メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1017

【ALCS】ベテラン左腕サバシアが意地の6回無失点 ヤンキースが反撃で1勝2敗に  



ニューヨークに舞台を移したアメリカンリーグのチャンピオンシップ(ALCS=リーグ優勝決定戦)はヤンキースが8対1で勝利して対戦成績を1勝2敗とした。

これで4連敗は無くなったわけで、初戦に登板した田中将大の第5戦が待ち遠しくなった。

ヤンキースの連敗をストップしたのはメジャー17年目、37歳左腕CCサバシア。この数年は膝の故障とアルコール依存症などが伝えられ、かつての輝きは失われていた。

体調が戻った今季は、27試合で148回2/3、14勝5敗、防御率3.69、120奪三振、被本塁打22と復調。メディアによれば今季チームが負けた直後の登板で9勝0敗、防御率1.71と「連敗ストッパー」になっていた。


DMUBvFkX0AAZhLs.jpg


今季は契約最終年。オフにはフリーエージェントになるだけに、ダメなら即引退という崖っぷちの1年がベテランに火をつけたのかもしれない。

サバシアは、6回99球(ストライク64)、3安打4四球5奪三振、無失点で連敗のチームを勝利に導いた。

打線もベテランの好投に報いた。2回裏二死走者なしから6番スターリン・カストロ、7番アーロン・ヒックスの連打で一、二塁のチャンスを作り、ここで8番トッド・フレイジャーが外角低めの球を上手くバットに乗せてライトスタンドへ運ぶ先制スリーランを放った。

今季27本塁打で夏に補強したフレイジャーが持ち味を出して、欲しかった先制点を叩き出した。

4回裏には二死一、三塁から9番チェイス・ヘッドリーのタイムリーで1点を追加。1番ブレット・ガードナーが死球を受けて満塁となったところで暴投によりさらに追加点。5対0にすると、2番の悩めるア・リーグ本塁打王アーロン・ジャッジがポストシーズン2本目の3ランをレフトスタンドに突き刺した。

ジラルディ監督は「これ以上ないという投球だった。シーズンでもいいピッチングを続けていたので驚きはないよ」と称えると、守備でも貢献したジャッジが「両サイドを突いて緩急を巧みに操っている。後ろで守っていて楽しい」とコメントしている。





ディビジョンシリーズでは、あの強豪インディアンス相手に2連敗から3連勝しただけに、もしかして?を感じさせる1勝だった。明日の第4戦の先発はヤンキースがソニー・グレイ。アストロズは発表されていないが、右腕ランス・マッカラーズJrが予想される。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/17 Tue. 16:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド