メジャーリーグ物語 海を渡った野球人

メジャーリーグMLB アメフトNFL

   

0523

アストロズの4投手が1安打完封リレーでタイガースに勝利  



3連敗中だった青木宣親所属のアストロズが、強打のタイガースをホームで1対0、4投手の継投で1安打完封勝利した。

ここまでア・リーグ(AL)西部地区で首位を独走。一時は8ゲーム差をつけていたが、2位のレンジャーズが10連勝するなど差を縮められて5.5ゲーム差になっていた。



この日は、エースで今季無傷の7勝を挙げているダラス・カイケル投手の故障者リスト入りに伴いブルペンから先発ローテの5番手に回った右腕ブラッド・ピーコックが、4回1/3を1安打、2四球、8奪三振、無失点と好投。

リリーフでは、今季12試合に登板し、2勝0敗、16回1/3、防御率1.10と数字を残していたが、2回までしか投げていなかったことを考慮して70球、5回途中の降板となった。ピーコックは、この好投で防御率0.87、WHIP1.04。

29歳のピーコックは、キャリア6年目で2014年には131回2/3を投げている。通算13勝17敗、防御率4.37。

スポット先発のような形だが、夏のトレードデッドラインで先発補強をするまで2カ月間があり、この好投で、あと数試合の先発は考えられる。

アストロズは、この後、クリス・デベンスキー、ウィル・ハリス、ケン・ジャイルズらのブルペン陣がノーヒットリレー。2人目のデベンスキーに3勝目(2敗)がついて、ハリスが8ホールド、ジャイルズが12セーブを挙げている。

もともと派手さはないもののブルペン陣は充実しており、昨年もAL6位、今季も同4位(防御率3.06)、とくに奪三振はAL1位。今日の試合でもタイガースから14三振を奪っている。

これでアストロズは、連敗が3でストップ。試合のなかったレンジャーズとの差を6ゲームに広げた。青木は出場しなかった。

なお、タイガースの先発右腕マイケル・フルマー(5勝2敗、防御率2.55)は、7回を8安打、1失点と好投。前の3試合で3連勝、毎試合7回以上投げる好投を続けている。


 にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


関連記事

Posted on 2017/05/23 Tue. 13:00 [edit]

CM: --
TB: --

筋書きのないドラマ《スポーツ》の魅力を発信しています。

最新記事

TAG LIST タグリスト

Category

カテゴリークラウド