト「ファングラフス」のWAR(fWAR)によるランキングだが、「Top 10 Right Now」リリーフ投手TOP10と比較すると興味深い。 リリーフ投手 WARランキング 1位 リアム・ヘンドリックス(アスレチックス) 3.8 2位 カービー... 続きを読む
  • 好投手の共通点「初球ストライク」をとれる制球力
      「初球にストライク」を取れる制球力 以前にも紹介した好投手の共通点。それは、100マイルを超える快速球でもなければ、カットボールでもない。低めにボールを動かす投球術でもない。最大の特徴は、毎試合、彼らを観察すれば見えてくる。 制球力の大切さは、どのテキストを読んでも書かれているし、多くの野球評論家が「制球力」の大切さを強調する。その中でも好投手を観察すると「初球ストライク」を取れる制球力が際... 続きを読む

プロフィール

ウエダスポーツ

Author:ウエダスポーツ
学生時代に野球とアメリカンフットボールをしていました。
若き日に「江夏の21球」を大阪球場のライトスタンドで観て、鳥肌が立ったのを覚えています。
スポーツ系専門誌の記者をしていましたので、好きなMLBやプロ野球を中心に筋書きのないドラマ《ベースボール》の魅力を発信しています。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

右クリック禁止












↓応援クリックお願い致します↓



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村





TAG LIST タグリスト

マリナーズ移籍情報契約情報トレードFAフリーエージェントMLBメジャーリーグMLBPA大谷翔平アルバート・プホルスマイク・トラウトエンゼルスジョー・マドン監督レイズ新型コロナウイルスインディアンスア・リーグタイガースロイヤルズホワイトソックスツインズアンドリュー・ベニンテンディレンジャーズ雑草魂オリオールズレッドソックス上原浩治ダルビッシュ有筒香嘉智前田健太田中将大秋山翔吾Ichiro3000イチロー伝説イチロー3000本安打阪神タイガースNPB甲子園高校野球MLBドラフトナ・リーグアストロズフィリーズアンソニー・リゾクリス・ブライアントカブス戦力分析ナショナルズレッズアンソニー・レンドンゲリット・コール薬物問題山口俊ブルージェイズブレーブスロナルド・アクーニャJr.マ―セル・オズーナ映画情報東日本大震災日本映画クローザー負傷者リストトミー・ジョン手術ジャスティン・バーランダー野茂英雄岩隈久志黒田博樹松井秀喜野球殿堂カージナルスヤンキースドジャースクリス・セールノア・シンダーガードケンリー・ジャンセンアロルディス・チャップマンリリーバーメッツクレイトン・カーショージャンカルロ・スタントン嘉義農林年俸調停プロ野球読売ジャイアンツ長嶋茂雄岩村明憲デレク・ジータージャイアンツルール改正二刀流開幕戦平野佳寿菊池雄星アーロン・ジャッジブルワーズクリスチャン・イエリッチ侍ジャパン東京オリンピック2020キューバドミニカ共和国WBC田澤純一ダイヤモンドバックスポスティング・システムパイレーツパ・リーグ訃報野村克也ストラスバーグジェイコブ・デグロムマックス・シャーザームーキー・ベッツヤシエル・プイーグホセ・アルトゥーベ球団人事ロッキーズジョシュ・ドナルドソンダラス・カイケルアレックス・ロドリゲスマリアーノ・リベラ捕手コディ・ベリンジャー埼玉西武ライオンズパドレス阪神マーリンズマディソン・バムガーナーサイ・ヤング賞コーリー・クルーバーアスレチックスプロスペクトポストシーズンジャッキー・ロビンソンノーラン・アレナドリズ・ホスキンスワールドシリーズ本塁打ピート・アロンゾ新人王ブライス・ハーパー防御率広島東洋カープ北海道日本ハムオールスターゲームエドウィン・エンカーナシオンマイルズ・マイコラス福岡ソフトバンク奪三振マイルストーンNFL開幕投手エリック・ホズマーマニー・マチャドダルビッシュエイドリアン・ベルトレ日米野球ヤディアー・モリーナオリックスリグレーフィールド広島カープ中後悠平奪三振記録デビット・オルティーズノーヒットノーラン川﨑宗則青木宣親バスター・ポージーカルロス・コレア牧田和久東北楽天タイトル争い近鉄バファローズ松坂大輔広島連勝記録王貞治ルーキーウェーバー公示KBOヤクルトフェンウェイパークWBC2017プエルトリコ球辞苑和田毅大学野球ホセ・フェルナンデスBCリーグ優勝マジックボストンマラソン川崎宗則藤川球児福島ホープス山際淳司江夏の21球

ブログランキング



カレンダー/月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2020年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


QRコード

QR

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリークラウド