メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

1007

【ALDS】バウアーのナックルカーブがヤンキース打線を翻弄 ジャッジ4打数4三振  



リーグ最高勝率のクリーブランド・インディアンスとワイルドカードから勝ち上がったニューヨーク・ヤンキースが対戦するア・リーグ・ディビジョンシリーズ(ALDS)の第1戦はインディアンスの先発右腕バウアーが6回2/3を2安打、8奪三振、無失点に抑える好投でインディアンスが4対0で勝利した。

今季ヤンキース戦に2試合の先発で2勝0敗、防御率1.38というデータどおりのピッチングだったが、そんなデータがあるにもかかわらず何の策もなかったヤンキースとの経験や力量の差を見せつけた初戦だった。

ヤンキース打線は、インディアンスの強力ブルペン陣にも歯が立たず、結局、3安打に抑え込まれる完敗だった。2番ジャッジは4打数で無安打4三振、3番サンチェスも4打数無安打1三振、4番グレゴリウスも4打数無安打2三振だった。



バウアーの94~95マイル台のフォーシームと76~77マイル台のナックルカーブの緩急に翻弄された。シーズン中は約29%のナックルカーブをこの日は98球中35球(約36%)と、少し多目の配球だった。



バックもバウアーを攻守で支えた。センターに入ったキプニスのダイビングキャッチや夏にメッツから補強したブルースの本塁打など3打点を叩き出す活躍で、インディアンスが危なげない勝利を挙げた。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/10/07 Sat. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド