メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0528

ナッツ首位独走中!ストラスバーグがキャリアハイの15奪三振で6勝目   




ワシントン・ナショナルズは現地27日、地元でサンディエゴ・パドレスと対戦。先発スティーブン・ストラスバーグ投手がキャリアハイとなる15奪三振を記録する活躍をみせ、3対0で勝利した。

ナッツはマイケル・テイラー外野手の4号2ランなどで6回までに3点を奪取。パドレスにそのまま得点を許さずに逃げ切った。

ストラスバーグは7回108球(ストライク76球)、3安打、1四球、15奪三振、無失点で今季6勝目(1敗)を挙げた。これで防御率2.94。

5月は5先発で4勝、防御率2.78。前回登板のアトランタ・ブレーブス戦でも7回2/3を2失点、11奪三振と快投。調子が上がってきたようだ。

ストラスバーグ15K


これでナ・リーグ東部地区で30勝一番乗り、2位のブレーブスに7.5ゲーム差の首位独走中。

ナッツは、2012年に先発右腕スティーブン・ストラスバーグと強打者ブライス・ハーパーのドラフト全体1位指名コンビが主力に成長。

球団史上初の地区優勝を達成した後は、5年間で3度地区優勝。同地区の盟主の地位を固めつつある。ただ、すべてポストシーズンは地区シリーズで敗退。ワールドシリーズ制覇を目指して16年からは名将ダスティ・ベイカー監督を招へいしている。

負けたパドレスは、昨日もナッツのマックス・シャーザーに13三振を奪われている。パドレスは06年の西部地区優勝以降、地区優勝もポストシーズン進出もなく低迷期が続いている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/28 Sun. 15:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド