メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1007

MLB 今オフにFAになる主な選手のポジション別一覧《二塁手編》  




 メジャーリーグはナ・リーグの西部地区が混戦だが、他はポストシーズン進出チームが、ほぼ確定した。残りのチーム(約20チーム)は、来季に向かってストーブリーグが始まる。


2018年~19年シーズンオフのフリーエージェント(FA)市場は、ブライス・ハーパー外野手とマニー・マチャド内野手が目玉選手になることは間違いなく、ストーブリーグでは複数球団による争奪戦が繰り広げられる事が予想できる。


そんなFA市場の注目選手をポジション別にピックアップして紹介する。前回は一塁手と三塁手のコーナーインフィルダーを紹介したので、今回は二塁手のスキルプレイヤーを紹介する。


ルーマー



《二塁手》

ジェド・ラウリー(アスレチックス)
イアン・キンズラー(レッドソックス)
アズドゥルバル・カブレラ(フィリーズ)
ダニエル・デズカルソ(ダイヤモンドバックス)
DJレメイヒュー(ロッキーズ)
ブライアン・ドージャー(ドジャース)
ダニエル・マーフィー(カブス)
ローガン・フォーサイス(ツインズ)
ショーン・ロドリゲス
アンドリュー・ロマイン(マリナーズ)
ニール・ウォーカー(ヤンキース)
ブランドン・フィリップス(レッドソックス)




この中では、ナショナルズから夏にカブスに移籍したダニエル・マーフィーが、打率.293ではトップだが、OPS.783で、10本塁打しかなく、守備面を考慮すればランクは下がるだろう。ただ、マーフィー得意のポストシーズンでの爆発力を発揮すれば、価値は上がる。


正二塁手で試合に出ているのはアスレチックスのジェド・ラウリーとロッキーズのDJ・レメイヒュー(ルメイユ)。


ジェド・ラウリーはキャリアハイの成績(打率.274、OPS.826、21HR)。15年に3年2300万ドルでアストロズと契約後、カルロス・コレアが台頭し、16年ににアスレチックスへ移籍。今季の年俸は600万ドル。来季35歳だが、年俸アップは間違いないだろう。



DJ・レメイヒュー(ルメイユ)は、二塁手部門全体で8位(打率.280、OPS.775、14HR)、30歳と若く評価は高い。今季は850万ドルだが、1300万ドル前後の評価はある。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/10/07 Sun. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド