メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0704

MLB2017 今季ここまでの最強守護神は!? クローザーのパワーランキング  




全日程の約半分を消化したメジャーリーグ。「Roster Resource.com」を基に現地7月2日時点でのクローザーのパワーランキングをまとめてみた。

1.クレイグ・キンブレル(レッドソックス)
2.ケンリー・ジャンセン(ドジャース)
3.グレッグ・ホランド(ロッキーズ)
4.コーリー・ネーベル(ブルワーズ)
5.アンドリュー・ミラー(インディアンス)
6.ロベルト・オスーナ(ブルージェイズ)
7.ウェイド・デービス(カブス)
8.クリス・デベンスキー(アストロズ)
9.ケン・ジャイルズ(アストロズ)
10.フェリペ・リベロ(パイレーツ)


1位キンブレル(23S/防御率1.01)、2位ジャンセン(18S/0.79)は今さら紹介するまでもないが、セーブ数こそ少ないもののジャンセンは18回のセーブ機会で失敗0という安定感。

3位は、ここでも何度か紹介したトミージョン手術から復活のホランド。2014年にはクローザーとしてロイヤルズのワールドシリーズ進出をけん引した選手だ。ロッキーズの春先の躍進を支え、この時点で26セーブはMLBトップ。

4位のネーベル(ブルワーズ)は2013年のドラフト1巡(全体39位)でタイガースから指名され、15年1月にブルワーズへトレード。3年連続奪三振率10.0以上で昨年は16ホールドをマーク。

今季途中からクローザーに転向。13セーブ、防御率1.13。平均97マイルの本格派の右腕。奪三振率15.43とハイレベルで、WHIP1.08と制球も良くなっている。

若いといえばブルージェイズのオスーナは22歳。過去2年で56セーブ、今季19セーブ。春のWBCメキシコ代表。最速99.4マイルの快速右腕だ。


同サイトでは一覧表で、クローザー、セットアッパーのパワーランキングを紹介しているが、ナ・リーグ東部地区首位のナショナルズからは、この部門で30位以内にも入っていない。

昨季は、ジョナサン・パペルボンが務めていたが、成績不振からシーズン途中にマーク・マランソンを補強。後半戦だけで17セーブをマークした。

しかし、オフにFAでチームを離れジャイアンツと4年総額6,200万ドルで契約。このため空席になっていたクローザーを経験のないブレイク・トレイネンに任せたがこれが裏目に出た。

ナショナルズは、マーク・マランソンとのトレードでパイレーツへリリースしたフェリペ・リベロが今季41試合、3セーブ、防御率0.82でランキング10位と移籍したチームで活躍している。マランソンは、22試合、防御率4.35、11セーブと不振で10日間の故障者リストに入っている。



ブログランキング・にほんブログ村へ

 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ





関連記事

Posted on 2017/07/04 Tue. 07:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド