メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0812

ダルビッシュが5回10K2失点、粘りの投球で移籍後連勝に指揮官も評価  

 


現地10日、敵地ダイヤモンドバックス戦で今季8勝目(9敗)を挙げたドジャースのダルビッシュ有。

ダルビッシュ有


初球の制球が安定せず、球数が増えたことで早めの降板になったが、相手打線を5回5安打、10奪三振、2失点で白星を飾った。これで今季通算で防御率3.81、WHIP1.15。149回で168奪三振。

試合後のインタビューでは「何とか三振でアウトを取れて、なんとかまとめられたかな、最低限の最低限ですけれども」。



4回までは速球とスライダーが中心の組み立てだったが、5回無死一塁の場面で迎えたポラックをカウント2-2からのスローカーブで空振り三振。変化球を有効利用して3者三振に締めた。

あの場面は「ハニーカット(投手コーチ)から緩い球を使おう」と進言されたという。「シンカーとツーシームが悪かったが、その分、スライダーが良かった」と、自身の投球をふり返った。



本調子ではない中でも試合を作った右腕について、ロバーツ監督は「彼がいかに素晴らしいかを表している」と高評価した。

次回は16日(同17日)に本拠地で行われるホワイトソックス戦。移籍後、初めて上がるドジャースタジアムのマウンドだが、乾燥する気候なので、ボールが滑らないように制球に気をつけたいところだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/12 Sat. 06:34 [edit]

CM: --
TB: --
   

0811

【MLB移籍情報】インディアンスとメッツのトレードが成立  



インディアンスとメッツのトレードが成立、インディアンスがメッツからジェイ・ブルース外野手を獲得した。

メッツは先日、ジェイ・ブルース外野手をウェーバーにかけたが、クレームするチームが現れず、全球団との交渉が可能になっていた。

インディアンスは現地9日、マイケル・ブラントリー外野手を右足首ねんざのため10日間の故障者リスト(DL)に登録。6月にも同箇所のケガで離脱しているブラントリーは、長期離脱が予想され、今回、その穴埋めとしてブルースの獲得に踏み切った。



ブルースは今季、103試合の出場で打率.256、29本塁打、75打点、OPS.841をマーク。ブルースを獲得したインディアンスは見返りとして、若手右腕のライダー・ライアン投手を放出した。

今季は完全に「売り手」になったメッツからは、他にもカーティス・グランダーソン外野手、アズドルバル・カブレラ内野手の名前もトレード候補としてあがっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/11 Fri. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0810

MLB 今季のポストシーズン日程を発表   




MLB(メジャーリーグ機構)は現地8日、今季のポストシーズン日程を発表した。

blog_import_54ca746dc246c.jpg


レギュラーシーズンは10月1日に終了し、3日にアメリカンリーグ(AL)、4日にナショナルリーグ(NL)のワイルドカードゲーム(1試合制)が開催される。

ディビジョンシリーズ(地区シリーズ=5回戦制)はALが5日、NLが6日から始まる。

チャンピオンシップ(リーグ優勝決定シリーズ=7回戦制)は、ALが13日、NLが14日から始まる。

ワールドシリーズ(7回戦制)は10月24日に開幕する。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/08/10 Thu. 05:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0809

メジャーは9日前田健太、10日田中将大、11日ダルビッシュ有が登場!  



ドジャースの前田健太投手は前回の登板で7回2安打無失点の好投、2年連続2ケタ勝利となる10勝目をあげた。

8日(日本時間9日)のダイヤモンドバックス戦に11勝目をかけて、中6日で登板する。前田にとっては先発ローテの生き残りをかけた厳しいマウンドが続く。

ヤンキースの田中将大は9日午後7時7分(日本時間10日午前8時7分)開始予定のブルージェイズ戦に備えて敵地で最終調整した。

電撃トレードでアストロズからブルージェイズに移籍した青木宣親との対戦が楽しみだが、田中は2日のタイガース戦で、6回を2失点と好投したが、打線の援護がなくメジャーで初めて10敗目を喫した。

今季のブルージェイズは2戦全勝だが、トロントで投げるのは初めて。ホームランの出やすい敵地ロジャーズ・センターなので一発を警戒したい。

ダルビッシュ


10日(同11日)はダルビッシュが移籍2回目の先発。相手はダイヤモンドバックス戦。ここもボールがよく飛ぶことで有名。田中同様に一発に注意したい。

とくにダイヤモンドバックスは、アウェイで.235の打率に対してホームではMLB4位の.277と良く打つ。前回効果的だったカーブが甘く入らないように注意したい。

ファンとしては夢のような3連戦で、3戦ともしっかり録画して、一球入魂で観戦したい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/08/09 Wed. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0809

トラウトが誕生日に1000本安打、ハーパー150本塁打到達  




MVP2度受賞の若きスパースター、マイク・トラウトが自らのバットで26歳の誕生日を祝福した。

DGrS2dDUQAAtjaf_convert_20170809060710.jpg


トラウトはホームのエンゼルス戦に「2番センター」で出場。4回の第2打席にオリオールズの24歳右腕ディラン・バンディ投手からレフト線の2塁打をマークして1000本安打を達成した。

さらに、6回にもバンディから23号本塁打をマーク。この日は、自身の26歳の誕生日だった。



今季のトラウトは、打率.346、OPS1.180、23本塁打、52打点、23盗塁。4月は月間MVPを獲得するなど好調だったが、5月28日のマーリンズ戦で二盗した際に左手の親指を負傷退場。MRI検査の結果、靱帯断裂が判明。7月14日の復帰まで約7週間、戦線離脱していた。

復帰後は、二塁打1本、本塁打3本と長打力に負傷の影響があったが、8月に入って7試合で4本塁打と、完全復活したようだ。


同じ日、ナショナルズのブライス・ハーパー外野手が、マーリンズ2番手のオドリサメル・デスパイネ投手から29号ソロアーチ。

この一発で通算150本塁打に到達。24歳295日での通算150本塁打はマイク・トラウトと同じだった。過去に25歳未満で150号に到達したのはハーパー選手で14人目。あまりピンと来ないかもしれないが、11位タイの若さらしい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/09 Wed. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0808

《ラウンドアップMLB》各地区の状況と日本人選手の動向  




《第18週を終了したメジャーリーグの状況》

★ナ・リーグは西部地区でダルビッシュと前田が所属するドジャースが、メジャー最高勝率の79勝32敗(勝率.712)で首位独走中。

先発ローテーション投手の前田は8日(日本時間9日)に登板予定、移籍後の初登板で圧巻の投球を見せたダルビッシュは10日(同11日)に登板予定。

15.5ゲーム差の2位ロッキーズ、3位ダイヤモンドバックスもワイルドカード圏内。同地区の3チームがプレイオフに進出する可能性がある。

中部地区は上原のカブスが58勝52敗で2位ブルワーズと0.5ゲーム差の混戦状況。

上原は試合の要所で起用され続けており、今季42試合、38回の登板で45奪三振、防御率3.32と結果を残している。

東部地区はイチローと田澤のマーリンズが首位ナショナルズと13ゲーム差の2位。

田澤は6日(同7日)、ブレーブス戦で8回に登板し、完璧に抑えて勝利に貢献。前半戦は不調だったが、2試合連続無失点と手薄になったブルペンの中核になりつつある。

イチローは、メジャー通算安打を3061安打とし歴代単独22位になった。代打のみの起用が多く打席数が限定されている。打率.233、今季安打数31本。今季終了後には、先日3000安打に到達したレンジャーズのベルトレ三塁手に現役最多安打数を抜かれているかもしれない。

blog_import_54ca7487bd2dd.jpg


★ア・リーグは東部地区で田中のヤンキースが59勝51敗で2位に転落し、首位レッドソックスとは3ゲーム差だが、ワイルドカード圏内。

青木のブルージェイズは首位と10.5ゲーム差の最下位。電撃トレードの青木は、7月まで在籍したアストロズ戦で移籍第1号本塁打を叩き込んだ。

西部地区は岩隈のマリナーズが首位アストロズと15ゲーム差の大差をつけられての2位。岩隈は依然、復帰できていない。このままでは37歳になる来季の契約も不利な状況で、日本球界復帰を選択する可能性もある。

中部地区はインディアンス、ブルワーズ、カージナルス、パイレーツが5ゲーム差内で覇権を争う混戦で、今のところインディアンスが首位をキープしている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/08 Tue. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0807

【MLB移籍情報】マリナーズがヨンダー・アロンソ一塁手を獲得  



シアトル・マリナーズの球界きってのトレーダー、ジェリー・ディポトGMが動いた。

エースのフェリックス・ヘルナンデスが上腕二頭筋の炎症で今季2度目の故障者リスト入りしたマリナーズが、ウェーバー・トレードによる先発投手の補強に動き始めているという情報は流れた。

しかし、トレードで獲得したのはアスレチックスからヨンダー・アロンソ一塁手。30歳のアロンソは今季、100試合に出場して打率.266、出塁率.369、長打率.527、OPS.896、17二塁打、22本塁打、49打点、52得点。

DGkCUJsVwAMCcFI.jpg

出塁率や長打率はキャリアハイの成績でオールスターにも選出された。トレード期限前には一塁手を欲しがったヤンキースへのトレードも噂された。

7月以降、数字を下げたが、今季の年俸は400万ドルとリーズナブルで、今季終了後にFAとなるレンタル選手。

マリナーズの一塁は今季7人の選手を起用したが打率でMLB21位と低迷。補強ポイントのひとつだった。これで、ダニー・バレンシア一塁手をユーティリティとして内外野に起用できることに加え、指名打者のネルソン・クルーズも休ますことができるようになった。

なお、このトレードでアスレチックスへはマイナーのブーグ・パウエル外野手が移籍する。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/08/07 Mon. 15:28 [edit]

CM: --
TB: --
   

0807

8月のトレード市場に影響!? 大物選手たちがウェーバーをクリアしてトレード可能に   



メジャーリーグでは8月に入ってからも、ウェーバー公示を経ることでトレードを成立させることができる。8月までに契約すればポストシーズンでの出場が可能になる。

そんな中でメッツがジェイ・ブルース外野手をウェーバーにかけたが、クレームするチームが現れず、全球団との交渉が可能になった。

ジェイ・ブルース外野手は100試合437打席で打率.262、出塁率.325、長打率.531、OPS.856、29本塁打、75打点のスラッガー。

7月末のトレード期限前の移籍は実現しなかった選手だが、29本塁打は得点力に悩ませられているチームにとっては大きな戦力になる、今季は残り年俸400万ドルの負担で済むのも魅力。

「売り手」になったメッツからは、他にもカーティス・グランダーソン外野手、アズドルバル・カブレラ内野手の名前もトレード候補としてあがっている。

バーランダー


8月2日には、タイガースの剛腕ジャスティン・バーランダーがウェーバーにかけられた。47時間が過ぎてもクレームする球団が現れないまま、ウェーバーの期間を経過したため、デトロイト・タイガースはトレード期限前と同様に全球団にトレードすることが可能となった。

ただ、2019年までの6500万ドル超の大型契約と全球団へのトレード拒否権がバーランダーにはあって、本人が同意しなければトレードは成立しない。

しかし、それ以前にバーランダーは、前半戦で104回2/3で防御率4.73、WHIP1.52、奪三振率8.4、与四球率4.38、被打率.262で年俸に見合うパフォーマンスではない。

後半持ち直しているものの34歳という年齢を考えて高額年俸を引き取ってでも彼を獲得する球団はないだろう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/08/07 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0806

8月のトレード市場 パイレーツがベテラン2選手を獲得  




混戦のナ・リーグ中部地区で首位のカブスと4.5ゲーム差のパイレーツがベテランの2選手を補強している。

パイレーツは、ジャイアンツがウェーバーにかけたリリーバーのジョージ・コントス投手をクレイムオフ(獲得の申込み)した。32歳の右腕はメジャーキャリア7年間で15勝14敗、307試合、防御率3.05、WHIP1.16のリリーバー。



さらに、ブレーブスからベテランのユーティリティ選手ショーン・ロドリゲスを若手24歳のコナー・ジョー内野手とのトレードで獲得している。

ショーン・ロドリゲスは昨年までパイレーツで活躍した選手だが、昨年オフにFAでブレーブスに移籍したが、スプリングトレーニング前の2017年1月28日、マイアミで盗難された警察車両に追突された。

その事故で右肩を痛め、同乗していた妻と子供2人も重傷を負った。2月には右肩手術を受けたため、今季は絶望になると思われたが、予想以上の回復を見せ、7月17日にはメジャーに復帰、15試合に出場している。



メジャーリーグでは8月に入ってからも、ウェーバー公示を経ることでトレードを成立させることができる。8月までに契約すればポストシーズンでの出場が可能になる。

そんな中でメッツがジェイ・ブルース外野手をウェーバーにかけたが、クレームするチームが現れず、全球団との交渉が可能になった。ジェイ・ブルース外野手は100試合437打席で打率.262、出塁率.325、長打率.531、OPS.856、29本塁打、75打点のスラッガー。

7月末のトレード期限前の移籍は実現しなかった選手だが、29本塁打は得点力に悩ませられているチームにとっては大きな戦力になる、今季は残り年俸400万ドルの負担で済むのも魅力。

「売り手」になったメッツからは、他にもカーティス・グランダーソン外野手、アズドルバル・カブレラ内野手の名前もトレード候補としてあがっている。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/06 Sun. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --
   

0806

MLB2017 トレード期限前のチーム別補強状況《ナショナルズ編》  

 


ドラフト全体1位指名コンビの先発右腕スティーブン・ストラスバーグと強打者ブライス・ハーパーが主力に成長した2012年に地区優勝して以来、3度の地区制覇(12年、14年、16年)と黄金期を迎えているワシントン・ナショナルズ。

しかし、期待されながら過去3回は地区シリーズどまりで、チャンピオンシップまで進めない状況が続いている。しかも、そうした若手も契約更改を数年後に控え、残された時間も少ない。

同地区のメッツも若手投手陣が驚異になり、西海岸のロサンゼルス・ドジャースは近年にない戦力が充実している。

そんな中、どんな補強をしたのかを見ていきたい。

《獲得選手》
RP ショーン・ドゥーリトル
RP ライアン・マドソン
INF/OF ハウィー・ケンドリック
RP ブランドン・キンツラ-


ナ・リーグ東部地区で4回目の制覇は問題がない状況だが、ジョー・ロスが今季絶望となり、スティーブン・ストラスバーグも10日間のDL入りで、リーグトップクラスの先発ローテも陰りが見え始めた。

ただ、懸案事項だったブルペンは3人を補強。シーズン当初からクローザーの選択に失敗し、防御率でMLB29位と低迷するブルペンを強化した。

クローザーにはツインズから28セーブの33歳ブランドン・キンツラ-を獲得したが、やや迫力不足といった感じ。他の選手も全員30代でチームに足りない経験を加えたという感じだが、ヤンキースやドジャースの補強と比べたら見劣りする。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/06 Sun. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド