• Rソックス、クリス・セールが開幕絶望!先発ローテは?
    ヤンキースの右腕セベリーノのトミー・ジョン手術は、すでに紹介したが、ヤンキースの永遠のライバル球団レッドソックスもエースのクリス・セールが開幕を故障者リスト(IL)で迎える可能性が高い。 レッドソックスのロン・レネキー暫定監督は現地27日、インタビューに答え、インフルエンザと肺炎の影響によって調整が遅れていることを明かした。 レネキーのプランでは、先発ローテーション投手は「レギュラーシーズン開幕までに... 続きを読む
  • MLB2020 ブレーブス戦力分析② 積極補強で3連覇なるか
    ナ・リーグ東部地区で再建途上にありながらもプロスペクトの台頭とベテランの融合で地区2連覇中のブレーブス。17年にアトランタ郊外に新球場が完成したこともあり、今、最もノリのいいチームだ。Baseball Prospectus(BP)の「PECOTA」システムによる順位予想では、昨年はナショナルズから4位予想のブレーブスまで4ゲーム差という混戦予想だった。結果はブレーブスが優勝、2位ナッツ、3位メッツ、4位フィリーズだった。今季は3チー... 続きを読む
  • MLB2020 ブレーブス戦力分析① 実績あるブルペンが強み
    ナ・リーグ東部地区で再建途上にありながらもプロスペクトの台頭とベテランの融合で地区2連覇中のブレーブス。17年にアトランタ郊外に新球場が完成したこともあり、今、最もノリのいいチームだ。Baseball Prospectus(BP)の「PECOTA」システムによる順位予想では、昨年はナショナルズから4位予想のブレーブスまで4ゲーム差という混戦予想だった。結果はブレーブスが優勝、2位ナッツ、3位メッツ、4位フィリーズだった。今季は3チー... 続きを読む
  • WBC2021 概要発表、開催地は3カ国 マイアミ、アリゾナ、東京、台湾
    来年3月に開催される第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC2021)の開催地およびスケジュールが発表された。大会期間は2021年3月9日から23日まで。予選は今年3月12日から25日までアリゾナで開催する。準決勝・決勝はマーリンズ・パークで開催する。日本など16カ国は出場が決まっている。本選出場国: 計20カ国 (第4回の参加16+予選4 )A:台中洲際棒球場 5カ国B:東京ドーム 5カ国C:チェイス・フィールド(ダイヤモ... 続きを読む
  • 40人枠目指してレッズ傘下3A田澤純一が1イニングを無失点
    レッズ傘下の3Aルイビル・バッツに所属している田澤純一が現地24日(日本時間25日)、オープン戦でレンジャーズと対戦し、1点リードの8回表に7番手として登板した。田澤は、先頭の7番アンディ・イバニェスにヒットを許し、一塁への牽制が悪送球となったが、三塁を狙ったイバニェスがタッチアウトになるというラッキー。次の8番ヤディエル・リベラを空振り三振、9番オスレイビス・バサベをレフトフライに打ち取り3人で終えた。1イニ... 続きを読む
  • 《速報》ヤンキースGM、先発右腕セベリーノのTJ手術を発表
    セベリーノは今季も絶望!現地2月25日(日本時間26日)、厳しいニュースが飛び込んできた。ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMは、先発右腕のルイス・セヴェリーノ投手がトミー・ジョン手術を必要としていることを公表した。20日(同21日)には、セベリーノが、右前腕痛によりスプリングトレーニングでの投球練習を中断したことが複数のメディで伝えられた。セベリーノは右肩の炎症で昨年3月5日のオープン戦登板を回避する... 続きを読む
  • Dバックスのブラッドリーが年俸調停に勝訴 選手側の5勝7敗に
    選手側の5勝7敗にアリゾナ・ダイヤモンドバックスのアーチー・ブラッドリー投手が年俸調停で勝訴している。これによりブラッドリーの20年は410万ドルが確定した。公聴会では球団側が362万5000ドルを提示していた。ちなみに、ブラッドリーの19年は183万ドル。来季が年俸調停3年目になる。27歳の右腕は11年のダイヤモンドバックスのドラフト1巡(全体7位)指名。先発からブルペンに転向した17年から3年連続で63試合、70イニング以上に... 続きを読む
  • 俺たちのエースはこいつだ① 開幕投手にカージナルスは若手フラハティを指名
      MLB2020 OpeningDay プライドの高いメジャーリーガー。とくに“エリートスターター”と呼ばれる先発ローテーションの1、2番手たちにとっては、開幕戦のマウンドに立つことほどプライドをくすぐられることはないだろう。 ここでも毎年、「俺たちのエースはこいつだ」と題して、その特別な日の先発投手たちを紹介している。 若手右腕、ジャック・フラハティを指名 メジャーキャリア3年の24歳右腕は昨季33先発で、11勝8敗、... 続きを読む
  • MLB2020 レッズ戦力分析② ブルペンの脆弱性が問題
    日本人選手の所属チームを中心に個人的に気になるチームの編成状況を紹介しているが、今回はシンシナティ・レッズの第2弾。投手力を中心に紹介したい。メジャーリーグ30球団中、これまで唯一日本人選手が所属したことがなかった球団だが、昨年8月に田澤純一がマイナー契約を結んだが、結局、メジャー40人枠への登録はなかった。 レッズのおもな補強選手 【投手】ウェイド・マイリー(FA)ペドロ・ストロップ(FA)ホセ・デレオン(... 続きを読む
  • MLB2020 レッズ戦力分析 秋山、ボットーの1,2番コンビで得点力アップ
    日本人選手の所属チームを中心に個人的に気になるチームの編成状況を紹介しているが、今回はメジャーリーグ30球団中、これまで唯一日本人選手が所属したことがなかったシンシナティ・レッズにスポットを当てたい。秋山の契約は3年総額2100万ドルで、これに「新人賞」のタイトル獲得で25万ドル、「ゴールドグラブ賞」で10万ドルなどがインセンティブとして付く内容になっている。 レッズのおもな補強選手 【投手】ウェイド・マイリ... 続きを読む
  • 【MLB契約情報】プレイオフを逃したチームが活発な補強
     この数年間は、スローな展開が目立ったストーブリーグだった。 18年オフのブライス・ハーパーやマニー・マチャドは、スプリントレーニングに入っても契約が決まらなかった。代理人スコット・ボラスのクライアントが多く、これまでのように長引くことが予想されたが、19年から20年にかけてのオフは、フリーエージェント(FA)マーケットが活性化したように見えた。 ゲリット・コール 9年3億2400万ドル(年平均3600万ドル) アン... 続きを読む
  • MLB2020順位予想 マドン監督のエンゼルス、ジラルディ監督のフィリーズが台風の目に
     この時期恒例のベースボール・プロスペクタスの「PECOTA」システムによるMLB全地区の順位予想並びにチーム別の勝敗予想が公開されている。個人的な予想も付け加えて再ポストしたい。PECOTAによる各地区の予想Based on the PECOTA system, these are the project 2019 MLB Standingsアメリカン・リーグ【東部地区】1位 ヤンキース(99勝63敗)2位 レイズ(87勝75敗)3位 レッドソックス(85勝77敗)4位 ブルージェイズ(77勝8... 続きを読む
  • MLB公式サイトが大谷翔平(エンゼルス)を注目選手に選出
    MLB公式サイトが「1 ST prediction for each club. Some are BOLD」というタイトルで各チームのキーマンを予測。その中でエンゼルスからは大谷翔平を選出している。他では、フェルナンド・タティスJr.(パドレス)、ブラディミール・ゲレーロJr.の2世選手や昨年ブレイクしたケストン・ヒウラなどがピックアップされた。ヒウラは、日系3世で、父親は日系、母親は中国系。ミドルネームは「ナツオ」。8月生まれから由来しているが南半... 続きを読む
  • WARを基準にしたポジション別TOP10 《リリーバー編》
    ポジション別TOP10 《先発投手編》 メジャーリーグはスプリングトレーニングがスタート。ここでは近年、その依存度が確実に高まっているリリーバーたちのランキングをWARを基準にして出してみた。 データサイト「ファングラフス」のWAR(fWAR)を指標としてランキングを出した。これも単年度と複数年では大きく変動するので興味深い。 リリーフ投手 WARランキング 1位 リアム・ヘンドリックス(アスレチックス) 3.8 2位 ... 続きを読む
  • WARを基準にしたポジション別TOP10 《先発投手編》
    ポジション別TOP10 《先発投手編》 いよいよメジャーリーグはスプリングトレーニングがスタートするが、その前の恒例企画としてMLBネットワークの各ポジション別ランキング「Top 10 Right Now」が発表された。 「Top 10 Right Now!」は、Statcastのデータや旧来の指標による攻撃面・守備面での成績、そしてMLBネットワークのリサーチ・チームによる分析を総合的に判断しているということだが、この「総合的」というのが、あまり... 続きを読む
  • MLB2020 ブルージェイズ戦力分析 山口が先発5番手の予想
     スプリングトレーニングが始まったメジャーリーグ。日本人選手の所属チームを中心に個人的に気になるチームの2020年の編成状況を紹介していきたい。チームによっては今後、若干の追加補強や故障離脱による補強などが行われる。(日本時間2月16日現在) ブルージェイズのおもな補強 【投手】リュ・ヒョンジン(FA)タナー・ロアーク(FA)チェイス・アンダーソン(トレード)山口俊(ポスティング)【野手】トラビス・ショー内野... 続きを読む
  • MLB2020 レイズ戦力分析 筒香嘉智のアーチ量産に期待!
     日本人選手の所属チームを中心に個人的に気になるチームの編成状況を紹介している第3弾。今回は筒香嘉智が打線に加入したタンパベイ・レイズ。 スモール・バジェットのチーム故に補強に大金をつぎ込むことはないが、それでも昨年は96勝66敗の東部地区2位で2013年以来のプレイオフ進出を果たした。15年から監督を務めるケビン・キャッシュのもと「オープナー」などの新戦術でヤンキース、レッドソックスの2強に挑むシーズンが続... 続きを読む
  • MLB2020 レンジャーズ戦力分析 新球場が完成、台風の目になりそうな予感
      2020年に開閉式の新球場が完成することもあってア・リーグ西部地区のなかでは積極補強が目立ったテキサス・レンジャーズ。昨年は、同地区ライバルのアストロズに29ゲーム差を付けられて地区3位。15年、16年の地区連覇からポストシーズンには4年間遠ざかっている。 この冬のストーブリーグは、現地11月26日にウエーバーでインディアンスからリリーフ右腕のニック・グッディを獲得。28歳の右腕は6月上旬にメジャー昇格を果... 続きを読む
  • MLB2020 エンゼルス戦力分析 レンドン効果は出るのか?
      スプリングトレーニングが始まったメジャーリーグ。日本人選手の所属チームを中心に個人的に気になるチームの2020年の編成状況を紹介していきたい。チームによっては今後、若干の追加補強や故障離脱による補強などが行われる。(日本時間2月16日現在) エンゼルスのここまでの補強 【先発】 フリオ・テーラン FA/1年900万ドル ディラン・バンディ トレード/1年500万ドル 【ブルペン】 マット・アンドリース トレード/1年1... 続きを読む
  • マドン監督やジラルディ監督、メジャーリーグ新監督10人の顔ぶれ
     2020年シーズンのスプリングトレーニングが始まっているが、19年オフから20年にかけて就任した新監督10人の顔ぶれを気になるチームを中心にを紹介したい。ジョー・マドン監督(エンゼルス) この人事は早かった。エンゼルスはオースマス氏の契約を3年契約の1年目で破棄して彼を就任させた。エンゼルス傘下のマイナーでコーチを務めていた時代にマドンは、すでに投手兼DH、たまに外野の守備にも就かせるという二刀、三刀流選手の... 続きを読む

プロフィール

ウエダスポーツ

Author:ウエダスポーツ
学生時代に野球とアメリカンフットボールをしていました。
若き日に「江夏の21球」を大阪球場のライトスタンドで観て、鳥肌が立ったのを覚えています。
スポーツ系専門誌の記者をしていましたので、好きなMLBやプロ野球を中心に筋書きのないドラマ《ベースボール》の魅力を発信しています。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳禁いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

右クリック禁止












↓応援クリックお願い致します↓



  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村





TAG LIST タグリスト

負傷者リストトミー・ジョン手術クリス・セール新型コロナウイルスノア・シンダーガード戦力分析MLBリリーバーアロルディス・チャップマンメジャーリーグケンリー・ジャンセンカブスダルビッシュ有ナ・リーグフィリーズドジャースブレーブス前田健太ツインズレンジャーズ大谷翔平田中将大レイズ筒香嘉智山口俊レッドソックスメッツジャンカルロ・スタントンアルバート・プホルスクレイトン・カーショーイチロー甲子園日本映画高校野球映画情報嘉義農林トレードフリーエージェントFAMLBPA契約情報年俸調停NPB阪神タイガースプロ野球ヤンキースアストロズ移籍情報松井秀喜読売ジャイアンツ長嶋茂雄東日本大震災ムーキー・ベッツイチロー伝説Ichiro30003000本安打岩村明憲デレク・ジータータイガースジャイアンツジャスティン・バーランダーア・リーグアンソニー・レンドンマイク・トラウトエンゼルスジョー・マドン監督二刀流ルール改正開幕戦黒田博樹マリナーズ平野佳寿菊池雄星インディアンスアーロン・ジャッジホワイトソックスブルワーズクリスチャン・イエリッチクローザー東京オリンピック2020ドミニカ共和国侍ジャパンキューバマ―セル・オズーナロナルド・アクーニャJr.WBCゲリット・コール田澤純一レッズダイヤモンドバックスカージナルス秋山翔吾ポスティング・システムブルージェイズパイレーツナショナルズ訃報野村克也パ・リーグストラスバーグジェイコブ・デグロムマックス・シャーザーヤシエル・プイーグホセ・アルトゥーベ球団人事ロッキーズジョシュ・ドナルドソンアレックス・ロドリゲスダラス・カイケル野球殿堂マリアーノ・リベラ捕手コディ・ベリンジャー埼玉西武ライオンズパドレス阪神マーリンズマディソン・バムガーナーコーリー・クルーバーサイ・ヤング賞アスレチックスプロスペクトオリオールズアンソニー・リゾアンドリュー・ベニンテンディポストシーズンジャッキー・ロビンソンノーラン・アレナドリズ・ホスキンスロイヤルズワールドシリーズ本塁打ピート・アロンゾ新人王ブライス・ハーパー広島東洋カープ防御率北海道日本ハムオールスターゲームエドウィン・エンカーナシオンマイルズ・マイコラス福岡ソフトバンクMLBドラフト雑草魂上原浩治奪三振マイルストーンNFL野茂英雄開幕投手マニー・マチャドエリック・ホズマーダルビッシュ岩隈久志エイドリアン・ベルトレ日米野球ヤディアー・モリーナオリックスリグレーフィールド広島カープ中後悠平奪三振記録デビット・オルティーズノーヒットノーラン川﨑宗則青木宣親バスター・ポージーカルロス・コレアクリス・ブライアント牧田和久東北楽天タイトル争い近鉄バファローズ松坂大輔広島連勝記録王貞治ルーキーウェーバー公示KBOヤクルトフェンウェイパークWBC2017プエルトリコ球辞苑和田毅大学野球薬物問題ホセ・フェルナンデスBCリーグ優勝マジックボストンマラソン川崎宗則藤川球児福島ホープス江夏の21球山際淳司

ブログランキング



カレンダー/月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


QRコード

QR

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリークラウド