メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0201

【MLB契約情報】ムーキー・ベッツが年俸調停1年目で史上2番目の契約  




レッドソックスを支えるコアプレイヤー、ムーキー・ベッツ外野手が、公聴会を経て年俸調停1年目としては史上2番目の1,050万ドルで決着した。

ベッツと球団側は期限までに折り合いがつかず年俸調停は公聴会にゆだねられた。ベッツ側は1,050万ドルを要求。これに対して球団側が出した金額は、750万ドルで両者には開きがあった。



25歳のベッツは、11年のMLBドラフト5巡目(全体172位)でレッドソックスから指名されて14年6月にメジャーデビュー。キャリア4年だが、1年目は52試合だったので、実質3年でオールスターに2回選出されている。

15年にセンターで定位置を獲得。16年からは主にライトを守り、MVP投票でも2位に入る成績を残した。

打撃面だけではなく走攻守の3拍子が揃った選手で、16年、17年とゴールドグラブ賞を獲得。昨年の守備防御点(DRS)は+31、アルティメット・ゾーン・レイティング(UZR)も20.5で両リーグトップの数値を示している。

イチローの全盛期(2004年)がDRS+30だったので、それと比べてもベッツのフィールディングの良さが理解できるだろう。

昨年はアベレージで16年の.318から.264と下げたが、4年間で.292、OPS.839。2年連続で100打点、20盗塁をマークしている。


ムーキー・ベッツ


先日発表されたMLBネットワークによるポジション別ランキングでもジャッジ、スタントンに続いて3位だった。


★ライト(RF)トップ10
1. アーロン・ジャッジ(ヤンキース)
2. ジャンカルロ・スタントン(ヤンキース)
3. ムーキー・ベッツ(レッドソックス)
4. ブライス・ハーパー(ナショナルズ)
5. J.D.マルティネス(フリーエージェント)
6. ジョシュ・レディック(アストロズ)
7. アビサイル・ガルシア(ホワイトソックス)
8. ドミンゴ・サンタナ(ブリュワーズ)
9. ミッチ・ハニガー(マリナーズ)
10. デクスター・ファウラー(カージナルス)


ちなみに、年俸調停1年目の最高額は、クリス・ブライアント(カブス)の1,085万ドルが最高額。

メジャーリーグでは、選手はFAの資格を得るまで(6年の経験を積むまで)最低3回の調停申請ができるが、実際に調停が行われるケースは少なく、両者が歩み寄って調停が回避されるケースがほとんど。

今オフのジョシュ・ドナルドソン(ブルージェイズ)も調停を回避して2,300万ドルで合意。これは年俸調停権を有する選手の最高額で、ブライス・ハーパーも2,162万5000ドルで回避して合意している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2018/02/01 Thu. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド