メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0614

岩隈、フリー打撃に登板、球威・制球ともに今後に課題を残す  




 日米通算170勝の岩隈久志がメジャー復帰に向けて懸命な調整を続けている。

 現地13日にはキャンプ地アリゾナ州ピオリアの球団施設で打撃練習に登板。7日に続く登板で、マイナー選手相手に2回に分けて15球ずつ投げた。

1イニング目は変化球で空振りを奪う場面もあったが、2イニング目は制球が定まらず15球のうち7球がボールだった。

 投げ終わった岩隈は「疲れて感覚が変わった。バランスがめちゃくちゃでリリースもバラバラ。調整をやり直さないといけない」と険しい表情だったという。

 試合で投げるにはまだ時間がかかりそうで「肩の状態は7、8割。もう少ししっかりと投げられるようにならないと厳しい」と話した。

球速は80マイル(約129キロ)前後が多く「変化球はまとまってきたけど、フォームのバランスがもう少し。直球のスピードも出していかないといけない」と今後の課題を挙げた。最低でもフォーシーム系で、あと10マイル前後の球速が欲しい。

 米国4大プロスポーツで最長となる16年連続でポストシーズン進出を逃しているマリナーズだが、今季はここまで好調。ワールドシリーズの覇者アストロズを抑えて地区首位に立っている。(12日終了時点)

17年ぶりのポストシーズン進出にも期待がかかるが、先発ローテーションはMLB30球団中13位。フェリックス・ヘルナンデス、ジェームズ・パクストン、昨年夏にトレードで加入のマイク・リークまでは、実績もあり計算できるが、それ以降は、明らかにコマ不足。

8月以降の正念場で、メジャー63勝(39敗)の岩隈久志の復帰に期待がかかる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/06/14 Thu. 10:24 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド