メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0807

8月のトレード市場に影響!? 大物選手たちがウェーバーをクリアしてトレード可能に   



メジャーリーグでは8月に入ってからも、ウェーバー公示を経ることでトレードを成立させることができる。8月までに契約すればポストシーズンでの出場が可能になる。

そんな中でメッツがジェイ・ブルース外野手をウェーバーにかけたが、クレームするチームが現れず、全球団との交渉が可能になった。

ジェイ・ブルース外野手は100試合437打席で打率.262、出塁率.325、長打率.531、OPS.856、29本塁打、75打点のスラッガー。

7月末のトレード期限前の移籍は実現しなかった選手だが、29本塁打は得点力に悩ませられているチームにとっては大きな戦力になる、今季は残り年俸400万ドルの負担で済むのも魅力。

「売り手」になったメッツからは、他にもカーティス・グランダーソン外野手、アズドルバル・カブレラ内野手の名前もトレード候補としてあがっている。

バーランダー


8月2日には、タイガースの剛腕ジャスティン・バーランダーがウェーバーにかけられた。47時間が過ぎてもクレームする球団が現れないまま、ウェーバーの期間を経過したため、デトロイト・タイガースはトレード期限前と同様に全球団にトレードすることが可能となった。

ただ、2019年までの6500万ドル超の大型契約と全球団へのトレード拒否権がバーランダーにはあって、本人が同意しなければトレードは成立しない。

しかし、それ以前にバーランダーは、前半戦で104回2/3で防御率4.73、WHIP1.52、奪三振率8.4、与四球率4.38、被打率.262で年俸に見合うパフォーマンスではない。

後半持ち直しているものの34歳という年齢を考えて高額年俸を引き取ってでも彼を獲得する球団はないだろう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 
関連記事

Posted on 2017/08/07 Mon. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド