• MLB2020 レンジャーズ戦力分析 新球場が完成、台風の目になりそうな予感
      2020年に開閉式の新球場が完成することもあってア・リーグ西部地区のなかでは積極補強が目立ったテキサス・レンジャーズ。昨年は、同地区ライバルのアストロズに29ゲーム差を付けられて地区3位。15年、16年の地区連覇からポストシーズンには4年間遠ざかっている。 この冬のストーブリーグは、現地11月26日にウエーバーでインディアンスからリリーフ右腕のニック・グッディを獲得。28歳の右腕は6月上旬にメジャー昇格を果... 続きを読む
  • MLB2020 エンゼルス戦力分析 レンドン効果は出るのか?
      スプリングトレーニングが始まったメジャーリーグ。日本人選手の所属チームを中心に個人的に気になるチームの2020年の編成状況を紹介していきたい。チームによっては今後、若干の追加補強や故障離脱による補強などが行われる。(日本時間2月16日現在) エンゼルスのここまでの補強 【先発】 フリオ・テーラン FA/1年900万ドル ディラン・バンディ トレード/1年500万ドル 【ブルペン】 マット・アンドリース トレード/1年1... 続きを読む
  • マドン監督やジラルディ監督、メジャーリーグ新監督10人の顔ぶれ
     2020年シーズンのスプリングトレーニングが始まっているが、19年オフから20年にかけて就任した新監督10人の顔ぶれを気になるチームを中心にを紹介したい。ジョー・マドン監督(エンゼルス) この人事は早かった。エンゼルスはオースマス氏の契約を3年契約の1年目で破棄して彼を就任させた。エンゼルス傘下のマイナーでコーチを務めていた時代にマドンは、すでに投手兼DH、たまに外野の守備にも就かせるという二刀、三刀流選手の... 続きを読む
  • ジョシュ・ヘイダーも年俸調停に敗訴 1年410万ドル
    最優秀救援投手のヘイダーの要求も通らなかった  年俸調停の敗訴が続いていることは昨日に紹介したが、ミルウォーキー・ブルワーズのクローザーで昨年37セーブをマークした左腕ジョシュ・ヘイダーも公聴会で敗訴したようだ。   ヘイダーは、メジャーサービスタイム(MLS)2.115で3年未満だが「スーパー2」という特別条項が適用されて19年オフが年俸調停1年目。年俸640万ドルを要求していたが、認められず球団側が提示していた410... 続きを読む
  • MLB 年俸調停でロドリゲスやべリオスなど選手側が相次いで敗訴
     今季は比較的に年俸調停で敗訴する選手が多いのではないだろうか。 レッドソックスの左腕エドゥアルド・ロドリゲスが年俸調停で敗訴。要求していた897万5000ドルは公聴会で認められずレッドソックスが提示していた830万ドルが認められた。Eduardo Rodriguez lost his arbitration case with the #RedSox, according to a source. He will receive the team’s offer of $8.3M, not his requested $8.975M.— Ken Rosenthal ... 続きを読む
  • MLB機構発表 2020年新ルール変更の要点
     すでに多くのメディアで紹介されているが、現地2月12日、昨年から話題になっていた新ルールをメジャーリーグ機構が発表している。ここではMLBネットワークの番組から要点をまとめてみた。特に新しいものではなく、昨年秋に報道されたものがほとんどだ。🔽MLBネットワークhttps://www.mlb.com/video/mlb-tonight-on-new-rule-changes大きく分けて4項目あるが、まず、ロスターの改定項目として数項目が変更された。①アクティブロス... 続きを読む
  • MLB公式サイトが選んだ20-21年オフのFA選手トップ20
    来季 20-21年オフのフリーエージェント選手トップ20MLB公式サイトが20年オフにフリーエージェント(FA)となる選手のトップ20を紹介を公開している。1位にはレッドソックスのムーキー・ベッツ外野手が選出されいるが、ベッツはシーズン前にドジャース移籍が噂されている。注目は15位にランクされたヤンキースの田中将大。田中は今季終了後にFA。契約最終年で気合の入ったマウンドが期待できそうだ。MLB.comが公開したトップ201位 ... 続きを読む
  • 駆け込み需要の移籍市場 タイガースがメイビン、マリナーズはウォーカーと契約
    ST前に駆け込み需要の移籍市場 バッテリー組がスプリングトレーニング(ST)を開始したメジャーリーグだが、STを前に“駆け込み需要”の補強が続いている。この数日で、インパクトでは5段階の2程度以上の移籍情報を列挙していきたい。 キャメロン・メイビン外野手がア・リーグ中部地区のデトロイト・タイガースと1年150万ドル、これに成績に応じてインセンティブ最大130万ドルが加算される。Cameron Maybin has deal with Tigers. ... 続きを読む
  • 【MLB2020順位予想】地区別では秋山のレッズなどが優勝候補に
    スプリングトレーニングを前に恒例のBP「PECOTA」システムによる6地区の順位予想並びにチーム別の勝敗予想が公開された。PECOTAによる各地区の予想Based on the PECOTA system, these are the project 2019 MLB Standingsアメリカン・リーグ【東部地区】1位 ヤンキース(99勝63敗)2位 レイズ(87勝75敗)3位 レッドソックス(85勝77敗)4位 ブルージェイズ(77勝85敗)5位 オリオールズ(63勝99敗)19年の最終順位と同じ結果... 続きを読む
  • 【MLB契約情報】カルロス・ゴンザレスがマリナーズとマイナー契約
    オールスターゲームに3度選出されたベテラン外野手カルロス・ゴンザレスがマリナーズとマイナー契約で合意した。 34歳のボラス・コーポ―レーションのクライアントは、スプリングトレーニングにノン・ロスター・インバイティー(NRI)として参加し、メジャー昇格すれば75万ドルを受け取る契約になっている。移籍情報サイト「MLBトレード・ルーマーズ」がUSAトゥデイのボブ・ナイチンゲールの報告を伝えている。 The Seattle #Mar... 続きを読む
  • 【MLB契約情報】Dバックスのニック・アーメド遊撃手が契約延長
      ドジャースの地区8連覇を阻止したいダイヤモンドバックスが、この冬は本気の補強をしている。 マディソン・バムガーナー投手、スターリング・マーテイ外野手、コール・カルフーン外野手らを獲得して、この冬の新戦力にMLB30球団中9番目の109.7億ドル(2月7日時点)を投資しているが、10日(日本時間11日)には、20年シーズン終了後にフリーエージェント(FA)になるニック・アーメド遊撃手と契約延長で合意している。 契... 続きを読む
  • 野村克也さんが死去 昭和を代表する名捕手で智将
     また一人、昭和のプロ野球界を彩った名プレイヤーが他界した。野村克也さん。84歳だった。 今でも思い出すが、あの閑古鳥が鳴いた大阪球場で、捕手兼監督時代の雄姿が懐かしい。近鉄ファンだったので南海はライバルチームだったが、頭脳を使った緻密な野球は好きだった。 京都のド田舎、無名の峰山高からテスト生として1954年に南海に入団し、3年目から頭角を現した。65年には打率、本塁打、打点の3冠王に輝いた。ライバルチー... 続きを読む
  • WARを基準にしたポジション別TOP10 《先発投手編》
    ポジション別TOP10 《先発投手編》 いよいよメジャーリーグはスプリングトレーニングがスタートするが、その前の恒例企画としてMLBネットワークの各ポジション別ランキング「Top 10 Right Now」が発表された。 「Top 10 Right Now!」は、Statcastのデータや旧来の指標による攻撃面・守備面での成績、そしてMLBネットワークのリサーチ・チームによる分析を総合的に判断しているということだが、この「総合的」というのが、あまり... 続きを読む
  • 【MLB移籍情報】前田健太のトレードが合意 結局ツインズへ移籍決定
     前田はロサンゼルスからミネアポリスへ。紛糾したドジャース、レッドソックス、ツインズが絡んだ“メガディール”は、大筋で合意したようだ。 こじれた原因となったブルスダル・グラテロル投手は、レッドソックスが拒否した形になり、ツインズからドジャースへのトレードに変更され、グラテロル投手、ルーク・レイリー外野手とドラフト指名権をドジャースが獲得。 ドジャースからは前田健太、マイナーリーガー1名と金銭(1000万... 続きを読む
  • ベッツ、プライスはドジャースへ!パッケージを変えてメガディールは成立か
     ドジャースとレッドソックスの間でトレードが合意に達した。破談の可能性もあった“メガディール”は、交換要員などのパッケージを多少変えることで成立の方向へ動き出した。 今オフの移籍市場の注目選手、レッドソックスのムーキー・ベッツと左腕デービット・プライスがドジャースへ移籍する。9日(日本時間10日)、このトレードに関与している関係者からの情報をMLB.comのマーク・ファインサンドが伝えている。 ドジャースへ移... 続きを読む
  • MLB2019-20 この数年では早くて活発だったFA市場
      昨年オフのブライス・ハーパーやマニー・マチャドが2月後半、スプリントレーニングに入っても契約が決まらなかったように、この数年間は、スローな展開が目立ったストーブリーグだったが、19年から20年にかけての今オフは、マーケットが活性化したように見えた。 ゲリット・コール 9年3億2400万ドル(年平均3600万ドル) アンソニー・レンドン 7年2億4500万ドル(年平均3500万ドル) スティーブン・ストラスバーグ 7年2億45... 続きを読む
  • 3チームが絡むメガディールはツインズが撤退 前田はドジャーズ残留の可能性
    レッドソックス、ドジャース、ツインズが絡む“メガディール”が破談になる可能性が高まってきた。ツインズの地元紙「ミネアポリス・スター・トリビューン」のクリス・ミラーが、ツインズが今回のトレードから撤退。ツインズの若手有望株ブルスダル・グラテロル投手が、チームに残留する可能性が高まったことを今回のトレードに関与した2人の関係者から得た情報として報告している。The #mntwins are pulling out of the megadeal an... 続きを読む
  • 【MLB移籍情報】プイーグ獲得にレイズ、ジャイアンツが関心
     フリーエージェント市場に残る有力な外野手ヤシエル・プイーグにサンフランシスコ・ジャイアンツとタンパベイ・レイズの2チームが関心を示している。 キューバ出身のプイーグは、12年6月、国際フリーエージェントでロサンゼルス・ドジャースと7年総額4200万ドルで契約。ドジャースで6年間プレイした後、19年はシンシナティ・レッズとクリーブランド・インディアンスの2チームで149試合に出場して打率.267、24本塁打、84打点、OP... 続きを読む
  • 【MLB契約情報】ハンター・ペンス外野手が古巣復帰
     4月に37歳になるメジャーキャリア13年のベテラン外野手、ハンター・ペンス外野手が12年から18年まで所属したサンフランシスコ・ジャイアンツへ復帰する。契約内容は1年300万ドルと成績に応じてインセンティブが盛り込まれている。  ペンスは、04年にMLBドラフト2巡目(全体64位)でヒューストン・アストロズが指名。その後、フィリーズに移籍し、12年7月31日にネイト・シャーホルツ、セス・ロジン、トミー・ジョゼフとのトレー... 続きを読む
  • 【MLB契約情報】ハンター・ペンスがSFジャイアンツに復帰か!?
      レンジャーズからフリーエージェント(FA)になっていたメジャーキャリア13年のハンター・ペンス外野手とサンフランシスコ・ジャイアンツの契約が間近であるという情報が流れている。FOXスポーツがMLBネットワークのジョン・ヘイマンの報告として伝えている。Hunter Pence is heading back to the @SFGiants.(via @JonHeyman) pic.twitter.com/Y9almaOO4b— FOX Sports: MLB (@MLBONFOX) February 7, 2020Hunter Pence has ... 続きを読む

プロフィール

ウエダスポーツ

Author:ウエダスポーツ
学生時代に野球とアメリカンフットボールをしていました。
若き日に「江夏の21球」を大阪球場のライトスタンドで観て、鳥肌が立ったのを覚えています。
スポーツ系専門誌の記者をしていましたので、好きなMLBやプロ野球を中心に筋書きのないドラマ《ベースボール》の魅力を発信しています。

最新記事

ご訪問ありがとうございます。

右クリック禁止












↓応援クリックお願い致します↓

  にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





TAG LIST タグリスト

メジャーリーグトレードMLBレンジャーズ契約情報FA移籍情報マイク・トラウト大谷翔平ジョー・マドン監督アンソニー・レンドンエンゼルスアストロズレッドソックスフィリーズ年俸調停フリーエージェントツインズルール改正二刀流タイガースパイレーツマリナーズナショナルズヤンキースレッズア・リーグナ・リーグ田中将大野村克也パ・リーグプロ野球ダイヤモンドバックスストラスバーグジェイコブ・デグロムマックス・シャーザーゲリット・コールジャスティン・バーランダードジャース前田健太ムーキー・ベッツヤシエル・プイーグレイズジャイアンツ平野佳寿球団人事ホセ・アルトゥーベ秋山翔吾ロッキーズジョシュ・ドナルドソンブレーブスアレックス・ロドリゲスダラス・カイケルロナルド・アクーニャJr.マリアーノ・リベラ野球殿堂デレク・ジーター捕手カージナルスコディ・ベリンジャーリリーバー埼玉西武ライオンズ読売ジャイアンツ山口俊ブルージェイズメッツNPB阪神タイガース阪神パドレスホワイトソックスマーリンズブルワーズポスティング・システムマディソン・バムガーナーインディアンスサイ・ヤング賞コーリー・クルーバー筒香嘉智アスレチックスマ―セル・オズーナカブスルール5ドラフトプロスペクトオリオールズノア・シンダーガードダルビッシュ有アンソニー・リゾアンドリュー・ベニンテンディポストシーズンジャッキー・ロビンソンノーラン・アレナドリズ・ホスキンスアロルディス・チャップマンロイヤルズワールドシリーズクレイトン・カーショーイチローIchiro30003000本安打本塁打クローザークリスチャン・イエリッチ故障者リストピート・アロンゾ菊池雄星アーロン・ジャッジ新人王ドミニカ共和国高校野球嘉義農林ブライス・ハーパー防御率広島東洋カープ北海道日本ハムオールスターゲームジャンカルロ・スタントンエドウィン・エンカーナシオンマイルズ・マイコラスMLBドラフト福岡ソフトバンク雑草魂上原浩治奪三振クリス・セールアルバート・プホルスマイルストーンNFL松井秀喜長嶋茂雄野茂英雄田澤純一開幕投手エリック・ホズマーマニー・マチャドダルビッシュジーン・セグラ岩隈久志エイドリアン・ベルトレ黒田博樹侍ジャパン日米野球ヤディアー・モリーナオリックスリグレーフィールド広島カープ中後悠平奪三振記録デビット・オルティーズコーリー・シーガーノーヒットノーランイチロー伝説川﨑宗則青木宣親バスター・ポージーカルロス・コレアクリス・ブライアント映画情報牧田和久東北楽天甲子園タイトル争い近鉄バファローズケンリー・ジャンセン松坂大輔広島連勝記録王貞治野球W杯ルーキーウェーバー公示KBOヤクルトキューバフェンウェイパークWBCWBC2017プエルトリコアメリカ球辞苑訃報和田毅チャップマン大学野球薬物問題ホセ・フェルナンデスBCリーグ優勝マジック東京オリンピック2020ボストンマラソンノンフィクション川崎宗則藤川球児福島ホープス山際淳司江夏の21球

ブログランキング



にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

カレンダー/月別アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


QRコード

QR

検索フォーム

全記事表示リンク

カテゴリークラウド