メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0306

復活!マリナーズとイチローが1年のメジャー契約で合意間近  




ディー・ゴードンを獲得してセンターに配置転換する予定のシアトル・マリナーズが若い外野陣のメンター役としてイチロー外野手と契約に合意した。複数のメディアが伝えている。

移籍報道を中心に扱っているサイト「TRADE RUMMORS」が現地3月5日、4時28分の「Yahoo Sports」ジョーダン・シュルツの情報として44歳レジェンドの春を伝えた。




契約は「メジャー契約」で、メディカルチェックを経て合意が間近に迫っていることを「USA TODAY」のボブ・ナイチンゲールやESPNのジェリー・クラスニックも伝えている。




急転直下で決まったこの契約、背景としては、ロングヘアーの外野手として目立ったベン・ギャメルの故障(右わき腹)が、影響している。

マリナーズの外野陣は、メジャーキャリア2~3年といった若手が中心の編成。このため数年はコントロールできるメリットはあるが、経験不足と若手の割には故障者が多い。

レフトはベン・ギャメル(25歳)、センターはディー・ゴードン(29歳)、ライトはミッチ・ハニガー(27歳)、第4の外野手としてギジェルモ・エレディア(27歳)。


4517064296_8513098b7a_b.jpg


ゴードンは別にして、ギャメルが実質2年目で開幕絶望。昨年の前半に活躍したハニガーも実質2年目、中盤の故障で96試合の出場にとどまった。昨年10月に右肩の手術を受けたエレディアも実質2年目。

内外野のユーティリティとして昨年、投手と捕手を除く内外野の7ポジションを守った28歳テイラー・モッターも実質2年目。

そのためタイガースからウェーバーで32歳のアンドリュー・ロマインを獲得。ただ彼も外野は守れるが、もとは内野手で、これまでメジャーでは控えクラスの実績しかない。

40人枠では、フィリーズから、これもウェーバーで獲得した27歳キャメロン・パーキンスも42試合に出ただけの選手。40人枠以外のNRIでキャンプ参加のカーク・ニューエンハイスは、メジャー7年目だが3Aとメジャーを出入りするクラスの選手。

これを見ればマイアミ・マーリンズ程ではないが、失礼な言い方をするとポンコツ外野陣だ。



背番号「51」で復帰が有力なイチロー。この加入で、一気にアップグレードに成功したと言える。

今さら紹介するまでもないが、イチローは2001年にシアトル・マリナーズでメジャーデビュー。12年7月にニューヨーク・ヤンキースへ電撃移籍。その後、15年から3年間、マイアミ・マーリンズに在籍した。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/03/06 Tue. 12:51 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド