メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1109

【MLB契約情報】SFジャイアンツがM.バムガーナーとのクラブオプション行使  



サンフランシスコ・ジャイアンツがエース左腕マディソン・バムガーナーとのクラブオプション契約(球団選択権)を行使した。これによりバンガーナーの2018年度の年俸は1220万ドル(サインボーナスの20万ドル含む)になる。

13年に5年3500万ドルと18年、19年の各1200万ドルのクラブオプション(バイアウト150万ドル)を結んでいた。

来年8月に29歳になる左腕は、2014年から4年連続の開幕投手を務めたが、4月のコロラド遠征の前日(休日)に遠征先でダートバイクに乗っていた際に事故を起こし左肩を負傷。自身初めての故障者リスト入りだったが、前半戦を棒に振ってしまった。

球宴後に戦列復帰したが、長期離脱の影響で17試合の先発に留まり、7年ぶりに規定投球回数に届かなかった。防御率も3.32と5年ぶりに3点台に落ち込み、4勝9敗とチーム低迷の一因になった。

バンガーナー


ただ、このクラスの先発投手で1年1200万ドルは格安。これにサイ・ヤング賞3位以内、オールスター選出などのインセンティブが多少プラスしたとしても相場からするとお買い得で、オプション破棄は考えられない。

ふり返ってみると13年には、同じジャイアンツのバスター・ポージー捕手も9年(2013-21年)・総額1億6700万ドル(2022年クラブオプション)の長期契約を結んでおり、ジャイアンツに限らず当時の「若手囲い込み契約」が成功した例だといえる。

MLBでは、年俸高騰の予防措置としてスター選手がFAとなったり、年俸調停で紛糾する前に「囲い込んでしまう」契約が増えている。

バムガーナーは、10年にジャイアンツがドラフト1巡全体10番目で指名。メジャー9年間で104勝76敗、通算防御率3.01(FIP3.19)、WHIP1.097、1482奪三振。

ジャイアンツは、10年から5年間で3度ワールドシリーズを制しダイナスティー(王朝時代)が到来するかと思われたが、17年は地区最下位に沈んだ。

同地区からドジャース、ダイヤモンドバックス、ロッキーズと、3球団もポストシーズン進出を果たした結果を横目に、ボビー・エバンスGM、 ブライアン・セイビアン副社長の手腕が問われるところだ。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ




関連記事

Posted on 2017/11/09 Thu. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド