メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1114

【MLB契約情報】クオリファイング・オファーは6名が拒否、柳賢振だけが受諾  

 


2012年-13年シーズンオフから始まったクオリファイング・オファー(QO)。最初は1330万ドルで黒田博樹を含む9名だった。


18年-19年オフは7名の選手たちが提示された。


以前にも紹介したが、今季のQOは1790万ドルに設定されている。これまで計80名が提示され、ほとんどが拒否。受け入れたのは5名だけ、1名が再契約している。


▶クオリファイング・オファーを提示された選手
ダラス・カイケル(アストロズ)
パトリック・コービン(ダイヤモンドバックス)
A.J.ポロック(ダイヤモンドバックス)
ヤスマニ・グランダル(ドジャース)
柳賢振(リュ・ヒョンジン:ドジャース)
ブライス・ハーパー(ナショナルズ)
クレイグ・キンブレル(レッドソックス)


この7名だが、柳賢振は2018年の年俸が783万3333ドル、A.J.ポロックが同775万ドル、ヤスマニ・グランダルが同790万ドルと大幅アップの提示なので、場合によっては受諾する可能性はあると考えられたが、柳だけが受け入れて来季もドジャースの先発ローテーションに残る。


DcfA_qwX4AAolPb.jpg


柳以外の6名は拒否した。パトリック・コービンは、今季のFA市場での貴重な先発左腕で年俸750万ドルだったが価値的には2000万ドルはあるとされている。


残りの5名、ブライス・ハーパーの2018年は2172万5000ドル、ダラス・カイケルは1320万ドル、クレイグ・キンブレルは1305万ドル(写真上)で予想通り拒否した。


A.J.ポロックは775万ドル、ヤスマニ・グランダルも今季は790万ドルでQOの1790万ドルは魅力的に見えたが拒否した。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/11/14 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド