メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0703

【MLB移籍情報】Rソックスがサヨナラ満塁男S.ピアース獲得  

 


 夏のノン・ウェーバー・トレード期限まで1カ月をきったメジャーリーグだが、ア・リーグ東部地区で熾烈なヤンキースとの首位争いを演じているレッドソックスが、同地区のブルージェイズからスティーブ・ピアースと金銭を獲得している。

 レッドソックスはブルージェイズに交換要員としてマイナーリーガーのサンティアゴ・エスピナル遊撃手を差し出す。

 35歳のピアースは、ア・リーグ東部地区5球団目という地域限定で名前の売れたユーティリティ選手。今季終了後にフリーエージェントになる。





 契約の背後には、左投手に対する対策が考えられ、現在MLB30球団中、アベレージで2位、得点で1位、本塁打数で3位のレッドソックスだが、ファーストの左打者ミッチ・モアランドとセンターの左打者ジャッキー・ブラッドリーJr.が左打者を苦手とすることからプラトーンでの起用が考えられる。事実、6月29日(日本時間30日)には、モアランドの代わりに「4番ファースト」で出場している。

 モアランドは、今季こそ対右投手も左投手もそれほど変わらない数字を残しているが、昨年は、対右投手が21本塁打、OPS.784なのに対し、対左投手は1本塁打、OPS.683だった。

 しかし、それよりも深刻なのは、ブラッドリーJr.で今季は打率.201、6本塁打、出塁率.296、OPS.624と派手な打線においてウィークポイントになっている。(対左投手は、打率.167、1本塁打)。

 MLB公式サイトによるとピアースは、腹斜筋痛もあってここまで29試合の出場だが、打率.298、4本塁打、出塁率.352、OPS.875と好調な数字を残している。

 ピアースの名前を有名にしたのは、昨年、1週間(実質4日間)で2度のサヨナラ満塁弾を記録した事。同一シーズンに2本のサヨナラ満塁弾を記録したのは、日刊スポーツによれば1986年ジム・プレスリー(マリナーズ)、1926年サイ・ウィリアムズ(フィリーズ)に続き史上3人目らしい。同じ週に放ったのは史上初という事だ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/07/03 Tue. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド