メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0531

カブス・ダルビッシュvs.カージナルス・マイコラスの投げ合いに注目  



 話題になっていたエンゼルス大谷翔平とマリナーズ菊池雄星の花巻東高校同郷対決はなくなった。


 昨日もご紹介しましたが、大谷は7試合連続出場で、これはトミー・ジョン手術で投手復帰を目指すリハビリ中の大谷にとっては今季最長の出場。左投手と対戦するタイミングで大谷を休ませる方針のエンゼルスにとっては日本のメディアがどう騒ごうが予定通りだったかもしれない。

 マリナーズとエンゼルスのマッチアップは、アメリカンリーグ西部地区の同地区であることから直近では6月8日から10日にも3連戦が組まれ、年間19試合もあるので、今後が楽しみだ。

 それよりも日本時間6月1日のセントルイス・カージナルスとシカゴ・カブスの同地区対決に期待したい。この試合では、ホームのカージナルスが元巨人のマイルズ・マイコラスとカブスではダルビッシュ有が先発するからだ。


マイコラスは今季11試合に登板。4勝5敗、防御率4.76、WHIP1.171。奪三振率6.6、与四球率1.4。

ダルビッシュも同じく11試合、2勝3敗、防御率5.40、WHIP1.618。奪三振率11.0、与四球率6.2。



 マイコラスは日本から帰国した18年に防御率2.83(リーグ4位)、勝率.818(同1位)、200.2イニング(同6位)、WHIP1.07(同5位)とチームのエース級の活躍。18勝をマークしてマックス・シャーザー、ジョン・レスターと並んで最多勝のタイトルを受賞した。

契約も20年から4年総額6800万ドル(約74億8000万円)に延長、名もない選手が日本で実績を積んでアメリカンドリームを手にした。しかし、今季は相手チームに研究されたのか昨年ほどのスタッツではなく、チームの先発陣もMLB20位(防御率)と低迷している。

 ダルビッシュもご存知のように球威はあるものの制球難が響いて本来のパフォーマンスを出せていない。球威を見てもトミー・ジョン手術の影響ない。暖かく湿気の多い南部のテキサスから、寒くて風が吹き荒れる五大湖周辺のシカゴという環境。指名打者制のアメリカンリーグから投手も打席に立ち第3打席や第4打席で代打を送られることが多いナショナルリーグの野球に適応中だ。

 両投手ともここは、本来の力を出してチーム内での信頼を回復したいところだろう。白熱した投手戦に期待したいものだ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2019/05/31 Fri. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド