メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0529

今オフ、ブライス・ハーパーはどこのユニフォームを着るのか!?  

 


 ちょっと気が早いかもしれないが、2018-19シーズンオフにFAとなる選手たちのパワーランキングを「MLB TRADE RUMORS」が特集していたので紹介したい。

2017-18オフシーズンのFA市場で、契約が成立した上位50名は、契約年数、契約総額の両面だけで比較しても過去に例のない低レベルで、しかもスローペースだった。


Da9jNUeXkAATnDL.jpg


2018-19のFA市場は、ブライス・ハーパー外野手、マニー・マチャド内野手のトップ2に加えて、現在、メジャーNO.1の左腕クレイトン・カーショーも残りの契約(3年1億500万ドル)を破棄してFAを選択する可能性が高い。

そんな状況下で、史上最高となるような大型契約が成立する可能性もあると予想され、その事が冷え切ったFA市場の一因となったのかもしれない。

各球団とも次の年に備えて「軍資金」を残しておきたいからだ。


ハーパー


【2018-19 MLBフリーエージェントのパワーランキング】

1. ブライス・ハーパー
2. マニー・マチャド
3. クレイトン・カーショー
4. ジョシュ・ドナルドソン
5. クレイグ・キンブレル
6. パトリック・コービン
7. ダラス・カイケル
8. ブライアン・ドージャー
9. AJポロック
10. エルビス・アンドラス


(4月下旬のパワーランキング)


 ブライス・ハーパーがトップだが、ファンラグスポーツのジョン・ヘイマン氏によれば彼を狙っているチームは7球団あるという。

ヤンキースは、ハーパーの家族がヤンキースファンで、以前からヤンキースが大金をはたいて獲得するという噂があったが、その後、ジャッジが登場し、スタントンを獲得したチームには外野手があふれている。

右のホームランバッターばかりで左打ちのハーパーを加えれば、凄い打線になることは間違いないが、三塁手にスターがいない上に遊撃手のディディ・グレゴリウスが19年までしかコントロールできない状況を考えるとマッチするのは、マニー・マチャドだろう。


C0EJZ4iWEAAcoPR_convert_20170617055933.jpg 


ドジャースの方が、むしろマッチするというのがジョン・ヘイマン氏の見立てだったが、状況は変わった。

ドジャースの三塁にはジャスティン・ターナー、遊撃にはコーリー・シーガーがいたため、逆にマニー・マチャドはマッチしないと考えらていたが、シーガーがトミー・ジョン手術で今季は無理で、早くても来季の後半復帰という見込み。このシーガーの抜けた穴をマニー・マチャドで埋めるという可能性も考えられる。

ただ、マチャドは、この夏のトレードで動く可能性が高い。その争奪戦にドジャースが加わる可能性もある。

ドジャースはエース左腕カーショーがオプトアウトした場合に引き留め工作には多額の資金が必要だから、ハーパーをドジャースが狙いに来る可能性は低い気がする。

ジョン・ヘイマン氏によるとドジャースのスタン・カステン球団社長は、ナショナルズ時代にハーパーを指名した経緯があるという。

その後もハーパーの家族とコンタクトを継続している。ナショナルズがロサンゼルスに来ると、ラスベカスからやってくるハーパーの両親と会っているらしい。

ジャイアンツは、ハーパーのホームタウンであるネバダ州から近い。今季獲得のアンドリュー・マカッチェンがFAとなるため外野手の補強を必要とするチームのニーズに合う。

レッドソックスは、ハーパーと同じスコット・ボラス氏が代理人のJ.D.マルティネスと大型契約を結んだ。

ほかにフィリーズカブス、再契約を望むナショナルズなども可能性があるらしい。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

※この記事は以前の記事に加筆訂正したものです。


関連記事

Posted on 2018/05/29 Tue. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド