メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1005

今オフにFAになる主な選手のポジション別一覧《捕手編》  

 



2018年~19年シーズンオフのフリーエージェント(FA)市場は、マニー・マチャド内野手とブライス・ハーパー外野手が注目選手だが、クレイトン・カーショーもオプトアウトすれば、カーショーの契約交渉も話題になるだろう。


そんなFA市場の注目選手をポジション別にピックアップして紹介する。今回は捕手編。


《捕手》
ウィルソン・ラモス(フィリーズ)
カート・スズキ(ブレーブス)
A.J.エリス(パドレス)
マーティン・マルドナード(アストロズ)
ニック・ハンドリー(ジャイアンツ)
ジョナサン・ルクロイ(アスレチックス)
デビン・メソラコ(メッツ)
レネ・リベラ(ブレーブス)
マット・ウィータース(ナショナルズ)
ジェフ・マシス(ダイヤモンドバックス)
ドリュー・ビュテラ(ロッキーズ)
ヤスマニ・グランダル(ドジャース)
ロビンソン・チリノス(レンジャース)



このほかには、アストロズのブライアン・マッキャンが本人と球団側両方に2019年の選択権がある契約。マッキャンは膝に古傷を抱えており35歳の今季も2度故障者リストに入った。


ルーマー 


今季の捕手部門で、規定打席に達しているのは7人だけ。上のFA捕手の中では、ヤスマニ・グランダル(ドジャース)だけ。


MLB公式サイトが選んだ各球団のトップFA選手のリストには、ウィルソン・ラモスがフィリーズのトップFA選手として名前が挙がっていた。ほかにデビン・メソラコ(メッツ)、ジョナサン・ルクロイ(アスレチックス)の名前もあった。


ジョナサン・ルクロイ(アスレチックス)は、111試合に出場しているが規定打席には達していない。WBCアメリカ代表捕手のルクロイだが、打率.243、本塁打3本、OPS.618と今季も打撃面では振るわない。ただ、躍進しているアスレチックスの正捕手としての存在感はある。


マーティン・マルドナード(アストロズ)は大谷翔平と組んでいたことで日本では有名になったが、エンゼルスに移籍する前は、ブルワーズで、ルクロイのバックアップ捕手だった。


夏にアストロズに電撃移籍したが、今季は、ここまで2球団で打率.226、9本塁打、OPS.667。


あまり大したことのない成績だが、それでもゴールデングローブ賞を取った昨年と同程度のスタッツで、ポストシーズンの活躍次第では、今季の390万ドル以上のサラリーを手にするかもしれない。


アストロズの捕手には25本塁打のエバン・ガティスがいるが、マッキャンは故障が多く、ガティスがDHに入ってマルドナードがマスクを被るパターンが多い。


▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ



関連記事

Posted on 2018/10/05 Fri. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド