メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1010

MLB 今オフにFAになる主な選手のポジション別一覧《左翼手編》  

 


 MLB2018年~19年シーズンオフのフリーエージェント(FA)市場は、ブライス・ハーパー外野手とマニー・マチャド内野手が目玉選手になることは間違いない。

ストーブリーグでは複数球団による争奪戦が繰り広げられ、来季はどのチームのユニフォームを着るのだろうか。

そんなFA市場の注目選手をポジション別にピックアップして紹介、今回は、約80名程いるリリーバー(救援投手)たちの中から代表的な投手たちを紹介する。


blog_import_54ca746dc246c.jpg


《左翼手》
ブレット・ガードナー (ヤンキース) ※1
マイケル・ブラントリー(インディアンス)※2
マーウィン・ゴンザレス(アストロズ)※3
カルロス・ゴンザレス(ロッキーズ)
カーティス・グランダーソン(ブルワーズ)
キャメロン・メイビン(マリナーズ)※4
マット・ジョイス(アスレチックス)
グレガー・ブランコ(ジャイアンツ)
ハンター・ペンス(ジャイアンツ)
マット・ホリデイ(ロッキーズ)
クレイグ・ジェントリー


※1 ブレット・ガードナー はヤンキース生え抜きだが、今季は打率.237、12本塁打、15盗塁、OPS.689で、この10年間で最低の数字。49盗塁した11年の頃からすると峠を過ぎたイメージがある。

19年の契約は1250万ドルのチームオプション(バイアウト200万ドル)。ヤンキースからすればペイロールを圧迫するものではなく、今季同様に9番打者か控えの外野手で、契約を更新することが考えられる。


※2 マイケル・ブラントリー(インディアンス)は、肩の手術の影響で16年は11試合の出場にとどまったが、17年に復活。今季は完全復活で、ほぼフル出場。打率も3割以上をキープして16本塁打、73打点。常勝軍団になったインディアンスの2番打者として活躍している。18年の年俸は1150万ドル。


※3 マーウィン・ゴンザレス(アストロズ)あたりは主軸で、よほどのことがない限りチームは引き留めにかかるだろう。

※4 逆にキャメロン・メイビン(マリナーズ)は、現チームとの再契約は難しいかもしれない。


他に、マット・ジョイス(アスレチックス)、カーティス・グランダーソン(ブルワーズ)も新しいチームを探すことになるだろう。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/10/10 Wed. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド