メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0923

タイガース、オースマス監督がクビ、メッツもコリンズ監督が今季限りで引退か  



勝負の世界は厳しいものだ。サッカーほどではないが、メジャーリーグでもシーズン終了とともにスタッフの大リストラが進む。デトロイト・タイガースのブラッド・オースマス監督は退任することが決まった。

2014年に監督就任1年目で地区優勝したが、15年最下位、16年2位。

実績十分のベテランを残して勝負をかけた今季は62勝92敗(現地22日終了時点)。勝率.403では更迭や解雇されても仕方がない結果だろう。

名将ジム・リーランド監督がチームを作り直し24年ぶりに地区優勝を果たした2011年から地区4連覇、しかも11年から3年連続チャンピオンシップに進出するという黄金期を築いたが、リーランド監督が勇退後、オースマス監督に代わってからは過去の遺産で14年は地区優勝したものの強かった面影は今はない。


blog_import_54ca746dc246c.jpg


メッツを率いて7年目のテリー・コリンズ監督も今季限りで引退する可能性があるという。

コリンズと言えば2007年、オリックス・バファローズ監督に就任。08年以は負けが込んで早々と監督を辞任している。

その後は学生チームの指導者として活動した後、10年からニューヨーク・メッツのマイナーチームを統括する「フィールド・コーディネーター」を務め、2011年からはメッツの監督を務めている。

13年には、サブウェイシリーズでヤンキースに球団史上初のスウィープを果たして話題になった。

若手の育成に一定の成果を挙げており15年にはマット・ハービー、ジェイコブ・デグロム、ノア・シンダーガードらメジャー屈指の若手投手陣が台頭し、若き才能あふれた強力ローテーションでワールドシリーズまで駆け上がった。

16年と今季は、メジャー最高の先発ローテーションと評価された編成に故障者が続出し、アンラッキーな面もあった。

メッツは、66勝87敗(勝率.431)、ワイルドカードでも16ゲーム差の地区4位と低迷している。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/09/23 Sat. 12:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド