メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0130

青木宣親がヤクルト復帰、3年約10億円で合意  




去就が注目された青木宣親が古巣のヤクルト・スワローズに復帰することを複数のメディアが伝えている。


メジャー希望を尊重しながら3年総額10億円(推定)の大型契約と入団時の背番号「23」を用意して待ってくれた古巣への感謝や愛着から、決断に至ったようだ。近日中にも「ヤクルト青木」が復活し、2月の春季キャンプ(浦添)には途中合流することになりそうだ。
引用:ニッカンスポーツによれば



契約内容は、3年10億円程度。

ここで何度も紹介しているが、今季のFA市場は停滞して、ダルビッシュ有、ジェイク・アリエッタ、J.D.マルティネス、エリック・ホズマーなどトップ4と言われる選手でさえ、いまだ決まらない異常事態になっている。

青木宣親 アストロズ


青木は昨季、アストロズ、ブルージェイズ、メッツの3球団で109試合に出場。打率.277、出塁率.335、長打率.393、OPS.728だった。

メジャーキャリア6年間で打率.285、出塁率.350、長打率.387、OPS.738。2012年、13年はミルウォーキー・ブルワーズで150試合以上出場したが、通算33本塁打はメジャーの外野手としては物足りない印象で、3年目以降レギュラー定着はできなかった。

サンフランシスコ・ジャイアンツ時代の15年に1年470万ドル(2年目球団オプション550万ドル)で、第4の外野手の位置からレギュラー争いに勝ったが、オールスターファン投票の中間発表でも外野手部門4位に食い込む活躍だったが、2度のデッドボールで故障者リスト入りしてチャンスを逃した。

青木宣親2000

昨年6月にはヒューストン・アストロズで日米通算2,000安打を達成。夏のトレード・デッドラインでトロント・ブルージェイズに放出されたが9月に移籍したニューヨーク・メッツではレギュラーに定着し、27試合で打率.284と安定した成績を残した。

6年間で7球団に所属したのは、野茂英雄とならんで日本人選手最多タイ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2018/01/30 Tue. 09:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド