メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0604

マーリンズ新加入のE.ボルケスが今季メジャー初のNO-NO達成  




買収交渉が水面下で続いているマイアミ・マーリンズで今季移籍加入の右腕エディソン・ボルケス投手が3日(日本時間4日)、本拠地でのダイヤモンドバックス戦でノーヒットノーランを達成した。

ボルケスは、98球を投げ、10奪三振、2四球で、この快挙を達成、3対0でチームを勝利に導いた。

9回にはアーメド、デスカルソ、オーイングスを3者連続空振り三振に仕留めた。この日は、ゴロアウト11、フライアウト2だった。メジャーでは今季初。自身も初の快挙だが、チームでは過去6人が記録している。




ドミニカ共和国出身の33歳。08年にオールスターに出場。ロイヤルズ時代の15年には13勝9敗、防御率3.55でチームの世界一に貢献した。

そのワールドシリーズでは、初戦に先発登板。試合直前に父親のダニエル氏が心臓病の合併症により63歳で死去。訃報を受けたネッド・ヨスト監督は、ボルケスには知らせず、ボルケスはそのまま先発し、6イニングを6安打、3失点に抑えた。

交代を告げられたボルケスは、ヨスト監督から父親の死去を告げられると試合中にチームを離れ、ドミニカ共和国に戻って葬儀に参列した。

ロイヤルズの王手で迎えたシリーズ第5戦を前に、ボルケスがチームに合流。先発登板すると、6イニングを2安打、2失点と好投し、チームは30年ぶりに世界一となった。

DBb1O1iVwAAa_JU.jpg


その実績を買われて昨年9月に事故死したホセ・フェルナンデスに代わるエースとしてロイヤルズからFAで年俸2,200万ドルの2年契約を結んだ。

しかし、開幕から7連敗と結果が出ていなかったが、5月29日フィリーズ戦で初勝利を挙げ、この日の快投につながった。今季はこれで2勝7敗、防御率3.79。

WBCには、ドミニカの主力投手として過去3回出場している。ボルケスは「このゲームを亡くなったフェルナンデスとベンチュラに捧げる」とコメント。WBCでチームメイトだった故ヨーダノ・ベンチュラ投手は、この日が誕生日だった。ベンチュラは、2017年1月22日、 ドミニカで交通事故に遭い25歳の若さで亡くなっている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/06/04 Sun. 10:13 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド