メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

0712

【MLB移籍情報】ロッキーズがY.アロンソ内野手とS.ミラー投手を獲得  



44勝45敗、ナ・リーグ4位で前半戦を折り返したコロラド・ロッキーズ。

MLBネットワークのジョン・ヘイマンの報告ではホワイトソックスを6月28日にDFAになったキューバ出身のヨンダー・アロンソ内野手がロッキーズとマイナー契約でサイン。すでにロッキーズ傘下のトリプルAで出場しているという。




アロンソはメジャーキャリア10年目の32歳。パドレスの主砲マニー・マチャドとは義理の兄弟で有名。17年に2チームで28本塁打、昨年もインディアンスで23本塁打をマーク。通算では打率.259、463打点、97本塁打、OPS.734。今季は打率.197、7本塁打と低迷していた。

さらに、ロッキーズは先発右腕のシェルビー・ミラーともマイナー契約。

ミラーは1月にテキサス・レンジャーズと1年200万ドルで契約したが7月1日にDFA、4日に自由契約になっていた。このマイナー契約はケン・ローゼンタールが伝えている。



 28歳のミラーは、もともとカージナルスの09年ドラフト1位指名。12年9月に21歳でメジャーデビュー。13年(15勝9敗)、14年(10勝9敗)と活躍したが、17年5月にトミー・ジョン手術を受けた。

リハビリ期間を経て18年に復帰したが結果が出ず、バウンスバックが期待された今季だったがレンジャーズで19試合に登板、そのうち8試合に先発し1勝3敗、防御率8.59だった。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2019/07/12 Fri. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド