メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0826

マリナーズに移籍のアロンソが延長11回にチャップマンから代打決勝本塁打  



チャップマンがまた打たれた!

ヤンキースがホームにマリナーズを迎えた試合で、延長11回にマリナーズの代打ヨンダー・アロンソが決勝弾を放って2対1でマリナーズが勝った。マリナーズは、ワイルドゲームでのプレイオフ進出に望みをつなぐ価値のある1勝になった。

ヤンキースは、守護神チャップマンが今季3本目の本塁打を献上。しかも、勝負を決める決勝弾になってしまった。

今月だけで3本の本塁打を献上しているチャップマン。過去にはレッズ時代の13年に7本の本塁打を許したことがあるが、そのシーズンは68試合でのこと。

今季は、ここまで20試合のセーブ機会に登板して4回失敗している。41試合で防御率もワーストの4.23と悪化。昨年の2チームで防御率1.55、36セーブと比べると明らかに低いパフォーマンスといえる。

奪三振率(K/9)も12・21と、ふつうの投手ならハイレベルだが、彼にとってはキャリアワーストの数字になっている。

昨年12月に5年8600万ドルのリリーバーとしては史上最高額で契約しただけに、物足りない結果と、叩かれても言い訳できない数字といえる。

チャップマンは5月に左肩回旋筋腱板の炎症で故障者リスト(DL)に入って5週間近く戦線を離脱。そうした事も影響しているものと思われるが、今後の起用法にも影響するかもしれない。


DIICh41XcAAQa2A.jpg

一方、マリナーズにとっては新加入の嬉しい一発になった。

8月のトレードでアスレチックスから獲得したヨンダー・アロンソ一塁手。30歳のアロンソは今季、115試合に出場して打率.272、出塁率.368、OPS.887、20二塁打、24本塁打、58打点、61得点。

出塁率や長打率はキャリアハイの成績で、この夏のオールスターにも選出された。トレード期限前には一塁手を欲しがったヤンキースへのトレードも噂されていた。

7月以降、やや数字を下げたが、8月は打率.300、出塁率.375と好調。マリナーズの一塁手は、アロンソ獲得前までは、7人の選手を起用したが打率でMLB21位と低迷し、補強ポイントのひとつだった。

アロンソの今季年俸は400万ドルとリーズナブルで、シーズン終了後にFAとなる。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

関連記事

Posted on 2017/08/26 Sat. 17:38 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド