メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

MLB ベースボールと日本人大リーガー

   

0503

【MLBドラフト2019】全体1位予想はオレゴン大学のA.ラッチマン捕手  




 ちょっと気が早いかもしれないが、珍しくMLBドラフトでキャッチャーが全体1位指名されそうなので簡単に紹介したい。


 MLBドラフト2019(ファースト・イヤー・ドラフト)は現地6月3日~6月5日に開催される。MLB規約の第4条に規定されていることから「ルール5ドラフト」と比べて「ルール4」とも呼ばれている新人選手選択会議だ。





 MLB.comでも特集を組んで紹介しているが、チーム別の指名順は、1巡ピックの1番目がボルチモア・オリオールズ。

そのオリオールズが全体1位で指名確実なのが、オレゴン州立大学4年生のアドリー・ラッチマン。ベースボールアメリカ、MLB.com、ファングラフスで各1位の選手。


 キャッチャーは、野球をやってた人なら、誰もが知ってる過酷なポジション。故障も多く、選手寿命にも影響することからアメリカでも最近は少年リーグで希望者が少ないポジション。そんなポジションだから仕方がないが、彼が指名されれば、ツインズが故郷の英雄ジョー・マウアーを選択した2001年以来のキャッチャーとしての全体1位指名になる。


 ラッチマンは、18年のカレッジ・ワールドシリーズMVPで一気に知名度を上げた。30打数17安打は圧巻の成績で同シリーズ新記録だ。アメリカ大学代表チームの一員で日米大学野球でも正捕手としてマスクをかぶっている。


このあたりの詳しい記事は「MLB雑記」(http://mlb-info.com/2019draft1/)が動画付きで書かれている。


打撃はスイッチヒッターで、タイプ的には、現カージナルスのマット・ウィータース(ジョ-ジアテック出身)のようなイメージかもしれない。ウィータースは07年にオリオールズが1位(全体5位)で指名している。


 キャッチャーのジョー・マウアーが引退した後に全体1位指名で指名されれば不思議な巡りあわせを感じるが、ちなみに、1965年から始まったMLBドラフトで全体1位指名のキャッチャーは6人。ラッチマンが選ばれれば7人目になる。



◇記事参考
チーム別ドラフトはこちら
https://www.mlb.com/news/mlb-pipeline-s-2019-top-100-draft-prospects
http://mlb-info.com/2019draft1/


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2019/05/03 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド