メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0608

ヤンキースの「ジェントル・ジャイアント」アーロン・ジャッジ  


 
オールスター中間発表でもMLBトップのアーロン・ジャッジ

ヤンキースの新人で201センチの外野手がMLBトップの18号本塁打をマーク。ここまで打率.328、OBP.433、OPS1.116という驚異の数字を叩き出している。



先日、このブログでも紹介したが、キャリア初のグランドスラムも記録。ファンからは早くも「MVP!」のチャントも起こったが、本人は「聞かないようにしていた。まだ仕事はあるんだから」と平静にコメントしていた。

自身がホームランを記録した試合でヤンキースは13勝1敗という事実についても「あれこれ言われるが、いま打つことだけを考えているんだ」とコメントした。

ジャッジ


25歳の巨漢は、昨年8月13日にメジャーデビュー。8番・右翼手で先発出場してレイズ先発のマット・アンドリースから初打席初本塁打をセンターに叩き込んだ。

前を打つ7番打者のタイラー・オースティンも初打席初本塁打を放ち、1試合2本のメジャー初打席初本塁打というMLB史上初の快挙だった。

ニューヨークのメディアは、デレク・ジーター、マリアーノ・リベラ、ホルヘ・ポサダ、アンディ・ペティットの「コア・フォー」が引退し、主砲だったA・ロッドも引退試合をした直後のタイミングだったこともあり、その登場や快挙を書きたてた。

しかし、その後は27試合に出場したが打率は.179と低迷。84打数42三振という三振率で、上では通用せず、結局、故障などもあってマイナー降格でシーズンが終わった。

ヤンキースの今季は、彼をはじめとしたプロスペクトたちが、メジャーレベルにステップアップする育成期間のような意味合いが強かった。しかし、予想に反してジャッジは、オールスター級の活躍で、この名門球団の3番打者に定着しつつある。

ルーキーとしてもずば抜けた成績で、このままで行けば間違いなく「新人王」になるだろう。

ジャッジは「養子」で育てられたという。その生い立ちには、ドラマのような背景もあって、多くの人が彼をサポートしてきた。

以前にも書いたが、この活躍が続けば「ジェントル・ジャイアント」(優しい巨人)というニックネームを持つ若者の伝説的なシーズンになるかもしれない。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/08 Thu. 06:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド