メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0806

MLB2017 トレード期限前のチーム別補強状況《ナショナルズ編》  

 


ドラフト全体1位指名コンビの先発右腕スティーブン・ストラスバーグと強打者ブライス・ハーパーが主力に成長した2012年に地区優勝して以来、3度の地区制覇(12年、14年、16年)と黄金期を迎えているワシントン・ナショナルズ。

しかし、期待されながら過去3回は地区シリーズどまりで、チャンピオンシップまで進めない状況が続いている。しかも、そうした若手も契約更改を数年後に控え、残された時間も少ない。

同地区のメッツも若手投手陣が驚異になり、西海岸のロサンゼルス・ドジャースは近年にない戦力が充実している。

そんな中、どんな補強をしたのかを見ていきたい。

《獲得選手》
RP ショーン・ドゥーリトル
RP ライアン・マドソン
INF/OF ハウィー・ケンドリック
RP ブランドン・キンツラ-


ナ・リーグ東部地区で4回目の制覇は問題がない状況だが、ジョー・ロスが今季絶望となり、スティーブン・ストラスバーグも10日間のDL入りで、リーグトップクラスの先発ローテも陰りが見え始めた。

ただ、懸案事項だったブルペンは3人を補強。シーズン当初からクローザーの選択に失敗し、防御率でMLB29位と低迷するブルペンを強化した。

クローザーにはツインズから28セーブの33歳ブランドン・キンツラ-を獲得したが、やや迫力不足といった感じ。他の選手も全員30代でチームに足りない経験を加えたという感じだが、ヤンキースやドジャースの補強と比べたら見劣りする。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/08/06 Sun. 00:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド