メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0415

大谷翔平が「ジャッキー・ロビンソン・デー」に42番を付けて登板予定!  




日本でも連日、23歳大谷翔平の活躍を伝えているが、日本時間16日には、“ジャッキー・ロビンソン・デー”に、背番号「42」をつけて登板する。

現地では、FOXチャンネル系で全米中継される予定だ。

ここでも毎年紹介してきたが、4月15日の「ジャッキー・ロビンソン・デー」は、全球団の選手、監督、コーチが、背番号「42」のユニフォームを着用する。





ジャッキー・ロビンソン(1919年~1972年)は、1947年4月15日にブルックリン・ドジャースからデビューし、人種差別の壁を破った。

彼が所属したロサンゼルス・ドジャースはすでに1972年に球団欠番にしていたが、彼の背番号「42」は、デビュー50周年の1997年4月15日にメジャーリーグ全体の永久欠番になる。





「42」を着るのは、アフリカ系アメリカ人として初めてメジャーリーグのグラウンドの土を踏み、カラーバリアを破った殿堂選手、ジャッキー・ロビンソンへの敬意を表して2009年に始まった試みだ。


そんな意義深い日に、日本から海を渡った2WAYスターの若者がさっそうと登場。人種が入り混じる国アメリカに爽やかな風を吹かして欲しい。



◇関連記事

MLBの背番号『42』 ジャッキー・ロビンソン・デー

「ジャッキー・ロビンソン・デー」人種差別の根絶を啓蒙する日




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/04/15 Sun. 10:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド