メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0312

【MLB契約情報】ツインズがランス・リンを1年1200万ドルで獲得  



17年オフのFA市場でダルビッシュ有やジェイク・アリエッタと共に注目されていたランス・リンが、ツインズと1年1,200万ドルで合意した。報道では、この契約には出来高200万ドルが付いて、最大で1,400万ドルになるという。

30歳のランス・リンは昨年、トミー・ジョン手術から復活。手術後のリハビリで全休した16年を除いてキャリア6年で5年間30試合以上に先発登板しているイニング・イーター。通算72勝47敗、防御率3.38、WHIP1.29。




オフにカージナルスから年俸1,740万ドルのクオリファイングオファー(QO)を提示されたが拒否していた。彼もこのオフの犠牲者の一人で、結局、スプリングトレーニングの開始時期を過ぎても移籍先が決まらず、しかもQOより低い契約条件を飲まざるを得なくなった。

しかし、ダルビッシュの争奪戦に敗れたチーム目線でみると、エース格のアービン・サンタナが故障で開幕が間に合わない状態で、トップクラスのスターターをリーズナブルな価格で獲得できたことは大きい。

昨年は、地区2位でポストシーズン進出を果たしたツインズだったが、ワイルドカードゲームでは4対8でヤンキースに敗れポストシーズンの連敗が13になった。

攻撃力では得点でMLB7位。OPSでも9位。同地区首位のインディアンスとも総得点で、ほぼ互角だったが、投手力の差が際立った。

投手陣は、スターターが防御率でMLB19位、ブルペンが同20位と低迷。そのためにオフは、先発投手を中心とした投手力の整備が補強ポイントで、先発投手はジェイク・オドリッジを獲得。ブルペンは、フェルナンド・ロドニー、アディソン・リード、ザック・デュークらを加えて整備している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2018/03/12 Mon. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド