メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0720

【MLB移籍情報】インディアンスが球宴リリーバーをパドレスから獲得  




 7月末のウェーバー公示なしのトレード期限(non-waiver trade deadline)を前に移籍市場が慌ただしくなってきた。

 ア・リーグ中部地区で今季も首位を走るテリー・フランコーナ監督率いるクリーブランド・インディアンスが、先日のオールスターゲームでも投げたサンディエゴ・パドレスの守護神ブラッド・ハンドを獲得した。

 このトレードは、インディアンスがプロスペクト捕手のフランシスコ・メヒアを放出。一方、パドレスは、左腕ブラッド・ハンドと新人右腕アダム・シンバーを差し出すトレードになった。

 28歳のブラッド・ハンドは、MLB公式サイトの評価では、2年連続でオールスター・ゲームに選出されているメジャーを代表するリリーフ左腕。今季の成績は、41試合で44回1/3を投げ、2勝4敗24セーブ、防御率3.05、65奪三振をマーク。クローザーとセットアッパーをこなしている。オプションを含めると2021年までコントロールでき、脂の乗りきった時期でもあり、ブルペンの中軸とし期待できる。

 アダム・シンバーは、西武から移籍した牧田和久のライバルとして注目されたアンダーハンドの27歳右腕。メジャー1年目の今季は、ここまで42試合に登板して48回1/3を投げ、3勝5敗、防御率3.17、51奪三振で、セットアッパーという大事なポジションをこなしている。2023年まで契約をコントロールできる。

 インディアンスが放出したメヒアは、MLB公式サイトのプロスペクト・ランキングで全体11位、BPで同5位、BAで同20位にランクインしている22歳。すでにトリプルAまで昇格しており、1試合だがメジャーデビューも飾っている。

インディアンスは、先発陣が防御率3.46でMLB30球団中3位とトップクラスだが、ブルペン陣は29位と苦戦。ブルペンの軸であるアンドリュー・ミラー(5月26日からDL)とコディ・アレンの2人が、ともに今季終了後にFAとなる。

ワールドシリーズ制覇を目指すトライブにとって、ブルペン陣のテコ入れは緊急課題だった。




▶MLB・メジャーリーグランキング
▶MLB情報は人気ブログランキングへ



関連記事

Posted on 2018/07/20 Fri. 16:07 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド