メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0711

マニー・マチャドは7球団による争奪戦!西海岸あたりが騒がしい  

 


 オリオールズは17年-18年のシーズンオフに、戦力を維持してもう一度プレイオフ進出を狙うことを選択した。

しかし、スタントンが電撃移籍したヤンキースと安定した投手力に大砲のJ.Dマルティネスを加えたレッドソックスが2強を形成し、付け入る隙もなくオリオールズは地区最下位に沈んでいる。

当然、オリオールズは、この夏に選択を迫られることになる。マニー・マチャド、ザック・ブリトン、ブラッド・ブラック、そしてベテランのアダム・ジョーンズ。主力たちが2018年シーズン終了後にフリーエージェント(FA)になる。

その中でも最も注目がマニー・マチャドだろう。ここまで、87試合に出場して打率.310、21本塁打、60打点、出塁率.380、OPS.936。本塁打でリーグ8位タイ。打点で6位。OPSで7位。遊撃手としては、本塁打数、打点でトップの数字を残している。

7月31日のウェーバー公示なしのトレード期限よりも早期に決まる可能性もあり、マチャドの場合は、 6月上旬から、すでに水面下で交渉が始まっていた。


マニー・マチャド


 それでは、どこのユニフォームを着るのだろうか? フィットするのはダイヤモンドバックという説があった。

Dバックスは現在地区首位。ただ、4位までが4.5ゲーム差という混戦状態。チームの打撃成績は、アベレージで30球団中29位、OPS24位、得点19位、本塁打数20位と攻撃力不足を露呈している。

 一方、売り手のオリオールズはファーム層が薄く、プロスペクトが欲しい。このため、DバックスのNO.1プロスペクトのジョン・ダップランティアー投手プラスアルファが交換要員になることが予想される。

 他には、ドジャース、ブルワーズ、フィリーズ、ブレーブス、インディアンス、カブスの7球団による争奪戦になっているという。

ドジャースはコーリー・シーガーが、右肘の手術で今季と来季も戦力にならないため、遊撃手はニーズ。すんなりライバル球団のDバックスにインパクトのある選手を引き抜かれたくないだろう。

ダンズビー・スワンソン遊撃手が成長しているとはいえブレーブスあたりも候補になるかもしれない。

 さらに、ここへ来てレッドソックスやヤンキースもマチャド獲得へ興味を示しているとの報道もある。




▶MLB・メジャーリーグランキング

▶MLB情報は人気ブログランキングへ




関連記事

Posted on 2018/07/11 Wed. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド