メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0424

衣笠祥雄氏が逝去 カル・リプケンが慕った“キヌガサ・アイアンマン”  




地味な記録と思われがちな連続出場記録。広島カープの衣笠祥雄氏がメジャーリーグのルー・ゲーリッグ氏の記録を抜いたのは1987(昭和62)年6月13日。そのマイルストーンは、メジャーのレジェンドと対比された事で一躍脚光を浴びた。

2131試合連続出場。日本はバブル景気で湧いていた時代だった。


衣笠氏の記録は、広島に入団して6年目、1970年10月19日の巨人戦より始まった。10年後の1980年には1246試合連続出場の日本記録を更新。

その後も記録を更新し、1987年のシーズン終了と同時に現役を引退したものの、連続出場回数は2215まで伸ばした。

その年の6月22日には王貞治氏に次いでプロ野球選手として2人目の国民栄誉賞を授与されていた。

衣笠氏がゲーリッグ氏の記録を塗り替えたとき、メジャーリーグの現役選手ではカル・リプケン(オリオールズ)が試合出場を続けていた。

このとき「私の記録など、キヌガサ・アイアンマン(鉄人)の三分の一ちょっとにしか及ばない」(『毎日新聞』1987年6月14日付)とのリプケンのメッセージが残っている。

野茂英雄氏が海を渡る8年前。メジャーリーグが遠い雲の上の存在のように感じた。そのスター選手が衣笠氏に“アイアンマン”の称号を贈った。

リプケンは、その後も記録を伸ばし続け、“アイアンマン”を祝福した9年後の奇しくも同日、1996年6月13日の対ロイヤルズ戦で、ついに衣笠氏の記録に追いつき、翌14日にはそれを上回る2216試合出場を果たした。

衣笠氏は、自身の記録が更新されるにあたり、2日続けて球場に招かれ、今度は逆にリプケンを祝福している。なお、リプケンの記録は1998年9月19日まで続き、2632試合に達した。


2910ec0f5674c9cd65f22be5107b0460.jpg


プロ野球で23年間、2677試合に出場。2543安打、504本塁打、1448打点。打率.270、出塁率.345、長打率.476、OPS.820。

偉大なプロ野球選手は71歳で永遠の眠りについた。


【タイトル】
打点王:1回 (1984年)
盗塁王:1回 (1976年)

【表彰】
NPB MVP:1回 (1984年)
NPB ベストナイン:3回 (1975年、1980年、1984年)
NPB ゴールデングラブ賞:3回 (1980年、1984年、1986年)

日本プロスポーツ大賞 大賞:1回 (1984年)殊勲賞:1回 (1987年)

国民栄誉賞 (1987年)
広島県民栄誉賞 (1987年)
京都市市民栄誉賞 (1987年)[19]
新語・流行語大賞 特別賞 (1987年、「鉄人」)
野球殿堂競技者表彰(1996年)


◇記事参考
http://bunshun.jp/articles/-/2885




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2018/04/24 Tue. 15:55 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド