メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0927

ヤンキース田中将大がピンチ ALDSで先発ローテを外される事態も  



よほどの事がない限り、その可能性はないと思っていたが、田中将大を取り巻く環境は深刻かもしれない。

この数年、ヤンキースを支えてきた選手が引退し、今季は若手の内部育成、メジャー順応の1年と思われていたが、23歳の先発投手ルイス・セベリーノの成長と25歳アーロン・ジャッジ外野手などが台頭し、最終的にはライバルのレッドソックスとの首位争いには敗れたが、この1年を俯瞰すれば、来季への可能性を感じるシ-ズンになった。

26日(日本時間27日)のレイズ戦は24歳左腕ジョーダン・モンゴメリー投手が6回1失点の好投。彼は前回登板でもオリオールズ戦で6回零封と好投した。

10月3日(同4日)のワイルドカードに進出が決まったヤンキース。その先発は、開幕投手の田中将大を抜いてエース格にのし上がったセベリーノだが、それを勝ち上がった場合、5回戦制のディビジョンシリーズ(ALDS)に進む。

ワイルドカードの1試合マッチに勝った場合の話になるが、5回戦制の場合は先発が3人で回すパターンが多い。

地元メディアの記事では、田中将大が先発ローテーションから外れる場合も予想。

その場合はワイルドカードゲームはルイス・セベリーノ。5日(同6日)からのディビジョンシリーズは、初戦がソニー・グレイ、2戦目がCCサバシア、3戦目がジョーダン・モンゴメリーもしくはハイメ・ガルシア、そして4戦目はセベリーノ、5戦目はグレイ」という編成になるという。

田中将大の次の登板は29日(同30日)の本拠地でのブルージェイズ戦に決まった。これで結果を残さないと先発ローテを外される事態も考えられる。


《田中最近の登板状況》
※日付は日本時間
  • 9/03 7回 1失点
  • 9/09 4回 7失点
  • 9/15 7回 2失点
  • 9/23 5回2/3 8失点(自責点7)

田中将大の9月は、ここまで防御率6.46、WHIP1.44、被本塁打6。


《ヤンキース先発投手スタッツ》
  1. L.セベリーノ 30試合13勝6敗、防御率3.03、WHIP1.05、奪三振221
  2. S.グレイ 26試合10勝11敗、防御率3.31、WHIP1.17、奪三振151
  3. CC.サバシア 26試合13勝5敗、防御率3.84、WHIP1.29、奪三振114
  4. J.モンゴメリー 28試合9勝7敗、防御率3.96、WHIP1.25、奪三振141
  5. 田中将大 29試合12勝12敗、防御率4.94、WHIP1.27、奪三振179




 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/27 Wed. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド