メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1219

カブスの首脳陣がダルビッシュ有と会談  




シカゴ・カブスのテオ・エプスタイン野球編成部門社長とジェド・ホイヤーGMが、ロサンゼルス・ドジャースからフリーエージェント(FA)となっているダルビッシュ有投手と面談を行うため、テキサス州ダラスへ向かったことがニュースになっている。





カブスの投手陣は、MLB30球団中、先発投手は7位、リリーフ陣は6位。今オフは、31歳右腕ジェイク・アリエッタと39歳右腕ジョン・ラッキーがフリーエージェント(FA)になった。

リリーフ陣は、ヘクター・ロンドン、上原浩治、ウェイド・デービスがFAでチームを去った。その代わりとしてブランドン・モロー(ドジャースFA)とスティーブ・シシェック(レイズFA)を追加。クオリファイングオファーを拒否したデービスに関しては、再契約の可能性がある。

問題は先発投手の頭数が足りない。ナ・リーグにはナショナルズやドジャースなどが安定した先発陣を擁し、メッツも才能ある先発陣がヘルシーなら手強い。

それに比べカブスは明らかに戦力ダウンしている。ロッキーズからFAの先発右腕タイラー・チャットウッドを追加したが、どう考えてもジョン・ラッキー、ホセ・キンタナ、カイル・ヘンドリクスに次ぐ4番手、または5番手クラスだ。

大谷翔平がエンゼルスと契約した以上、今季FAランキングでトップのダルビッシュ有と会談するのは必然ともいえるが、その内容は現時点では報道されていない。

このほか、先発投手の補強策としてアレックス・コブ(レイズFA)、クリス・アーチャー(レイズ)、ダニー・ダフィー(ロイヤルズ)らの先発投手とも接触していると伝えられている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/12/19 Tue. 19:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド