メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0205

オリオールズとブルワーズ間で金銭トレード成立、オ軍は捕手を補強  

 


正捕手だったウェリントン・カスティーヨがFAでチームを去ったオリオールズが、ブルワーズとの金銭トレードでアンドリュー・スーサック捕手を獲得している。

メジャーキャリア4年、27歳のスーサックは、ブルワーズの2年間で17試合の出場にとどまったが、その前にいたジャイアンツではメジャーナンバーワン捕手バスター・ポージーのバックアップとして2年間87試合でマスクを被り、14年のワールドシリーズにも出場している。


DVEc74RU0AAqSKa.jpg
▲アンドリュー・スーサック


MLB公式サイトのデプスを見ると、オリオールズでは、31歳のカレブ・ジョセフ、22歳のチャンス・シスコらと正捕手の座を争う事になりそうだ。

先日、今オフのフリーエージェント(FA)選手をポジション別にピックアップ。その中で捕手を紹介したが、このポジションでもジョナサン・ルクロイら移籍先が決まらず、FA市場に残っている。


【今オフFAになった捕手の移籍先】
年齢/最終所属/17年サラリー/

ウェリントン・カスティーヨ (30)
オリオールズ/600万ドル
ホワイトソックスと2年1,500万ドルで契約。

クリス・アイアネッタ(34)
ダイヤモンドバックス/150万ドル
同地区のロッキーズと2年850万ドルで契約。

アレックス・アビラ(31)
タイガース、カブス/200万ドル
ダイヤモンドバックスと2年825万ドルで契約。

レネ・リベラ(34)
カブス、メッツ/175万ドル
エンゼルスと280万ドルで契約。

ニック・ハンドリー(34)
ジャイアンツ/200万ドル
ジャイアンツと250万ドルで再契約



DU1KmOgUMAAJYde.jpg
▲アレックス・アビラ


ダイヤモンドバックスからFAのアイアネッタは、同地区のロッキーズが獲得。89試合の出場だったが、メジャー10年の経験と昨年17本塁打、OPS.865が高評価につながって年平均で以前に所属していたエンゼルスやマリナーズ時代と同程度の契約金を結んだ。

ダイヤモンドバックスが補強したアレックス・アビラは、昨季タイガースとカブスで112試合に出場。打率.264、14本塁打、OPS.834をマーク。アイアネッタが抜けた穴を埋める模様。

第3回と第4回のWBCアメリカ合衆国代表に選出されたジョナサン・ルクロイは、前半戦が不振で、夏にロッキーズへトレード。ロッキーズでは46試合で打率.310、OPS.865で回復傾向にあったがロッキーズは契約延長しなかった。




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2018/02/05 Mon. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド