メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0704

MLB2017 夏のトレード期限前の注目投手たちPART3  




今月末のノン・ウェーバーのトレードのデッドライン(期限)になっているメジャーリーグ。

もちろん、その期限を過ぎてもトレードは行われるが、正念場を迎える8月から9月のことを考えて、さらには10月のポストシーズンをにらんで悠長に構える時間やメリットもないことから、「買い手」チームと「売り手」の間では、すでに水面下の駆け引きが続いている。

C0EJZ4iWEAAcoPR_convert_20170617055933.jpg


先日もレンジャーズがブルペン陣の補強のために、今季終了後にFAとなるジョナサン・ルクロイ捕手のトレード放出を画策しているという情報が流れた。ソースはコチラ

今回はリリーバーにスポットをあてた「夏のトレード期限前の注目投手たち」第3弾を紹介したい。

①二人の中堅クローザー

デビッド・ロバートソン(ホワイトソックス)と A.J. ラモス(マーリンズ)。共に「売り手」チームだから、クローザーのニーズのあるチーム。例えばナショナルズあたりはクローザーを今季も探している。

実績ではロバートソンだが、年俸は1200万ドル(2017)、1300万ドル(2018)と高い。ラモスは650万ドル(2017)で18年は年俸調整のため焦ってトレードに出す必要もない。

パット・ネシェック(フィリーズ)

オールスターに選出されているリリーバー。ここまで35試合、32回1/3で防御率1.39、WHIP0.87と安定感もある。

アディソン・リード(メッツ)

セットアップとクローザーの経験がある。775万ドルのリーズナブルな年俸が魅力。メッツでは、野手陣にトレード市場で注目選手が多く、今季終了後にFAとなるジェイ・ブルース、カーティス・グランダーソン、ルーカス・デューダらの関心が高く、ブルペンの貴重な戦力は温存するかもしれない。


投手だけを紹介したが、パプロ・サンドバルが不良債権化したレッドソックスの三塁手や、同じく三塁に人材のいない同地区ライバルのヤンキースなどを個人的には注目している。



 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ



関連記事

Posted on 2017/07/04 Tue. 17:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド