メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0331

【MLB契約情報】カージナルスが守護神ホランドと1年1400万ドルで合意  



カブスから覇権を取り戻したいカージナルスは、通算186セーブの右腕グレッグ・ホランドと1年1400万ドルで契約に合意した。契約には、獲得タイトルに応じたインセンティブが設定されているという。

カージナルスは、今季のクローザーとして昨年12月に獲得したルーク・グレガーソンが左足のハムストリングを痛めて3月29日付で故障者リスト(10日間DL)に入ったため、急きょ契約に至った模様。

ホランドはトミー・ジョン手術により16年シーズンを全休したが、昨季はコロラド・ロッキーズで見事に復活を遂げ、開幕からチームの快進撃を支えた。

最終的には、後半やや疲れが見えたが、61試合で57回1/3を投げて防御率3.61、奪三振73、WHIP1.15、奪三振率(9イニングあたりの奪三振数)11.0、与四球率(9イニングあたりの与四球数)4.1という数字をマークした。41セーブはナ・リーグ最多タイ。自身初のセーブ王に輝くとともに、カムバック賞も受賞した。


カージナルス


ホランドは、手術明けの17年にコロラド・ロッキーズと1年600万ドルの契約を結んだ。

この契約には18年に1500万ドルで契約できる選択権をホランドが保有するオプションがついていたため、最大で2年2100万ドルとなるものだった。

しかし、その18年の1500万ドルを選択せず、ロッキーズからのクオリファイング・オファーも拒否。冷え切ったFA市場で買い手がつかず、結局、開幕直前に1年1400万ドルと出来高払いという契約内容になった。

ロイヤルズ時代を合わせてキャリア7年、通算186セーブの実績を誇る守護神の加入は、カージナルスのプルペンに大きなインパクトを与える事は間違いないが、彼もまた、このオフの移籍市場に翻弄された一人だ。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/03/31 Sat. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド