メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

0626

【MLB移籍情報】19年夏のトレード市場で注目の選手たち  




5月24日にも紹介したが、MLBは今季から夏のトレード市場が昨年より前倒しで早まっている。


 これまでは6月のドラフト会議終了後から、水面下での交渉が始まり、本格的にはオールスターブレイク後、ウェーバー公示なしのトレード期限(7月末)直前の1週間が非常に活発になるという例年のパターンだったが、今季はもう少し早くなる。


 それは3月にMLBとMLBPA(選手会)との協議で、ルールが改定されたからだ。協議では7月31日をすべてのトレード期限とすることで合意。これまでのように7月末と8月末の2つの期限ではなく7月31日だけに一本化された。


 現時点で「売り手」はア・リーグではブルージェイズ、オリオールズ、ロイヤルズ、タイガース、マリナーズ。ホワイトソックスも可能性がある。


 ナ・リーグではマーリンズ、ジャイアンツが最下位。中部地区など混戦の地区がありア・リーグほど明確ではないが、今後、メッツあたりも「売り手」に回りそうな状況だ。


 もし、ジャイアンツ(34勝44敗、地区最下位)あたりが、このまま負けが続くと「売り手」になることも考えられトレード期限前には、そうそうたる選手たちがリストアップされる状況になる。


ジャイアンツ→マディソン・バムガーナー(SP)、ドリュー・ポメランツ(SP)、ウィル・スミス(CL)

ナショナルズ→アンソニー・レンドン(3B)

タイガース→シェーン・グリーン(CL)

ブルージェイズ→マーカス・ストローマン(SP)21年FA。ケン・ジャイルズ(CL)21年FA。


 上記は、ほんの一部だが、今後は、ポストシーズンで需要が高まるリリーフ投手(RP)たちがリストアップされるだろう。ブルージェイズの2投手、ストローマンは21年FA。クローザーのジャイルズ(防御率1.33、12SV)は故障者リストから復帰したので、その後の経過を見てヘルシーならリストアップされる可能性が高い。


 今季も三つ巴の大激戦のナ・リーグ中部地区で、カージナルスの速球王ジョーダン・ヒックスがトミー・ジョン手術を受けるので、代わりのクローザーとして21セーブのウィル・スミス(ジャイアンツ)やシェーン・グリーン(タイガース)、それとケン・ジャイルズ(ブルージェイズ)あたりも候補になるかもしれない。


 ほとんどの選手が、今季終了後にはフリーエージェントになる選手たちだ。レッズのヤシエル・プイーグ外野手も今季終了後にFAになるので、この夏に電撃トレードがあってもおかしくない。


 「買い手」はポストシーズンを考えたレンタル補強。「売り手」は、シーズン終了後にFAになる選手たちを市場のニーズがある間に、プロスペクトと交換するという水面下でのトレード交渉が始まっている。


▼関連記事

【MLB移籍情報】夏のトレード市場で注目の「売り手」と選手は?
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-4081.html

【MLB移籍情報】夏のトレードでインパクトのある救援投手たちPART1
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-4089.html

【MLB移籍情報】夏のトレードでインパクトのある救援投手たちPART2
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-4090.html

【MLB移籍情報】夏のトレードでインパクトのある救援投手たちPART3
http://takoyaki7985.blog.fc2.com/blog-entry-4091.html




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/06/26 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド